憧れの有名女優の夫を寝取った女性の“驚きの理由”とは…#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-08-26 12:22
投稿日:2019-08-09 06:00
 人の数だけドラマがあり、同時に嫉妬も憎しみも、それ以上の愛や執着もあるのだとしみじみ感じます。前回の「主婦レズビアン」に続き、今回は「憧れの有名女優」の夫・Kさん(40代)と肉体関係を持った邦子さん(仮名・43歳)の驚愕の体験を、官能作家の筆者がお伝えします。

憧れの女優のダンナ様が常連客に連れられて…

有名女優の夫と不倫の関係に…(写真:iStock)
有名女優の夫と不倫の関係に… (写真:iStock)

「Kさんと不倫したという自覚は、さほど強くないんです。どちらかと言えば、彼の妻である、憧れの女優・美咲さん(仮名・30代)と間接的にセックスできた喜びのほうが勝りました」

 そうキッパリ話すのは、銀座でスナックを経営する邦子さんだ。

 四十代には見えない肌艶の良さに、くっきりした目鼻立ち、肩までのロングヘアを丁寧に巻いた彼女は、黒のシンプルなワンピースをとてもオシャレに着こなして、待ち合わせ場所に現れた。

 職業柄だろう、表情は豊かで、話し方も淀みがない。

――不倫相手の彼・Kさんとの出会いを聞かせてください。

「はい、元々私は女優・美咲さんのファンでした。彼女の出るドラマや舞台は必ず観るし、舞台の時は出待ちもする。ある意味「追っかけ」ですね。スナックのお客様で芸能関係者がいると、『私、美咲さんの大ファンなんです』と伝えていました。いつか、本人が来店してくれたら嬉しいなというささやかな夢もあったんです。そんな時、彼女のダンナ様であるKさん(一般人・会社勤務)が常連客に連れられてきたんです。

――その時は、どんな気持ちでしたか?

「まずは、素直に嬉しかったです。大ファンである美咲さんに一番近しい人が店に来てくれたのですから。ただ、「ここのママ、君の奥さんの大ファンなんだよ」と紹介されても、Kさんは「へえ、そう」と言葉を濁します。その時、「ああ、ダンナ様は一般人だから、有名女優の奥さんの話題をあちこちで出され、本人も居心地悪いんだろう」と、すぐに悟りました。なので、その後は一切、奥さまの話はせず、別な話題で盛りあがりました」

――その機転の良さが、Kさんとの距離を縮めたかもしれませんね。

「そうですね。初めて会ったにもかかわらず、『帰り、二人でソバでも食べていこうか』と誘われて、深夜まで営業しているへぎそばを食べました。その間も、奥さまの話題は一切なし。他愛ないバカ話をしてその日は別れたんです。

――その後は?

「二日後、Kさんが一人で来店してくれたんです。少し酔った彼にお水を渡すと、『ママ、今夜空いてる?』って……また二人だけでアフターに行きました。でも、行先は、彼が泊まっている外資系のホテルだったんです」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


初心者におすすめの吸引系♡ 11段階で好みの加減を追求して
 ラブグッズに限った話ではないですが、ひとつのヒット商品が出て、その派生商品が続々と発売されると、ひとつのジャンルが形成...
桃子 2021-01-23 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク