マンション持ちの彼に惹かれて交際も…“初夜の珍事件”の衝撃

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-06-18 06:00
投稿日:2019-06-18 06:00
 出会った男性がマンションを購入していたら、あなたは魅力を感じますか? 人それぞれだと思いますが、絶賛婚活中の佳奈(仮名・29歳)にとっては、超優良物件と感じたようです。でも、待ち受けていたのはザンネンすぎる恋の行方……。
 今回は“マンション持ち”の彼に惹かれて、初めてお泊まりをした夜に起こった #ザン恋 エピソードをご紹介します。

「あとは結婚相手を見つけるだけ」に即反応!

マンション持ちはやっぱり魅力(写真:iStock)
マンション持ちはやっぱり魅力 (写真:iStock)

 受付嬢をしている佳奈は、同僚とはもっぱら恋愛の話、とりわけ最近は婚活の話で持ちきりです。というのも、今年の3月で一番仲の良かった同期が寿退社したので、自分も後に続きたい気持ちで、心なしか焦っていました。

 そんな中、とある金曜の夜にいつもの受付嬢仲間で合コンへ。そこで隣の席になったのが、大手電機メーカーに勤務する同い年の浅井くん(仮名)。見た目に派手さや特にイケメンといった印象はなかったものの、話しやすくて清潔感もあり好感が持てる男性です。

 そんな彼が、会話の中で「実は僕、2年前にマンションを買ったから、あとは結婚相手を見つけるだけなんだよね〜」と言ったのです。婚活中の佳奈には、このセリフがビビッときて、運命を感じてしまいました。そして早速、話を深掘り!

佳奈「場所はどこら辺?」
浅井くん「港区だよ」

佳奈「マンションは新築?」
浅井くん「新築じゃなかったけど、リノベーションしたんだよね」

佳奈「何で独身なのにマンション買ったの?」
浅井くん「すごい穴場物件だったから、今が買いだと思ってさ」

「将来的に、価値が上がる物件だと思うんだよね〜」とも話していた浅井くん。佳奈は内心、《港区でマンション持ちかぁ〜悪くないっ!》と小躍り♪

 後日、改めて食事デートに行き、2人は付き合うことになりました。

自然な流れで彼のマンションにお泊まり!

2人はそのまま眠りに…(写真:iStock)
2人はそのまま眠りに… (写真:iStock)

 順調に交際がスタートし、金曜夜の仕事終わりに合流してディナーへ。その後、自然な流れで彼のマンションに行くことになりました。少しお酒が入っているものの、結婚を意識している佳奈は、彼のマンションの周辺情報を抜け目なくチェック!

✔️駅から歩いて10分くらい(まずまずの立地)
✔️外観は、若干古びた感もあるが(許容範囲なのでOK)
✔️彼の部屋は3階らしい(ちょうどいいかな?)

 ふむふむ。そして、いざ彼の部屋へ入室! そこに広がっていたのは、外観からは想像もつかない、真っ白な壁一面に、シンプルなデザインと小綺麗な家具。そして、さり気なくキッチンの前にバーカウンターが設置されていたり、隠し収納があったりと、所々にこだわりも感じられる。

 何より、彼のセンスが純粋に「いいな」と共感できるものだったので、結婚したときの価値観も合うに違いない! と、直感した佳奈。そんな彼の素敵な部屋で、もう一杯飲みながら、自然に一夜を共にしました。「フィーリングが合う」とは、まさにこういった空気感なんでしょうね。

 そして2人はそのまま、眠りにつきました。

天井に怪しい黒い影が……

こんな部屋じゃ眠れない(写真:iStock)
こんな部屋じゃ眠れない (写真:iStock)

 あれは、おそらく深夜2時頃でしょうか? 佳奈はお酒を飲んだせいなのか、はたまた初めて泊まる部屋に慣れてなかったせいなのか、暗がりの中でふっと目を覚ましてしまいました。

 とはいっても、起きたって何もすることがないので、布団から出ずに何となく天井をボーッと見ていた佳奈。すると、真っ白な天井に、スススッと黒い陰が動いたような気が!?

「エッ……何だろう?」

 もう一度目をこすって、改めて黒い陰を目で追うと、それは……大きなゴキブリだったのです!

《うそでしょ? 私、ゴキブリだけは本気で無理無理! でも隣で彼は気持ち良さそうに眠ってるし……どうしよう》

 身動きが取れない絶体絶命の状況! 佳奈は、この世で一番苦手なのがゴキブリとも言えるほどに、あの黒い生物が心底苦手だったので、今にも泣きそうでした。それからというもの、佳奈はGの動向をずっと目で追ってはビクビクしていたので、一睡もできぬまま朝を迎えることに。

あのマンションに行くのが怖い!

ザンネンすぎる別れ(写真:iStock)
ザンネンすぎる別れ (写真:iStock)

「佳奈、おはよう! コーヒーいれるね」と、変わらず爽やかで優しい彼。

 でも佳奈は内心、《Gを見失ってしまった! 今、奴はどこにいるんだろう!?》と、気が気じゃなくて、コーヒーを飲んだらそそくさと帰ってきてしまいました。

 その後の佳奈といえば、彼のことは好きだけど、あのマンションに行くことが億劫になってしまって、食事デートには行くものの、お泊まりは何かと理由をつけて断るように。すると彼は、「僕とのエッチが良くなかったのかな?」と思い込むようになり、次第に2人の付き合いはフェードアウトしてしまったのです。

 キレイな真っ白な壁が、よりGを引き立てたのか!? 2人のせっかくの初夜に、悲しいかな水を差してしまった珍事件……運命のいたずらとしか思えませんね。あの時、Gさえ出現しなければ、2人は結婚していたかも?

【今日の一言メモ】予期せぬアクシデントで、恋が一気に冷めることがある。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ