結婚相手に“選ばれる女”とセフレで終わる“一発屋の女”の違い

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-08-06 06:00
投稿日:2019-08-06 06:00
 元号が「令和」になった5月の婚姻数が2倍に――。厚生労働省が先日、こんな人口動態統計速報を公表しました。またこれで、いい男が売れて行ったわけです……。(涙)
 最近、女性からの相談が増え、30歳を越えた女性の婚活サポートをしているうちに、女性の中でも大切にされて結婚相手として考えてもらえる女性と、セフレで終わってしまう女性の違いが見えてきました。
 そこで、結婚につながる恋コラム第11回は、明暗がくっきりと分かれる女性の違いについてお伝えしていきます。

素敵だなと思う人に出会うも一夜限りの関係に…

選ばれる女性は何が違う?(写真:iStock)
選ばれる女性は何が違う? (写真:iStock)

 私の結婚相談所から結婚をしていった会員の1人、サキちゃん(31歳・仮名)は私と出会う前、25歳から5年間付き合った彼に振られました。

 サキちゃんは当時の彼と結婚するつもりでお付き合いをしており、彼(34歳)も「いつかは結婚を考えている」と伝えてくれていたそう。お付き合いが3年たった時、煮え切らない彼に一度別れを告げ、サキちゃんは婚活パーティーなどで婚活をしていた時期もあったようです。

 しかし、そんな日々は数カ月で終わり、結局は復縁をしました。完全に切れたのは30歳のとき。彼の方から一方的に別れを切り出されて終わったとのことでした。

 20代の1番価値の高い時期を食い物にして別れた彼に、プロとして怒りを感じながら、その後の恋愛状況を聞くと、ア然。可愛らしく、純粋に見えるサキちゃんでしたが、実際は捨てられてからの1年間、さまざまな出会いの場へ積極的に行ったようなのです。でも結局、お付き合いには至らなかったとのこと。

 素敵な人だな! と思う人に出会ってデートに誘われ、そんなつもりはないし、絶対にそういう関係にはならない、と決めていたとしても、結局は一夜限りの関係を持ってしまうことが何度かあり、このままでは元彼のことも引きずって、ちゃんとした彼氏もできないままになってしまうと感じ、私のもとに相談に来ました。

セフレで終わる女性と選ばれる女性の違いは?

そういう関係にはならないと決めていたのに…(写真:iStock)
そういう関係にはならないと決めていたのに… (写真:iStock)

 セフレで終わる女性の大きな共通点として、体を許すまでの時間が短いということが挙げられます。

 男性は、自分の市場価値よりも女性の市場価値が高いと感じると結婚を決断します。お互いにこの人が必要だと感じ、求め合った時のSEXは2人の関係の始まりの合図になりますが、知り合って1度や2度のデートで、お互いの関係性が生活の一部になっていない状態でのSEXは、男性にとって“狩り終了”の合図。

 いくら、こんなことは初めてだと言ったところで、行動が証明している以上、“初めて”だとは捉えてもらえません。さらにいうと、お互いの関係性が生活の一部になっていないので、早い段階で関係性が切れていきます。

 結婚相手として選ばれる女性は、自分の人生もしっかりとコントロール出来ていて、なおかつ男性の弱さを受け入れられる女性。そう、男性の弱さという自己開示を引き出し、そこを承認できる女性こそ、結婚相手として選ばれる女性なのです。

「プロに任せる」という近道も

出会いの方法はどんなことでもいい(写真:iStock)
出会いの方法はどんなことでもいい (写真:iStock)

 30歳を越えて抱かれるだけの女性は、どんな言い訳や代弁の言葉を並べても、その事実がある以上、価値のない女性になってしまいます。

 結婚したいという欲求に付け込む男性に流される女性は、プロに任せて婚活をするのも近道。サキちゃんは、31歳という若さもあり、2カ月で今の旦那様と出会い、5カ月目にプロポーズを受けたからです。

 本当に幸せになるには出会いの方法は、どんなことでもいいのです。大切な1人の相手に出会い、その人と幸せな毎日を送ることこそ、価値ある人生になっていくはずです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ