「恋は盲目」の時に気を付けるべきNG行動!&抜け出すには?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-01 06:06
投稿日:2019-08-01 06:01
 誰かを好きになると、夢中になりすぎて周りが見えなくなってしまう「恋は盲目」状態。きっと、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。でも、そんな状態の時こそ気を付けるべきNG行動や抜け出す方法について考えてみましょう。

女性は「恋は盲目」に陥りやすい? その理由

彼しか見えない状態になってない?(写真:iStock)
彼しか見えない状態になってない? (写真:iStock)

 そもそも、女性はなぜ「恋は盲目」状態に陥りやすいのでしょうか? 実はそこには深い理由があったのです。

女性は理性ではなく本能で恋をする

 人間に限ったことではないですが、メスの脳はオスに対して警戒するように作られています。なぜなら、メスにとっての「繁殖」は命を懸けることでもあるから。そのため、できるだけ相性が良い相手と交わることができるように、女性は遺伝子レベルで男性を選んでいます。

恋は盲目の相手=運命の人だとは限らない

 しかし、本能で惹かれ合う相手が運命の人だとは限りません。むしろ、遺伝子学的に言うと自分にないものを求めた結果、自分と正反対の遠い遺伝子を持った相手を選んでしまうということになるのです。

 たとえば、仕事をきちんとする責任感のある女性は、だらしないヒモ男を選んでしまうなど、理想の相手とは程遠い相手に惹かれるケースも多く見られます。

理性的に恋愛をできない状態が「恋は盲目」

 女性が男性を理性ではなく本能で選ぶ時、それこそがまさに「恋は盲目」。自分にとって不都合な男性であろうと、不誠実な男性であろうと、一度恋に落ちてしまったら理性なんてどこかに飛んで行ってしまうのです。

 でも、どんな相手であろうとその相手と子孫を残すこと、それこそが脳科学的には最高の快感をもたらすという考え方になります。つまりは、本能で恋をしている女性の方が精神的にも豊かな人生を送る、とも捉えることができますね。

「恋は盲目」状態の時にやってはいけないNG行動!

ノロケ話で友人を失ってしまうことも…(写真:iStock)
ノロケ話で友人を失ってしまうことも… (写真:iStock)

「恋は盲目」に溺れてしまうのも良いですが、没頭するあまりに周りに迷惑をかけたり、自分が傷つくリスクもあることを覚えておくべき。そこで、気を付けるべきNG行動をチェックしていきましょう。

いつでも彼を優先する

 恋は盲目でありがちなのが、いつでも彼を優先してしまうこと。友達同士でいる時に、「彼の時間が空いたから」と颯爽と消えていく女友達がいますが、これはまさに周りが見えていないケースです。“盲目時期”が終わった時に友人との関係が疎遠になってしまうこともあるため、要注意。

友人にノロケ話を話したがる

「恋は盲目」の時には、彼のことを誰かに話したくなってしまうのが女性というもの。でも、話す相手は十分に選ぶことが肝心。お互いがノロケ合える状態なら良いですが、相手の恋愛状況が良くないと自慢話のようにも聞こえてしまう可能性もありますから。

 また、話すほどに気持ちが膨らんでしまって、勝手に暴走を始めてしまうのも女性の特徴。友人に持ちかけられて勢いで連絡をして、後になって「しなければよかった……」と後悔するケースも。行動する前に、まずは一呼吸置くことも大切です。

彼&彼周りのSNSチェックする

 手軽に相手の情報を知ることができるため、恋愛においても役立つツール「SNS」。しかし、便利な反面、SNSは相手のことを知り過ぎてしまえるという欠点があります。

「女友達がたくさんいるみたい」「綺麗な人と仲良く写真に写ってたけど、好きなのかな?」なんて、妄想は膨らむばかり。いちいちチェックしていては身が持ちませんから、ほどほどに利用しましょう。

「恋は盲目」状態から抜け出すには?

1人の時間もちゃんと楽しむ(写真:iStock)
1人の時間もちゃんと楽しむ (写真:iStock)

「恋は盲目」の状態は楽しいけど苦しいもの。そんな状況から抜け出すにはどうすれば良いのでしょうか?

1人の時間を持って冷静になる

 恋は盲目状態の時、相手に会えば会うほど思いは募るばかり。正しい判断ができなくなってしまうため、まずは1人の時間を持って冷静になりましょう。

「好きな人が気になって、何も手に付かない」なんて悩む人もいるかもしれませんが、そんなのは2〜3日すれば慣れます。仕事やプライベートに忙しくして1人の時間を過ごせた自分には、少しだけ余裕が生まれているはず。これは、恋愛においてもマイナスにはなりません。

他の異性と会ってみる

 恋は盲目から一気に抜け出せるかもしれない方法がこれ、他の異性と会ってみること。

「この人しかいない」という思いは、次第に相手を美化させて、あなたの目を曇らせてしまいます。たとえ、離れた方が良いと分かっている恋愛でも、離れることがなかなかできません。

 そんな時こそ、他の異性、できれば少し興味が湧くかもしれない男性と会ってみましょう。そうすることで好きな人の欠点が見えたり、この人にしかないと思っていたものを他の誰かが持っていると発見できたりして、固執する必要がないかも?と、気づけるのです。

 その上で「やっぱり好き」なのか、「離れた方が良い」のか、客観的な視点で柔軟に考えれば良いでしょう。

「恋は盲目」の期間は一時的!じっと待つ

「恋は盲目」状態になる期間は、時間にすると1年〜1年半ほどらしいです。ただし、これは一緒に住んでいる夫婦や同性カップルの場合。会う頻度が少ないと、その期間はもっと長くなりますね。でも、逆に考えると、この期間さえ乗り切れば本来の自分を取り戻すことができるということ。

 ちなみに、この期間を越えるとお互いの関係は「恋は盲目」→「愛着」へと移行します。お互いを信頼できるようになってくるため、穏やかな幸せを感じられるようになります。恋愛初期に些細な喧嘩で別れてしまうカップルも多いですが、この時期に放棄せずに向き合うことによって、より深い愛情を感じることができるようになるのです。

 その時期が来るまで「じっと待つ」。長期間に思えるかもしれませんが、実はこれが「恋は盲目」から脱出できる1番の技なのかもしれません。

「恋は盲目」は、オトナになった自分が試される時

時に客観的な視点で見定めること(写真:iStock)
時に客観的な視点で見定めること (写真:iStock)

 The Cardigans(カーディガンズ)の曲に「Lovefool」という曲があります。サビを訳すと、“嘘でも演技でもいいから、私のことを愛して。私には、あなた以外は考えられない”と、まぁそんなような。激しい恋に溺れている時、人は本当に“バカ”になってしまいますよね。

 でも、本当に大切なのは、恋は盲目が終わった後のこと。良い関係を続けていけるのかどうか、時に客観的な視点で見定める必要があるのです。

 恋は盲目に陥ったら「オトナになった自分が試されている!」と思って、じっくり目の前の恋愛に悩みましょう。きっと、今までの経験から、自ずと答えが分かるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ