会話スキルなしでもOK 「立ち飲み屋」は自然な出会いの宝庫

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-07-17 06:24
投稿日:2019-07-17 06:00
女性がひとりでも入りやすい店が増えている(写真:iStock)
女性がひとりでも入りやすい店が増えている (写真:iStock)

 出会いは欲しい。できるだけ自然に。もっと言えば運命を感じる形で……。

 古今東西の人類の望みです。たとえ出会いを求めて合コンに参加したとしても、同じイケメンなら下心を発揮して迫ってくる勇者より、数合わせのために仕方なく参加した無欲なイケメンのほうが価値が高く見えます。先方も女性をそう見ています。

 では、どう無欲に、下心がないことになっている状況で多くの男性と出会えるのか。私が皆さんに強くお勧めしたいのが立ち飲み屋です。

 立ち飲み屋といえば酔っ払いのおじさんがたむろしているイメージがありますが、最近は女性がひとりでも入りやすい店が増えています。私も数多の店に通っていますが、どこもふらりと入った者同士で親しくなる男女の多いこと。

年齢も年収も関係なく「飲み友達」になれる

初対面の人とも会話が弾むことも(写真:iStock)
初対面の人とも会話が弾むことも (写真:iStock)

 良さはまず、客同士の距離が近く、声をかけ合うのが自然であることです。

 多くの店はカウンターのみか、相席にもなる小さなテーブルがいくつかある形式。隣の客に「よくここにいらっしゃるんですか」と訊くのは、バーや居酒屋だと勇気が要りますが、立ち飲み屋なら自然な挨拶です。

 私の場合は最初にひとりで飲んでいると、常連の女性客に声をかけられ、そこからほかの客たちとの輪が広がっていきました。女同士で楽しく飲んでいると、副次的効果で、初対面の男性たちとも声を掛け合いやすくなります。

 客層は幅広く、昼間なら自営業、夜はお勤め帰りの方が中心。20代も80代も、年収が200万でも2億でも、ここではただの飲み友達。声を掛け合うのが自然な場所ではありますが、立ち飲み屋を好む人間は精神的なパーソナルスペースが広く、独りを楽しめるタイプが多いので、いわゆる常連客同士の内輪ノリはありません。また、立って飲むのでアルコールが回りすぎることもなく、互いに陽気に酔いつつ程よく節度も保てるのも良さのひとつ。

素敵な相手とふたりきりになったら

自然と会話が始まることも(写真:iStock)
自然と会話が始まることも (写真:iStock)

 さて、あなたは素敵な男性と出会いました。

 立ち飲み屋はさらに、店員や常連客にどう接し、接せられているかで、その人の人となりが現れる場所でもあります。寡黙に周囲の話を聞いている人、会話のリーダーシップを取る人、潤滑油になる人、様々です。

 椅子がないので動きやすく、ふと誰かとふたりきりにもなります。初対面同士なら「いつ頃、どういうきっかけでこの店に通いはじめたんですか」との質問が交わされますが、これには誰もが、《大勢に対する簡単な答え》と、《対ひとりであれば口にできる答え》を持っているもの。あなたが気楽に飲みつつも、真剣に相手の言葉に耳を傾けていれば、彼はたまにしか口にしない本音を言ってみたくなり、聞いてくれたあなたを特別な記憶に残すかもしれません。

 中には、ひとりで黙って飲むのを好むタイプもいますが、あなたが気になるのなら、「よくここいらっしゃるんですか」と声をかけてください。とにかく声をかけるのが自然な場所です。

 ひとりを好む人でも、その日、立ち飲み屋を選んだ以上、なんとなく人恋しかったり、誰かと喋るのも悪くない、という気分でいるものです。人の隙間がそこにあります。

会話スキルがなくても大丈夫

自然な出会いを見つけられるかも(写真:iStock)
自然な出会いを見つけられるかも (写真:iStock)

 話のネタはいくらでもあります。

 会話スキルに自信がなくても大丈夫。立ち飲み屋は酒にもつまみにこだわっているお店が多いので、「その焼酎はなんですか」「ふだん家ではなにを飲まれているんですか」「このつんつん漬けって食べたことあります? 一緒に挑戦しませんか」

 あくまで下心がない前提でのやり取りなので、多少女性からグイグイいっても「社交」の範囲内。そして男性は女性以上に異性を意識する動物です。どうぞ飲み仲間の顔をしながら、中、高時代のような、クラスメイトや先輩に抱いていた微妙なときめきと甘い不安を味わっていただきたいと思います。

 さらに立ち飲み屋ならではの関係の縮め方や、相手の人となりを感じられる場面があります。次回に続きます。

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ