ど本命な彼を落とすには胃袋を掴むより衝撃なメス力を養え!

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-07-07 06:00
投稿日:2019-07-07 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』(KADOKAWA)の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが、毎回、人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやのお悩みに手厚く、そして、ズバッとお答えします。今回は〈手料理を振る舞っていいのか問題〉と〈なかなか相手のことを好きになれない問題〉の解決の糸口に迫ります!

Q1.手料理を振る舞うのはやっぱりだめですか?

「お母さん」にはなりたくない(写真:iStock)
「お母さん」にはなりたくない (写真:iStock)

 メリさん、はじめまして。

 好きな人がいます。その相手の方がすごくアプローチをしてくれるので、メリさんの本を読みながら、ど本命かどうかを見極めているところです(私の性格はもともと尽くして嫉妬する、完全にど本命クラッシャータイプです・笑)

 彼は両親が離婚していて父子家庭で育ったそうで、母親の愛情が不足しているのか、まだ付き合ってもない私に「ご飯を作ってほしい」「手料理が食べたい」と言ってきます。

 付き合うまでは一線を越えないと決めているので、彼の家にも行かないつもりなのですが、手料理に対する並々ならぬ憧れ? 執着心? があるように感じます。

 もし付き合ったとしても、私は彼の“お母さん”になるつもりはありませんが、ご飯を作ってあげるくらいはよいものでしょうか?

 メリさんの本を読み過ぎて、考え過ぎて逆によく分からなくなってきました(笑)。(30歳未婚♀・ナオコ)

A1.手料理は女性の“尽くすスイッチ”がONになりやすい

どんどんエスカレート(写真:iStock)
どんどんエスカレート (写真:iStock)

はじめまして、ナオコさん! 神崎メリです。

まずは、基本的になぜメス力で手料理を禁止しているのか? 改めて説明しますね!

料理をして尽くすと、それはもうあっという間に男性にとって「してもらって当たり前」のことになります。そしてたいして感謝もされなくなります(むしろ味付けにケチすらつけてくるかも)。

そうなると女性は焦りを感じ、毎週末、おもてなしディナーを自腹で振る舞うどころか「洗濯やっておくよ~」と他の家事にも手を出し、必死に気が利くアピールをはじめます(どう? どう? 褒めて褒めて!)。

その姿を見て男性は“俺様に惚れこんでる女”とますます安心し、付き合いたての頃にはあった「彼女を喜ばせたい気持ち」がみるみるうちにしぼんでいくのですよね。

基本的に男性には尽くされたらお返ししなきゃという精神はありません(重要)

尽くされたら尽くされたぶんだけ自分の方が上の立ち位置だと勘違いし、どんどん尊大なおクズ様に成り下がります(上がったり下がったり忙しいな)。

万が一この状態で結婚してしまうと、当然妻がすべての家事をしてくれるものだと思い込んでしまいます。

むしろ、「この子なら結婚しても家事しなくて済んで楽できそう」と計算が働いたかもしれません。

なので、後になって妻がいくら「私だって働いてる! 家事の分担して欲しい! 私はアナタのお母さんじゃない!!」と新生児を抱え涙ながらに訴えたところで、夫は理解ができず、

「結婚する前だけ尽くしておいて今さらなに!? まさか俺を釣るために騙したの? うわ~女ってマジで結婚後豹変するんだ!」

とドン引きすらしてしまう可能性があるワケです。

料理に限らず女性が尽くしてしまうと、彼はアナタのことが好きで一緒にいたはずなのに、便利な女だから一緒にいるという風にすり替わってしまうのですよ!

だ・か・ら!
ダメ!
尽くすの!
メス力では絶対に禁止!

料理なんぞは記念日などの「スペシャルデー」のみでよし! 交際していないならふるまう必要すらありません!

A1.胃袋を掴むより余裕をカマす「メス力」を

「お母さん」ではありません!(写真:iStock)
「お母さん」ではありません! (写真:iStock)

さて、ナオコさんの彼についてですが……。

口説いてる女性に「料理作って」なんてあつかましいなぁ~(笑)

「母性に飢えてるのかな!?」

とかあまり相手寄りの思考回路にならない方がいいですよ。

その配慮(という名の妄想)こそが、「尽くすど本命クラッシャー」のスイッチが入ってしまうキッカケなので。

アナタは口説かれている側なのですから、もっと堂々としていていいのです!

「料理?(笑) え~◯◯君に作って欲しいな~♪ 料理上手な男の人って、なんかカッコいいよね……♡」

とか笑いながら流しておけばいいのですよ。

男性の一言一言にいちいちアタフタせず、余裕を醸し出してくださいね。

アナタのことを家政婦代わりにしようと目論んでいたり、満たされない母性への穴埋めに利用しようとしているのなら、そのうち「使えねぇな」などと思い、彼は勝手に次のターゲットを探しにいきます(オートマティックお見切り完了)。

アナタが一緒にいるときに堂々とふるまい、楽しく過ごし、彼がその姿に本気で恋に落ちているのなら、欲しがるだけじゃなく、愛情を与えたがる男性に勝手になりますからね。

女の腕の見せどころは料理じゃなく、余裕をカマす「メス力」

ここをお忘れなく……♡
さぁ堂々として見極めにいきましょ!

Q2.なかなか人を好きになれない上におクズ様に惹かれます…

好きになるってどういうこと?(写真:iStock)
好きになるってどういうこと? (写真:iStock)

 初めまして。28歳独身フリーのまなです。ブログや本でメス力を学ばせてもらっています。メリさんに質問です。

 私はなかなか人を好きになることができません。

 今までに「この人いい人だな」とか「ど本命かも……」という人はいました。告白していただけたこともあります。

 でも結局、自分が好きという気持ちになれず……。正直、付き合った経験もほとんどなく、1人でいることに慣れちゃって「いま好きと思えないなら」とお断りをしてしまいます。

 おまけに、自分が惹かれるのはいわゆるおクズ様……。おクズ様を追ってもしょうがないと思い、そちらに走ることはなくなったのですが、果たして、このままで本当に「ど本命婚」ができるのでしょうか。

 運命の相手に出会えるのか、不安で仕方がありません。ど本命かもと思ったら、その時、好きではなくても一緒にいた方が幸せになれるんでしょうか??

 それとも、きっと運命の人はいるはずだと信じ、突き進んだ方がいいのでしょうか?(28歳未婚♀・まな)

A2.自分と“仲直り”が「ど本命婚」への第一歩

自分にやさしく(写真:iStock)
自分にやさしく (写真:iStock)

まなさん、はじめまして! 神崎メリです。

自分を好きになってくれる男性には1ミクロンもトキメかないのに、いけないいけないと危険信号をジンジン感じつつも「おクズ様」には気持ちを揺さぶられてしまう……(キュンッ)!

「あ~、ど本命扱いしてくれるあの人を好きになれたら超楽なのに! 抱きしめて欲しいのは、気まぐれ男のおクズ様!(涙)」

何気に女性あるあるなお悩みです。

実は「おクズ様」に惹かれてしまう女性って、自己肯定感が低いのですよ。

「私のことを好きになる男なんて、絶対たいしたことないよ!」

「なんかよくわかんないけど、キモく感じちゃう……ムリ!」

好意を受け入れることはおろか、なんだかうっとうしく感じてしまうことまであって、いくつになっても叶わない恋にばかり目を向けてしまう。

しかも厄介なことに、おクズ様が改心してマジメな男性になろうものなら、急に彼のことを安っぽく感じてしまい、スーッと恋心が冷めてしまうんですよね~。

これはもう、両思いになれない体質を卒業しなければ「ど本命婚」は叶いません!

もしも、まなさんの中に自分自身を受け入れられない、認められない気持ちがあるのなら、いまはその感情としっかりと向き合うタイミングなのかもしれません。

受け入れがたいコンプレックスって誰にでもある。
見て見ぬ振りをして生きていきたい弱味だってある。

でもそれってね、ムリして昇華させるべきものでも、克服するべきものでもなく、自分の一部として寄り添うものだと私は思います。

まなさん自身が受け入れられない部分と“仲直り”することが、「ど本命婚」への第一歩

アナタがアナタを好きにならなければ、いつまでも両思いから逃げ続けてしまうだけなのですよね。

勘が鋭くモテる方だと思うので、自分を受け入れることを意識していけば「ど本命婚」が叶う日はそう遠くないと思いますよ!

  ◇  ◇  ◇

恋愛や結婚生活などにお悩みのすべての皆さま。〈最後の恋愛〉を〈最高の結婚〉に導いたメリ様に相談し、メス力溢れる解決の糸口をゲットしませんか。teamコクハクの質問・相談・その他のご依頼はこちらから、執筆者で「神崎メリ」を選択しご相談内容をお寄せください。お待ちしております(※必ず採用されるわけではない旨、ご了承ください)。

神崎メリ
記事一覧
恋愛コラムニスト
ドイツハーフ。自身の離婚・再婚・出産という経験から「男心に寄り添い、しかし媚びずに、女性として凛として生きる力」=「メス力」と命名し、それこそが幸せの第一歩だと提唱している。男ゴコロや恋バナを発信する公式ブログのアクセス数は月間200万PV以上。Instagramのフォロワー数は12万人を超える。

著書に「魔法の『メス力』」(KADOKAWA)、「大好きな人の『ど本命』になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則」(大和書房)、「神崎メリのヒロイン手帳2020」(扶桑社)、「ど本命の彼から追われ、告られ、秒でプロポーズされる! 秘密のメス力LESSON」(SBクリエイティブ)、予約段階でAmazon総合1位〜発売前重版決定の最新刊「男のトリセツ」(マガジンハウス)が5日で3刷と好評発売中。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ