あげまん学入門 #1 感情のコントロールで「キレない」女子に

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-30 06:00
投稿日:2019-03-30 06:00
 せっかくお付き合いに発展しても、男性にとって「この女、ないわ」と思われてしまうのは避けたいところ。どうせなら、付き合った男性をやる気にさせて、上げて上げて上げまくる。そんな「あげまん女性」になりたいところですよね。こちらの連載では、そんな「あげまん女性」を目指す方のために、本当に使える考え方やテクニックをお伝えさせいただければと思います。

キレる女性は本当に無理という男性が多数

キレる女性は損をしている(写真:iStock)
キレる女性は損をしている (写真:iStock)

 まず、あげまんの対極にある存在、それが「キレる」女性です。

 仕事が終わって家に帰った時には、できれば心休まる存在を男性は求めていますが、それに反してとにかく不機嫌かつ、遠慮のないキレっぷりを発揮するタイプの女性、いますよね。

 こうした女性の多くは、「怒り」の感情をコントロールできないことに原因があるのです。

「自分の感情をそのままぶつけることこそ、相手と真剣に向き合うってこと!」という価値観が強いため、なかなか変えられないんですよね。

 また、自分にとって不快なことや不安なことが起こると、脳の扁桃体が脅威を感じ、アドレナリンを分泌させます。すると、心拍数が上昇して血圧や呼吸速度の上昇が起こります。

 そして、呼吸や循環、分泌などの活動を調節する自律神経系が非常事態になってしまうと、再び扁桃体がそれを感知し、さらにアドレナリンを分泌させるため、どんどん怒りの感情が増していってしまうのです。

 しかしながら、そんなとにかく感情的で怒りっぽい女性であっても、怒りをコントロールしやすくするための方法があるのです。

まずは自分の感情と問題を分離しよう

怒りの原因を書き出してみてもいいかも(写真:iStock)
怒りの原因を書き出してみてもいいかも (写真:iStock)

 もしあなたにとって不安だったり、不快に思ったことがあったとしても、それはあなたの主観です。

 相手の男性ばかりに非があるとは限らず、「自分が怒りを感じている=相手が悪い」という思考から、いったん頭を切り離して考えてみましょう。

 コツは、なぜ自分は怒っているのかを言葉にしてみることです。

 なぜなら、なんで自分が怒っているかわからない時が、一番怒りの感情が活性化するためです。

 こうして言語化をして行くと、「自分が怒っているという状態」と「怒りの原因」とが脳内で区別できるようになってきます。

怒りは相手ではなく問題に対して向ける

お互いにヒートアップしてもしょうがない(写真:iStock)
お互いにヒートアップしてもしょうがない (写真:iStock)

 このように言語化した怒りを伝える方法として最もNGなのは、「あなたのこういうところが悪い」という形で責め立てることです。この場合、相手も責められたという感情から、お互いにどんどんヒートアップしていってしまいますよね。

 怒りは相手に向けるのではなく「問題」に対して向けるのが正しい怒りの伝え方です。

 例えば、相手の態度や行動に対して不快に思ったとしても、「あなたがこういうことをした時に、私は嫌な気持ちになってしまったの」という風に伝えると、彼は自分に対してのみ攻撃が向けられている、とは感じません。

 そのため、問題を一緒に解決してくれるパートナーとなって向き合ってくれる可能性が出てくるわけです。

わかってくれないという前に、理解はお互い様よ

わかろうとする努力が大事(写真:iStock)
わかろうとする努力が大事 (写真:iStock)

「彼が全然私の気持ちをわかってくれない」

 よく言う女性、いますよね。

 でもね、一方的にわかることなんてないんですよ。お互いが「わかり合ってる」からこそ、互いのことがわかるんです。

 なので、わかってくれないという前に、まずは相手のことをわかろうとする努力、これ大事です。

怒りを鎮めるお守りをポケットに

怒りの感情に縛られないように…(写真:iStock)
怒りの感情に縛られないように… (写真:iStock)

 といっても、怒りっぽい人の場合、こういうことを考えるより前に爆発してしまうって方いますよね。そういう方は、気休めでもいいから“おまじない”をしておくのがよいでしょう。

 例えば、腕に「怒らない」という気持ちを込めてリングを巻いておくとか、イラっときた時はトイレに行くようにするルーティーンを作るとか。要は、怒りを抑えることを何かの行動とセットにして習慣化するのです。

 人間は、頭だけで考えたことってなかなか実践できないのですが、行動に紐づけておくと、多少は気休めになるはずです。

まとめ

 感情的でどうしても怒りっぽいという方はいると思います。そんな方も、自分はそういう性格だから、と諦めないで。訓練次第で怒りはコントロールできるようになるものです。

 あげまんの第一歩は、自分の怒りと向き合うこと。まずは、キレキャラを卒業して、理想のあげまんを目指してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ