離婚はしたくない… 旦那がムカつく時の“賢い妻の対処法”3つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-03 06:00
投稿日:2019-08-03 06:00
取り返しがつかない事態になる前に(写真:iStock)
取り返しがつかない事態になる前に (写真:iStock)

 世の女性の皆さん、旦那様のことを「ムカつく!」と思う時はないですか? ほとんどの女性は「あるある!」と思うことでしょう。

 しかし、人の旦那がムカつくエピソードを聞いてみたり、自分の愚痴を冷静に誰かに話してみると「なんでこんなことでムカついたの……?」と、感じることも多くありますよね。

 一緒に暮らしているからこそ、ちょっとの出来事が大げんかになることも。ついつい言いすぎてしまって取り返しがつかなくなる前に、賢い妻が行う対処法について見てみましょう。女性たちが旦那にムカついたエピソードも合わせてお楽しみください。

女性たちに聞いた! 旦那がムカつく時ってこんな時

自分本位な夫とはもう話したくない!(写真:iStock)
自分本位な夫とはもう話したくない! (写真:iStock)

「この旦那、ムカつく!」と思う時は、突然やってくるものです。「人に言うほどでもないけど、自分の中ですごく腑に落ちない」という女性たちに、旦那様と直近で喧嘩したエピソードを語ってもらいました。

絶対に折れないところ

「私の旦那は絶対に折れないところがあります。少し言い方にカチンと来た時に、謝ってくれればこちらも気分が落ち着くのに、“俺は悪くない”と言い張ります。私がどういったところがムカつくのかを話しても“俺はそういうのしたくないから”とか否定ばかりなんですよ! 時に折れてくれないと、何も聞き入れない人だとこちらも諦めちゃいます。最近では喧嘩もしません。我慢ばかりの日々です」(Uさん・31歳女性)

私のありがたみをたまには知って

「私のありがたみをたまには理解してほしいですね。喧嘩すると、ご飯が作りたくない時があって。そういう時は外食にしてもらいます。すると、“なんでご飯作らないの?”って。私が家事をするのは当たり前じゃないですよね。夫婦2人で分担することもできる。夫が手料理を食べたいのなら作ればいいと思うし。私が普段している何気ないありがたみ、少しは理解してほしいですよ」(Hさん・36歳女性)

甘えてくるのに言うことは一丁前

「普段から“〇〇やっておいて”と言うことが多いうちの旦那。先日、雨が降った時も駅まで私が車でお迎えに行きました。そういう時は感謝してくれるんです。“僕も君が困った時は助けるね”って、優しい人に見えるじゃないですか。そこで、私が残業になって子供の送迎や家事が難しい時に“お迎えに行ってあげてくれる?”と頼んだら、“その残業を家でやればいいんじゃない?”って。怒る気も失せました」(Yさん・29歳女性)

旦那がムカつく時に賢い妻が行う対処法3つとは

あえて離れてみることが解決につながることも(写真:iStock)
あえて離れてみることが解決につながることも (写真:iStock)

 旦那がムカつく時があっても、家庭内の雰囲気やこれから先まだ長い時間を共有することを考えると、「そろそろ仲直りするべき?」と考えるのが女性でもあります。そこで、賢い妻が行う夫婦喧嘩の対処法を紹介しましょう。

結論から先に述べて改善を求める

「私は旦那に何か直してほしい時がある時は“私は〇〇だと思う。あなたはどう思う?”と聞くようにして、喧嘩にならないようにしています。“私とあなたの考え方は違うよ”ということを伝えるようにしているんです。男性はコミュニケーションが上手じゃないので、何か意見すると“文句を言われている”と感じちゃうみたいで……。自分の意志を述べつつ、相手の意見も聞くと衝突が減りました」(Mさん・34歳女性)

 何か発言をしたい時は、自分の意見として発言すると、旦那様も“自分と妻は別の人格”ということに気づいてくれるといいます。先に結論を述べておくことで「結局、何が言いたいの?」と思われることも少なくなりそう。喧嘩をしている時間は、なるべくコンパクトにしたいものです。

先に謝っちゃう

「旦那は絶対に謝らないし、行動や表情に感情を出てしまう子供っぽい人で。そういうのを見ているだけで不快なので、先に謝っちゃいますね。“なんで謝ってるの?”とか、挑発されても乗りません(笑)。大人な対処をしてあげてるのに、こんな高圧的な態度なの?とイライラします。それでも謝ってしまった方が、気を遣わなくていいので楽です」(Sさん・31歳女性)

 腑に落ちなくても、謝ってしまえば普段の生活に戻れるといいます。誰かが不機嫌な表情をしていると、当然そのことが気になってしまいます。「自分の精神衛生上のことを考えても、先に謝ってしまうと楽」という意見が目立ちました。

顔を合わせないようにする

「ムカつく時はしょっちゅうありますよ。今は子供もだいぶ大きくなったので、主人がいる日もパートに出ています。休日もなるべく別行動をするようにしています。これまで子育てしながら、主人に合わせた生活をしてきたので。そろそろ自分の生活や時間も楽しみたいなって。私は一人で行動することも平気で、友達もいるので。主人との関わりだけだと、お互いに煮詰まってしまうと思います」(Sさん・38歳女性)

 一緒にいる時間が長いほど、イライラするポイントも増えるでしょう。信頼関係があるのなら、無理に一緒にいる必要もないのかもしれません。相手との距離が近い関係だからこそ、お互い譲れない意志もあり、衝突してしまうからです。

「旦那がムカつく!」と思ったら

いつまでも良い関係でいたいから♪(写真:iStock)
いつまでも良い関係でいたいから♪ (写真:iStock)

 無理して旦那様に合わせていることも、長い結婚生活では無理がありますよね。自分の意見を相手に伝えて歩み寄りを求めても、今度は旦那様が窮屈してしまいます。

 相手に意見を伝えることも重要です。しかし、それ以上に自分のことを大切につつ、旦那様といい距離感を保っていく。このコツさえつかんでしまえば、旦那様にイライラする回数が減りそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ