これってセレブ?「電車に乗らない男」との結婚生活はアリか

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-07-16 14:51
投稿日:2019-07-16 14:50
電車に乗らない生活なんて出来るの?(写真:iStock)
電車に乗らない生活なんて出来るの? (写真:iStock)

 毎日通勤ラッシュの電車に乗って、仕事へ行くのは大変ですよね。休日も、人気のスポットへ電車で向かうには、どうしても混むし……。

 とはいえ、「電車に乗らない生活」を手に入れるには、職場の住居の距離が近いことや、時間の融通かきく仕事に就くなど、恵まれた生活環境が整っていないと実現しないし、車を所有したりタクシーに頻繁に乗れるような経済力にも関係してくる話です。

 そんな中、「電車に乗らない男」が目の前に現れたら、あなたはどう思いますか?セレブなのか、それとも……?

 今回は、ある女性が出会った「電車に乗らない男」との、ザンネンな恋(#ザン恋)エピソードをご紹介します。

紹介された年上の彼は「電車に乗らない男」

移動は常にタクシー(写真:iStock)
移動は常にタクシー (写真:iStock)

 2歳年下の彼氏と別れたばかりのA子(36歳)は、その彼とひそかに結婚も視野に入れていたので、かなりショックを受けていました。交際期間は3年……。正直、女の人生が左右する大事な時期を費やしたとの実感があったので、破局後のA子はたがが外れたように、会う人会う人に「もう条件とか何も言わないから、とにかく誰かフリーの人いたら紹介して」と言って回っていました。

 すると、飲み友達のBくんから、「俺の大学の先輩、まだ独身だから紹介するよ。結婚したらセレブかもよ?」と言われて、前のめりで引き合わせてもらったのが、43歳のマサルさん(仮名)でした。

 マサルさんは、背は175cmくらいある長身中肉体型、お顔はごく普通で、服装はシンプルだけどよく見るとオシャレだなという小綺麗なルックスでした。今まで同年代としか付き合ってこなかったA子にしてはかなり年上ではあるけど、まあ許容範囲かなと。

 関西の有名大学を出て、金融系の企業に勤めた後に独立。今はスケジュールもかなり融通がきく生活のようで、フッと思い立って海外に行くなんてこともあるらしい! 2人で何回か食事にも行って、仕事のことは詳しく教えてくれなかったけど、会話の端々から株や投資をしている人なんだろうな、ということは推測できたようです。

 毎回、自分では行けないような美味しいお店でご馳走してくれるし、彼はタワマンに住んでいて、初めて家に行ったときには高層階から見える夜景にクラっとしたし、マサルさんにとってはごく普通の振る舞いなのかもしれないけど、A子は一緒にいるとエスコートされているような気分。

 それから、どこへ行くにもタクシー移動。A子が「マサルさんって電車乗らないよね?」と聞いてみると、「おれ電車嫌いなんだよね。混んでるとストレス溜まって仕事の効率も下がるから、電車に乗らないで仕事ができる環境にしてるんだ。どっかに出掛けるときはタクシー乗ればいいし」とマサルさん。

 その話を聞いて、A子は<電車に乗らないで生活できる人なんて、なかなかいない! マサルさんは勝ち組だわ、カッコイイ〜♡>と思いました。

 そして、A子はマサルさんから告白されたら、もちろん付き合いたいと思っていました。そして、すでに結婚してセレブな奥様になっている妄想も(笑)。

タクシーに乗って大遅刻!

案の定渋滞に巻き込まれて…(写真:iStock)
案の定渋滞に巻き込まれて… (写真:iStock)

 2人は無事付き合うようになり、マサルさんもいい歳なので結婚の話もすぐに出てきました。

 ある日、ノリで結婚式場の見学に行くことになり、東京駅からほど近いホテルへ。一通り話を聞いて、「こんな結婚式がしたいね」などと2人で楽しく理想を語り合っていると、気付けばアッという間に時間が過ぎていて、A子はこの日の夜に約束していた女子会の時間が迫っていたのです!

「えっと、女子会の場所が表参道だから……大手町から半蔵門線に乗って行けばいいよね」と、A子はスマホで乗り換え検索をしていると、「電車乗るの? おれもこの後、渋谷でアポがあるから一緒にタクシー乗っていこうよ」とマサルさん。

「でも……平日の夕方って、道混んでないかな? 電車なら確実に13分で着くんだけど」とA子が言うと、マサルさんは「おれ電車には乗りたくないよ、今の時間帯なんて帰宅ラッシュだろうしさ」と引かないので、タクシーで行くことに。

 その結果、やっぱり渋滞している箇所があり、A子は女子会に30分遅刻。

 マサルさんも、タクシーに乗ったはいいが時間もお金も思っていたより多くかかって、ちょっぴり不機嫌な様子でした。って、結局ストレス溜まってるじゃん!

<基本的にはタクシー移動でいいけど、時間や行き先によって臨機応変に電車に乗ればいいのに……>と、A子は内心思いました。

 その後も少し交際は続きましたが、A子はマサルさんのタクシー使いをはじめとした金銭感覚が結婚向きではない気がして、自ら別れを告げました。とはいえ、マサルさんを振るなんて、もったいなかったかな? という思いも少しありつつ。

 それから半年後、久々に飲み会でBくんに会ったのでマサルさんと別れた報告をすると、「そうなんだ、でもまあ別れて良かったんじゃない? マサルさん、今仕事の調子が悪いみたいで、大変らしいからさ……」とこっそり教えてくれました。

「経済的に厳しくなっても、やっぱり電車には乗らないのかしら? ふふふ」なんて笑い話で終わりましたが、これが嫁の立場だったら全然笑えない! 

 A子の決断は間違ってなかったようですね。

【今日の一言メモ】目先のお金使いに惑わされす、自分の価値観を大事に。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ