「肉は赤ワイン」の誤解!水餃子に合う“コスパ最強”デイリーワインはこれ

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2024-06-19 06:00
投稿日:2024-06-19 06:00
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「WSET(level3)」を取得。
 皆さんにもっと手軽にワインを飲んでいただきたい、ただただその一心で、1000円台で買える“神旨”ワインをガチでご紹介します!

水餃子は断然「白ワイン」!

 アツアツもっちりの皮からジュワ~っと溢れ出す肉汁がたまらない水餃子。ビールやサワーと一緒にいただくのが定番かもしれませんが、個人的に水餃子はワインとの相性にまさるものはないと自負しておりますっ!

 この発見をアナタ様にもお裾分けしたい♡ と思い、今回は口の中でおいしさが何倍にも広がる最強の「水餃子×ワイン」のペアリングをご紹介します♪

「水餃子」って…中身はお肉だから白ワインよりも赤ワインの方が合うかも? と思われがちですが、実は断然「白ワイン」なんですよ!

 なぜか。

 赤ワインを合わせてしまうと、水餃子の“命”である肉汁と皮の旨味が、赤ワインのタンニン(渋味)で流されちゃうのでNG

 水餃子の持ち味である、肉の旨味が凝縮された肉汁とモチモチした皮の両方のおいしさを引き立ててくれるのは、おだやかな酸味と爽やかな果実味をもつワイン。つまり、赤ワイン以外がベストです!!

コスパ最強のデイリーワインを発見

 そんなことを考えながら久々に「北野エース」に足を運んでみると…

 ありましたありました! 「サクラワインアワード」(全審査員が女性で開催されるワインの大会)にて2021年に金賞を受賞した『CLAUDE VAL』(税込1265円)

 フランスのラングドック・ルーション地方の白ブドウ6種類(グルナッシュ・ブラン、ヴェルメンティーノ、ソーヴィニヨン・ブランなど)を混合して造られた白ワインです。

 しかも!!!

 生産者であるポール・マスはこれまで数々の名誉ある賞を獲得している敏腕で、ワインラバーの間では広く認知されている造り手。『高品質であると同時に低価格』にこだわったワイン造りをしている(まさにこのコラムのテーマ!!!)歴史あるワイナリーから生み出された1本です。

(シュウマイに合うワインはこちら→)シュウマイにビール? いいえ「ロゼワイン」です♪

気になる味わいは…

 グラスに注ぐと、キラキラと清澄度(せいちょうど)美しい濃いめのレモンイエロー。ラングドック・ルーション地方の温暖な気候で、太陽の光をたっぷり浴びながら育ってきたブドウたちの様子が目に浮かびます♡

 香りはグレープフルーツやレモンなどの柑橘系と、洋梨や青リンゴなどの木なり果実、そして少し温度が上がってきたときにスワリング(グラスをくるくる回す)するとゆっくり広がってくるおだやかなハチミツの香り。

 この香りに導かれるように一口含むと、丸みのあるやさしい酸味と若干甘みが残る爽やかな果実味。ガッツリ辛口ではなく“やや辛口”で、少し時間を置くと出てくるライチなどパッションフルーツ系のジューシーなフレイバーも多少もちながら、全体的にスッキリと飲めるコスパ最強のデイリーワインです。

スッキリでフレッシュな味わいと好相性

 水餃子は焼き餃子と違い、焼いていない分、素材そのものの味わいや食感が魅力なので、これらを邪魔せず旨味に寄り添う「スッキリ・フレッシュ」なこのワインがイチオシ!

 柑橘系の爽やかさが肉汁の旨味を引き立て、ほのかな果実の甘みが皮のもっちり食感とベストマッチします。

 これまで水餃子をビールやサワーと合わせてきたアナタ様も、ぜひ一度、この白ワインに合わせてみてください!

 いつもより水餃子を口に運ぶ回数が増えちゃうハズです♪

 ※本文内のワイン価格等は著者購入時のデータとなります。

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」、2023年2月「J.S.A.ワイン検定認定講師」、2023年4月「日本ワインアドバイザー」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」のレギュラー、テレビCM「みどり法務事務所」に出演中。

XInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


四川とも日本とも違う!貴州家庭式の「回鍋肉」には厚揚げ豆腐がマスト
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、貴州家庭...
「日清謎うなぎ丼」を実食!うなぎ好きの“シンうなぎ”として満足できる?
 うなぎが好きです。蒲焼も白焼きも肝吸いも。骨せんべいも愛してるし、うなぎパイを主食にしたい。  とはいえ、うなぎは高...
夏にこのワインを飲まない理由ナシ!マック新作バーガーと最強ペアリング
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-07-17 06:00 フード
忘れ物に福がある!夏限定「みょうがの忘れ物」で“乗っけるだけ”甘酢漬け
 スーパーに行ったらニンジン、じゃがいもの高いこと! ビビりながら野菜売り場をパトロールしていると、薬味に欠かせないみょ...
セブン新発売「ゴンチャ」ペットボトルと“本家本元”を比較! お味は? 糖度計の目盛に違いアリ
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
モチシャキ♪福建省の料理「肉ともやしと野菜のクレープ巻き」酒止まらん
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
「夏なます」イサキでちょっと贅沢気分♪ 暑さ疲れにサッパリ酢の物
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷の和食店「さわ野」の澤野万作さんに、暑...
【マクドナルドとワイン】有名“コンビニワイン”の相棒はナゲットが正解
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-07-03 06:00 フード
夏だ枝豆だ「枝豆のフワフワ揚げ」驚き食感の秘密は隠し味のマヨネーズ?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、意外な...
美味!ソース一滴も残したくない「糟辣魚(発酵唐辛子の魚の煮込み)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、中国版食...
【サイゼリヤ】新ミックスグリルでグビッと勝負の全容!エース級vs40女
 1人でお酒が飲みたいけど、絡まれたり話しかけられたりするのは面倒くさい。そんな飲んだくれ40女が辿り着いた最適解が「チ...
「夏野菜の酒蒸し」アサリの旨味とバターのコクで野菜を食す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、貝のダ...
ドクダミの代わりに干し納豆でもOK「ドクダミの根と干し肉の炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、本場貴州...
ワインもここまで本格派!? 「RAMEN MATSUI」で五臓六腑に沁みる2杯を
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-06-05 11:12 フード
キモは塩水2.5%!禁断症状が出るくらいうまいすりごま海苔もやしナムル
 男は裏切っても、もやしは裏切らない。そう信じてやまないアラフィフ女です。今宵も(!)晩酌のお供は「もやしナムル」。 ...
中国・貴州省の豆豉を日本の納豆で作った!「干し納豆炒め」でカンパーイ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、納豆好き...