会話スキルなしでもOK 「立ち飲み屋」は自然な出会いの宝庫

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-07-17 06:24
投稿日:2019-07-17 06:00
女性がひとりでも入りやすい店が増えている(写真:iStock)
女性がひとりでも入りやすい店が増えている (写真:iStock)

 出会いは欲しい。できるだけ自然に。もっと言えば運命を感じる形で……。

 古今東西の人類の望みです。たとえ出会いを求めて合コンに参加したとしても、同じイケメンなら下心を発揮して迫ってくる勇者より、数合わせのために仕方なく参加した無欲なイケメンのほうが価値が高く見えます。先方も女性をそう見ています。

 では、どう無欲に、下心がないことになっている状況で多くの男性と出会えるのか。私が皆さんに強くお勧めしたいのが立ち飲み屋です。

 立ち飲み屋といえば酔っ払いのおじさんがたむろしているイメージがありますが、最近は女性がひとりでも入りやすい店が増えています。私も数多の店に通っていますが、どこもふらりと入った者同士で親しくなる男女の多いこと。

年齢も年収も関係なく「飲み友達」になれる

初対面の人とも会話が弾むことも(写真:iStock)
初対面の人とも会話が弾むことも (写真:iStock)

 良さはまず、客同士の距離が近く、声をかけ合うのが自然であることです。

 多くの店はカウンターのみか、相席にもなる小さなテーブルがいくつかある形式。隣の客に「よくここにいらっしゃるんですか」と訊くのは、バーや居酒屋だと勇気が要りますが、立ち飲み屋なら自然な挨拶です。

 私の場合は最初にひとりで飲んでいると、常連の女性客に声をかけられ、そこからほかの客たちとの輪が広がっていきました。女同士で楽しく飲んでいると、副次的効果で、初対面の男性たちとも声を掛け合いやすくなります。

 客層は幅広く、昼間なら自営業、夜はお勤め帰りの方が中心。20代も80代も、年収が200万でも2億でも、ここではただの飲み友達。声を掛け合うのが自然な場所ではありますが、立ち飲み屋を好む人間は精神的なパーソナルスペースが広く、独りを楽しめるタイプが多いので、いわゆる常連客同士の内輪ノリはありません。また、立って飲むのでアルコールが回りすぎることもなく、互いに陽気に酔いつつ程よく節度も保てるのも良さのひとつ。

素敵な相手とふたりきりになったら

自然と会話が始まることも(写真:iStock)
自然と会話が始まることも (写真:iStock)

 さて、あなたは素敵な男性と出会いました。

 立ち飲み屋はさらに、店員や常連客にどう接し、接せられているかで、その人の人となりが現れる場所でもあります。寡黙に周囲の話を聞いている人、会話のリーダーシップを取る人、潤滑油になる人、様々です。

 椅子がないので動きやすく、ふと誰かとふたりきりにもなります。初対面同士なら「いつ頃、どういうきっかけでこの店に通いはじめたんですか」との質問が交わされますが、これには誰もが、《大勢に対する簡単な答え》と、《対ひとりであれば口にできる答え》を持っているもの。あなたが気楽に飲みつつも、真剣に相手の言葉に耳を傾けていれば、彼はたまにしか口にしない本音を言ってみたくなり、聞いてくれたあなたを特別な記憶に残すかもしれません。

 中には、ひとりで黙って飲むのを好むタイプもいますが、あなたが気になるのなら、「よくここいらっしゃるんですか」と声をかけてください。とにかく声をかけるのが自然な場所です。

 ひとりを好む人でも、その日、立ち飲み屋を選んだ以上、なんとなく人恋しかったり、誰かと喋るのも悪くない、という気分でいるものです。人の隙間がそこにあります。

会話スキルがなくても大丈夫

自然な出会いを見つけられるかも(写真:iStock)
自然な出会いを見つけられるかも (写真:iStock)

 話のネタはいくらでもあります。

 会話スキルに自信がなくても大丈夫。立ち飲み屋は酒にもつまみにこだわっているお店が多いので、「その焼酎はなんですか」「ふだん家ではなにを飲まれているんですか」「このつんつん漬けって食べたことあります? 一緒に挑戦しませんか」

 あくまで下心がない前提でのやり取りなので、多少女性からグイグイいっても「社交」の範囲内。そして男性は女性以上に異性を意識する動物です。どうぞ飲み仲間の顔をしながら、中、高時代のような、クラスメイトや先輩に抱いていた微妙なときめきと甘い不安を味わっていただきたいと思います。

 さらに立ち飲み屋ならではの関係の縮め方や、相手の人となりを感じられる場面があります。次回に続きます。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM