不倫なんて最低! それでも続けてしまう彼女たちの証言は?

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-05 06:38
投稿日:2019-08-05 06:00
彼女たちが不倫を続けてしまう理由は?(写真:iStock)
彼女たちが不倫を続けてしまう理由は? (写真:iStock)

 近ごろの不倫スキャンダル報道をみてドキドキ、ハラハラを味わった女性も多いのではないでしょうか。

「不倫は最低」というレッテルを貼られるにも関わらず、不倫をやめられない女性もいます。「ドラマみたいな恋をしたいの?」と言われれば、彼女たちはそこまで夢を見ておらず、知らず知らずに不倫相手にされていることもあるようです。

「不倫女」と思われながらも、彼女たちが不倫を続けてしまう理由について聞いてみました。

不倫は最低なの? 不倫をしている女性のエピソード

知らないうちに不倫相手にされていたケースも(写真:iStock)
知らないうちに不倫相手にされていたケースも (写真:iStock)

 不倫という、危険で将来が見えない恋をしている女性はどんな気持ちで不倫をしているのでしょうか。そのエピソードを見てみましょう。

知らないうちに不倫相手になっていた

「彼は見た目も若く時間の拘束もなかったので、まさか自分が不倫相手にされているなんてわかりませんでした。別れてから、Facebookで奥さんと子供がいることを知りました。私と付き合っていた時期だろうし、自分が不倫相手にされていたなんてショックでした。奥さんに申し訳ない思いです」(Wさん・31歳女性)

 この女性もある意味では被害者のようなもの。しかし、奥様にバレたら「不倫女」として扱われてしまいますね。「まさか自分が不倫していると思っていなかった」という女性も多いのです。誰と付き合うにせよ、念入りに調べておきたいものです。

夫婦関係が破綻しているなら不倫じゃない

「夫婦関係が破綻しているなら不倫じゃないと思います。彼の奥さんはご飯も作らないし、仕事もしないで一日中だらだらしているようです。実は、彼の奥さんは私の友達なのでわかるんです。夫婦関係が破綻するのも無理ないかなって。2人の中に愛情がないのであれば、誰と恋愛したっていいのでは?」(Kさん・30歳女性)

 夫婦関係が破綻しているから罪悪感もない、という女性もいます。しかし、婚姻関係があるにもかかわらず、ほかの女性と男女関係があることは不倫になってしまい、法律でも厳しく裁かれます。彼の言葉を信じるにせよ、法律の下では通用しないと思っていた方が良さそうです。

好きすぎて諦めることができない

「片思いをしている男性が既婚男性だとわかった時は、諦められないところまで恋心が膨らんでいました。彼を見るだけで心が躍り、少しでもいいから抱かれたいと思うようになっていました。“奥様から略奪したい”とか“私と結婚して”なんて思っていないんです。遊ばれているとしても一緒にいてほしい、そんな思いです」(Sさん・28歳女性)

 このような女性は、今まで男性から愛された経験が少なく、男性の甘い言葉に惑わされてしまうところがあります。どこか同情をしてしまう一面もありますね。

不倫をしている女性を他の女性はどう思う?

世の女性たちは正直どう思ってる?(写真:iStock)
世の女性たちは正直どう思ってる? (写真:iStock)

 不倫をしている女性に、バッシングが浴びせられるのは当たり前のことです。不倫をしている女性を周囲の女性はどう思うのかを聞いてみました。

相手がろくな男ではないことは確か

「不倫している女性は大バッシングを浴びますよね。でも、私は“かわいそうだな”と思います。既婚男性が奥さんの気持ちを弄びつつ、その不倫相手の女性の気持ちも踏みにじって一番最低ですよ。奥さんは被害者ですが、次にその女性も被害者です。彼女からしたら、その男性とちゃんと恋愛しているつもりだと思うし。2人の女性の気持ちを弄んでいる男性……。奥さんには悪いですが、この先どんな女性のことも不幸にするでしょうね」(Uさん・31歳女性)

個人の自由ではないかと思う

「同僚に不倫をしていた女性がいました。年上の先輩女性は、不倫しているなんて最低すぎて口もききたくない、と怒りを露わにしてました。しかし、私は個人の自由なんじゃないか、と思ってしまいます。法に触れるし、ドラマのように綺麗なものじゃないのが現実。だからこそ、そのうち、その不倫女性も現実を見る気がして。それも彼女の中では人生経験になるんじゃないかなって思うんです」(Uさん・38歳女性)

もっといい恋をしてほしい

「不倫するなんて、人目を避けて恋愛するのと同じ。もっと堂々と楽しい恋愛をして欲しいと思う。女の賞味期限なんて、短いんです。いつまでも先が見えない恋愛を楽しむのじゃなくて、ちゃんと信頼できて心が安定した恋愛をして欲しいと思います。安定した恋愛をしないと、女性はどんどんその男性にのめり込んでしまうので心配です」(Sさん・28歳女性)

「不倫は最低」と一概に言えない場合も

最悪、法律で罰せられることも…(写真:iStock)
最悪、法律で罰せられることも… (写真:iStock)

 不倫はいけないことです。不貞行為は「不法行為(民法709条)」として、民法上で厳しく罰せられます。

 民法上の不法行為なので、刑事罰の懲役などの処罰はありません。しかし、奥さんは夫やその相手の女性に「離婚請求」や「慰謝料請求」ができます。

 そこまで責任が伴うものなのに、“不倫をやめられないなんて愚かな女……”と思う人もいることでしょう。それでも、不倫をする彼女たちのコクハクを聞くと、騙されている女性も多くいることがわかります。

 いくつになっても“純粋な恋愛”は私たちの心を踊らせます。しかし、その相手はしっかりと調べて吟味する、そんな心持ちも大事なのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ