奥様に学ぶ!小泉進次郎さんのような素敵男子と結婚する方法

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-08-15 17:45
投稿日:2019-08-13 06:00
どうしたら、こんな男性と…(C)コクハク
どうしたら、こんな男性と… (C)コクハク

 小泉進次郎さんと滝川クリステルさんが結婚&妊娠したという突然のニュースに、世間は大賑わいとなりましたね。「令和初のビッグカップル誕生」とも言われている華々しいお二人。

 とくに独身イケメン議員として女性からの人気を博してきた小泉進次郎さんの結婚報道に、「ショックを隠しきれない」「滝クリが羨ましい」という声もチラホラ。

 一体どうしたら、華麗なる一族の跡取りで地位も名誉もあるイケメンと結婚できるのでしょうか?

“華麗なるモテ男”をゲットした女性の共通点や秘訣

お礼状を出すのは妻の大切な役目(写真:iStock)
お礼状を出すのは妻の大切な役目 (写真:iStock)

 そこで今回は、小泉進次郎さんのような“華麗なるモテ男”との結婚をゲットした女性たちに取材し、成功の共通点や秘訣をまとめました。

1. 字が達筆

 暑中見舞いや年賀状はもちろんのこと、何かあればすぐにお礼状を出すことは妻の大切な役目。そのため、字が綺麗であることは重要な条件になります。

 とある、先代から代々引き継がれる会社の御曹司(次期社長)と結婚した女性は、第一子妊娠中にペン字の講座に通って最終的に資格まで取得していましたよ。姑さんに何かチクリと忠告された時も、反省の弁を手紙に書いて出すと、うまくいくのだそうです。

2. お金の使い方にメリハリがある

 裕福な家系に嫁いだからといって、浪費しても良いというわけではありません。むしろお金持ちな人ほどお金の使い方をシビアに見ています! かといって、夫にひもじい生活をさせるようでもダメ。お義父さんや姑に何を言われるかわかりません。メリハリのあるお金の使い方が好まれます。

 例えるなら、料理の材料を用意する際に、お肉と塩は最高級のものを買うけれど、それ以外の食材は良い品をなるべくリーズナブルに買い揃えるといった感じです。ファッションも靴とバッグはハイブランドだけど、服はプチプラで良いものがあればMIXするような一点豪華主義が良し。全てにお金をかけるのではなく、コストを抑えられるところは質素にいく。こういった感覚を持ち続けることが大切なんだそうですよ。

後継者を期待されるプレッシャーも(写真:iStock)
後継者を期待されるプレッシャーも (写真:iStock)

3. 服装は女子アナ系ファッション

 彼らから求められる服装は、きれいめなワンピースや膝丈スカートに白いブラウスなど、女子アナ系ファッションです。女性らしさとちゃんとしてる感がある服装はTPOを選ばず、どこへ連れ立っても様になりますし、親ウケも抜群です。

4. 夫側の家のしきたりに従順

 彼の家に嫁いだら、まずはとにかくその家のしきたりに従うことは必須。我を出して主張するようだと、夫にも迷惑がかかる可能性もあります。

 誰もが名前を聞けば知っているという某不動産会社の長男と結婚した女性は、「お義父さんの言うことは絶対」だと言っていました。その家は「社員や取引先に見られたら“贅沢してる”と思われるから、親族は絶対にタクシーに乗ってはいけない」というルールがあって大変そう。でも、不満を言いながらどんな場面でもタクシーは使わずに頑張っていたので、さすがは長男の嫁! と思いましたね。

5. 結婚したらすぐに妊活に励む

 跡取り息子と結婚したら、まず何よりも最優先にやるべきことは妊活です。

 やはりどうしても後継者を期待されるので、プレッシャーは相当のものだと思いますが……。さらには男の子を産むために、生み分けに良いものがあればすぐに取り入れるなど、並々ならぬ努力をしていますから、脱帽です。

さらにワンランク上の男を目指すなら

幸せな令和婚を目指して(写真:iStock)
幸せな令和婚を目指して (写真:iStock)

 より高い水準で活躍する男性との結婚を願うのであれば、男性からも尊敬される人であることで選ばれる可能性がグンと高まります。そのためには、社会貢献やグローバルな活動に本気で取り組むことです。

 そういった活動をしているなかで、素敵な男性との出会いも増えていきますし、自身の活動が男性にも良い刺激となり、尊敬し合いながら高い水準での議論ができたりして、良きパートナーになっていくのでしょう。

 いかがでしたか? 実際に結婚を手にした奥様たちの実体験、是非取り入れてみてください。

 幸せな令和婚を目指して、ファイトー!

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM