脱・男に頼る人生! 結婚願望を捨てて得られる5つのメリット

七海 ライター
更新日:2019-08-16 06:00
投稿日:2019-08-16 06:00
それでも本当に結婚したい?(写真:iStock)
それでも本当に結婚したい? (写真:iStock)

「周りが結婚ラッシュ……。でも、結婚って焦ってするものでもないよね?」

「両親はやたら結婚を推すけれど、そんなに幸せでもなさそう。子供が欲しいとも思わないし、結婚がベストな形だとは思えない」

 そんな疑問を抱いている女性の皆さんも多いのでは?

 東京の女性の初婚年齢は29.9歳、5人に1人は独身のまま生涯を終えます。仕事や趣味の合間を縫って「30歳になるまでに」「次の誕生日までには」とあくせく婚活に励む女性も少なくありません。

 ですが、結婚願望を捨てることにもメリットがあるんです。今一度、そのメリットを捨ててまで自分が本当に結婚したいのか考えてみましょう。

1. 面倒くさい婚活からおさらばできる

婚活に疲れちゃったなら…(写真:iStock)
婚活に疲れちゃったなら… (写真:iStock)

 婚活市場で戦っていると、ビジネスシーンとは全く違う観点で、容赦なく点数をつけられることになります。学歴、容姿、キャリア、出身、年齢、etc…。

「年齢やルックスで値踏みされたり、ほかの女の子と比べられたり、気持ちがすり減る」なんて声もよく聞こえてきます。

 お互いを見定めて、またアポイントをとって、オシャレしてお店に行って、会計でちょっと揉めて。初対面の男性と次々に会うのって、新鮮で楽しいけれど、かなりエネルギーを費やしますよね。

「結婚なんていいや」「タイミングが合えば婚活しなくてもできるし」。そんな風にスパッと割り切ることができたら、かなりスッキリするはず。

 義務感で好きでもない男性と実りのないデートに興じるくらいなら、空いた時間で自分が本当にしたいことに取り組んだ方が、充実した時間を送れます。

2. 全力で仕事に勤しむことができる

大好きな仕事に全力投球!(写真:iStock)
大好きな仕事に全力投球! (写真:iStock)

「うちの会社は大好きだけど、結婚したり子供を産むと出世コースから外されちゃうんだよね。これまで男性社員にも負けずに頑張ってきたのに、第一線を離れるなんて考えられない」

 男性と違って妊娠・出産という人生の大きな選択があるがゆえに、子供を望むのなら逆算して人生を進めなければならないのが、女性の人生のわずらわしさ。

 けれど結婚願望や子供を持つことをライフプランからはずすことで、仕事とライフバランスをいちいち考えて憂鬱になることもなく、大好きな仕事に全力投球することができます。

 仕事が大好き! 仕事人間で何が悪い! そんな風に思っているのであれば、「まあ、みんなしてることだし」と、なあなあな気持ちで婚活をする必要なんてないのかもしれません。

3. 大好きな趣味に熱中できる

ふらりと一人旅だってできちゃう(写真:iStock)
ふらりと一人旅だってできちゃう (写真:iStock)

 あなたには大好きな趣味はありますか?

 アイドルの追っかけ、ライブ、海外旅行、ダンス、などなど。お金がなかった20代前半の時と比べると、20代半ば以降はある程度生活にも余裕が出てきて、趣味に割けるお金も増えて、より没頭することができますよね。

 でも、結婚したり子供を産むとなると、その趣味を今と同じ密度で楽しむことが難しくなるかもしれません。時間もお金も使い放題、というわけには行かなくなりますし、旦那さんから「もっと家のこともして」「子供のことも考えて」と制約やストップがかかることもあり得ます。

 そうなると、「結婚さえしなければ」「子供がいなかったら」と家族に対して恨みがましい気持ちを持ってしまうかもしれません。

 そんな思いをするくらいなら、最初から独身を貫くほうがメリットは大きいのかも。自分の気が済むまで趣味を楽しむことができるのは、独身の特権なのです。

七海
記事一覧
ライター
95年、雪国生まれ。元バニーガール広報兼ライター。大学3年の時にブログを始める。婚活と読書がルーティン。卒論は綿矢りさ。好きなタイプは高学歴童貞。13のマッチングアプリを駆使し、1年半で会った男性は100人を超える。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ