マンション持ちの彼に惹かれて交際も…“初夜の珍事件”の衝撃

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-06-18 06:00
投稿日:2019-06-18 06:00
 出会った男性がマンションを購入していたら、あなたは魅力を感じますか? 人それぞれだと思いますが、絶賛婚活中の佳奈(仮名・29歳)にとっては、超優良物件と感じたようです。でも、待ち受けていたのはザンネンすぎる恋の行方……。
 今回は“マンション持ち”の彼に惹かれて、初めてお泊まりをした夜に起こった #ザン恋 エピソードをご紹介します。

「あとは結婚相手を見つけるだけ」に即反応!

マンション持ちはやっぱり魅力(写真:iStock)
マンション持ちはやっぱり魅力 (写真:iStock)

 受付嬢をしている佳奈は、同僚とはもっぱら恋愛の話、とりわけ最近は婚活の話で持ちきりです。というのも、今年の3月で一番仲の良かった同期が寿退社したので、自分も後に続きたい気持ちで、心なしか焦っていました。

 そんな中、とある金曜の夜にいつもの受付嬢仲間で合コンへ。そこで隣の席になったのが、大手電機メーカーに勤務する同い年の浅井くん(仮名)。見た目に派手さや特にイケメンといった印象はなかったものの、話しやすくて清潔感もあり好感が持てる男性です。

 そんな彼が、会話の中で「実は僕、2年前にマンションを買ったから、あとは結婚相手を見つけるだけなんだよね〜」と言ったのです。婚活中の佳奈には、このセリフがビビッときて、運命を感じてしまいました。そして早速、話を深掘り!

佳奈「場所はどこら辺?」
浅井くん「港区だよ」

佳奈「マンションは新築?」
浅井くん「新築じゃなかったけど、リノベーションしたんだよね」

佳奈「何で独身なのにマンション買ったの?」
浅井くん「すごい穴場物件だったから、今が買いだと思ってさ」

「将来的に、価値が上がる物件だと思うんだよね〜」とも話していた浅井くん。佳奈は内心、《港区でマンション持ちかぁ〜悪くないっ!》と小躍り♪

 後日、改めて食事デートに行き、2人は付き合うことになりました。

自然な流れで彼のマンションにお泊まり!

2人はそのまま眠りに…(写真:iStock)
2人はそのまま眠りに… (写真:iStock)

 順調に交際がスタートし、金曜夜の仕事終わりに合流してディナーへ。その後、自然な流れで彼のマンションに行くことになりました。少しお酒が入っているものの、結婚を意識している佳奈は、彼のマンションの周辺情報を抜け目なくチェック!

✔️駅から歩いて10分くらい(まずまずの立地)
✔️外観は、若干古びた感もあるが(許容範囲なのでOK)
✔️彼の部屋は3階らしい(ちょうどいいかな?)

 ふむふむ。そして、いざ彼の部屋へ入室! そこに広がっていたのは、外観からは想像もつかない、真っ白な壁一面に、シンプルなデザインと小綺麗な家具。そして、さり気なくキッチンの前にバーカウンターが設置されていたり、隠し収納があったりと、所々にこだわりも感じられる。

 何より、彼のセンスが純粋に「いいな」と共感できるものだったので、結婚したときの価値観も合うに違いない! と、直感した佳奈。そんな彼の素敵な部屋で、もう一杯飲みながら、自然に一夜を共にしました。「フィーリングが合う」とは、まさにこういった空気感なんでしょうね。

 そして2人はそのまま、眠りにつきました。

天井に怪しい黒い影が……

こんな部屋じゃ眠れない(写真:iStock)
こんな部屋じゃ眠れない (写真:iStock)

 あれは、おそらく深夜2時頃でしょうか? 佳奈はお酒を飲んだせいなのか、はたまた初めて泊まる部屋に慣れてなかったせいなのか、暗がりの中でふっと目を覚ましてしまいました。

 とはいっても、起きたって何もすることがないので、布団から出ずに何となく天井をボーッと見ていた佳奈。すると、真っ白な天井に、スススッと黒い陰が動いたような気が!?

「エッ……何だろう?」

 もう一度目をこすって、改めて黒い陰を目で追うと、それは……大きなゴキブリだったのです!

《うそでしょ? 私、ゴキブリだけは本気で無理無理! でも隣で彼は気持ち良さそうに眠ってるし……どうしよう》

 身動きが取れない絶体絶命の状況! 佳奈は、この世で一番苦手なのがゴキブリとも言えるほどに、あの黒い生物が心底苦手だったので、今にも泣きそうでした。それからというもの、佳奈はGの動向をずっと目で追ってはビクビクしていたので、一睡もできぬまま朝を迎えることに。

あのマンションに行くのが怖い!

ザンネンすぎる別れ(写真:iStock)
ザンネンすぎる別れ (写真:iStock)

「佳奈、おはよう! コーヒーいれるね」と、変わらず爽やかで優しい彼。

 でも佳奈は内心、《Gを見失ってしまった! 今、奴はどこにいるんだろう!?》と、気が気じゃなくて、コーヒーを飲んだらそそくさと帰ってきてしまいました。

 その後の佳奈といえば、彼のことは好きだけど、あのマンションに行くことが億劫になってしまって、食事デートには行くものの、お泊まりは何かと理由をつけて断るように。すると彼は、「僕とのエッチが良くなかったのかな?」と思い込むようになり、次第に2人の付き合いはフェードアウトしてしまったのです。

 キレイな真っ白な壁が、よりGを引き立てたのか!? 2人のせっかくの初夜に、悲しいかな水を差してしまった珍事件……運命のいたずらとしか思えませんね。あの時、Gさえ出現しなければ、2人は結婚していたかも?

【今日の一言メモ】予期せぬアクシデントで、恋が一気に冷めることがある。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ