恋愛中に心がけたい上手なLINEテクニック♪ NG事項に注意

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-13 06:00
投稿日:2019-08-13 06:00
「LINE」は、好きな人とのコミュニケーションを取るにも便利なアイテム。でも、気軽なツールだからこそ、「親しき仲にも礼儀あり」で、心がけるべきことってあると思うんです。恋愛中に好印象を持ってもらえるLINEのテクニックやNG事項、さっそく見ていきましょう。

LINE上手は恋愛上手!好印象を持ってもらえるテクニック♪

恋愛中のLINEは楽しい(写真:iStock)
恋愛中のLINEは楽しい (写真:iStock)

 会話しているように相手とやり取りができる「LINE」。メールよりも気軽で、なおかつ相手の反応がすぐに見られるので、上手に利用すれば恋愛において良い効果に繋がることも。そこで、恋愛中に使える5つのテクニックをご紹介しましょう。

LINEの使い方を真似してみる

 LINEでやり取りをしているうちに、相手の真似をしてみたくなったことってありませんか?スタンプを多く返す人には自分もそうしてみたり、短文が続く時には合わせてみたり、など。

 リサーチしてみたところ、これは「ミラーリング」という心理的効果が絡んでいるのかもしれません。これは、相手に好意があると相手のしていることが魅力的に感じられて真似をしてみたくなる効果のこと。男女間では好みが似ていると親近感が湧いて、恋愛に発展しやすいのだとか。

 好みはあると思いますが、文章の長さ、絵文字やスタンプの利用など、あえて相手のLINEの使い方を真似してみると良いかもしれません。

送るタイミングはリアルタイムを生かす

 LINEを送るタイミングって難しいものですよね。どんなLINEであれ、受け取る側の状況や心の余裕によって返信率は変わってきますから。

 開封率や返信率を上げるためには、LINEならではのリアルタイムの利点を生かすのがおすすめ。たとえば、一緒に遊んだ帰宅時にお礼を兼ねつつLINEを送ると、その日楽しかった出来事を共有しやすくなります。他にも、相手の仕事が終わるタイミングでのLINEや、休日に夜更かしをする人だと分かっているのであれば、少し遅い時間帯でも開封率が上がるでしょう。

 ただし、仕事中や就寝中は迷惑になる可能性が高いので、避けるのがベター。もしもどんな生活をしているのかが読めないのであれば、「お忙しい時間だったらすみません」など、一言添えてみると良いでしょう。

相手がLINEをどう使っているかを知る

 LINEはただのアプリの1つ。「みんな便利だと思っていて、使うのが当たり前」という考えをまずは捨てることも大切です。中には仕事でのみLINEを利用していたり、LINE自体が苦手という方もいますから。特に、年代が高いとその傾向は強まるでしょう。

 返信が来ないことを気にする原因になったり、LINEでのアプローチ自体がムダになってしまうこともあるので、まずは相手がLINEをどう使っているのかをやり取りの中で探ってみましょう。

返信ペースは相手に合わせる

 あるアンケートによると、LINEは好意を持つ相手には1〜2時間以内、友人などには6時間以内、関係性が遠い知り合いには12時間以内の返信が多いという結果が出ていました。つまりは、返信ペースは、あなたへの好意の表れでもある可能性もあるということですね。

 そのため、できれば返信ペースも相手に合わせて同じくらいの間隔で送ると、相手にプレッシャーを与えることもありません。徐々に返信ペースが短くなってくるのを、モチベーションにしてみると良いですね。

送る前に必ず読み返す

 自分が送ったLINEをなかったことにできる「送信取消」の機能ですが、間違って送った後に「送信取消」を押すと、無駄に意味深になってしまうというデメリットがあります。

 軽くも重くもできるのが文章!LINEという気軽なツールだからこそ、送る前に必ず読み返して、真意が伝わるかをきちんと確認することをおすすめします。

 特に、酔っている時、夜中に思いが募った時こそ、自制心が大切ですよ。その時間にどうしても送らなければならないことなんて、ほとんどないのですから。大事な恋愛中だからこそ、タイミングや内容については吟味するようにしましょう。

これはしちゃダメ!LINEで失敗しがちなNG事項

「LINEあるある」を信じすぎないで(写真:iStock)
「LINEあるある」を信じすぎないで (写真:iStock)

 併せて、これはしちゃダメ!というNG事項についても、お伝えしていきます。

LINEあるあるを信じすぎない

 即レスはNG、長文LINEはNG、スタンプリレーはNG、3時間以内に返信をしないとNG……などなど、世の中に出回っている「LINEあるある」。

 でも、お伝えしてきたように、LINEとの付き合い方は人それぞれ。「あるある」の型にはまらずに、相手と自分の関係性の中で良い塩梅を模索していくのもLINEを上手に使うポイントでもあると思うんです。

 会話をしているかのような短いやり取りが続く場合もあれば、従来のメールのように長文を送り合う場合もあるでしょう。LINEあるあるを信じすぎずに目の前の相手をちゃんと観察して、負担にならずにLINEを続けることができれば、2人の関係性もぐっと近づくはずです。

日記LINEは意味を持たせて

「今日、◯◯で△△を食べてきたよ」なんて送る「日記LINE」。普段の生活を知ってほしいと思う気持ちから送ってしまう女性は多いようですね。でも、これは世間的にはNGらしいです。

 でも、全ては相手がどんな風に感じるか、関係性によると思うんですよね。あなたもそうでしょう?気になる存在の男性からそんなLINEが送られてきたら嬉しいのに、全く興味がない男性からだったら、ちょっと引いてしまう。

 だったら、「今日、◯◯で△△を食べてきたよ」にプラスして、「今度一緒に行きたいな」だったり、「他の美味しいお店知ってる?」だったり、日記LINEには少し意味を持たせてあげると良いのかもしれません。その反応で、相手からどう思われているのかをチェックすることができますね。

LINEだからこそ相手への思いやりを♪

上手にLINEを利用して素敵な恋を(写真:iStock)
上手にLINEを利用して素敵な恋を (写真:iStock)

 従来おもに使われていた「メール」では、相手が読むタイミングはもちろん、電波状況によっては送信完了できているか、など、不明瞭な点もありましたよね。でも、その分、返信が来やすい時間帯を探ったりなど、相手のことをもっと考えていた部分ってあると思うんです。

 でも、その点LINEの「既読・未読」サインは、リアルタイムで相手が「読んでくれたのか」「起きているか」などの行動を知ることができます。便利な反面、場合によっては送られた側がプレッシャーに感じてしまうこともあるでしょう。(だから、「既読スルー」なんて単語が生まれてしまうんですが)

 でも、だからこそ相手の負担にならないか、生活スタイルの邪魔にならないか、など、相手の気持ちを考えたり、思いやりを持つことって大切だと思うんです。恋愛においても、マイナスにはなりませんよね。ぜひ、上手にLINEを利用して、好きな人とのやり取りを続けてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ