脱・男に頼る人生! 結婚願望を捨てて得られる5つのメリット

七海 ライター
更新日:2019-08-16 06:00
投稿日:2019-08-16 06:00
それでも本当に結婚したい?(写真:iStock)
それでも本当に結婚したい? (写真:iStock)

「周りが結婚ラッシュ……。でも、結婚って焦ってするものでもないよね?」

「両親はやたら結婚を推すけれど、そんなに幸せでもなさそう。子供が欲しいとも思わないし、結婚がベストな形だとは思えない」

 そんな疑問を抱いている女性の皆さんも多いのでは?

 東京の女性の初婚年齢は29.9歳、5人に1人は独身のまま生涯を終えます。仕事や趣味の合間を縫って「30歳になるまでに」「次の誕生日までには」とあくせく婚活に励む女性も少なくありません。

 ですが、結婚願望を捨てることにもメリットがあるんです。今一度、そのメリットを捨ててまで自分が本当に結婚したいのか考えてみましょう。

1. 面倒くさい婚活からおさらばできる

婚活に疲れちゃったなら…(写真:iStock)
婚活に疲れちゃったなら… (写真:iStock)

 婚活市場で戦っていると、ビジネスシーンとは全く違う観点で、容赦なく点数をつけられることになります。学歴、容姿、キャリア、出身、年齢、etc…。

「年齢やルックスで値踏みされたり、ほかの女の子と比べられたり、気持ちがすり減る」なんて声もよく聞こえてきます。

 お互いを見定めて、またアポイントをとって、オシャレしてお店に行って、会計でちょっと揉めて。初対面の男性と次々に会うのって、新鮮で楽しいけれど、かなりエネルギーを費やしますよね。

「結婚なんていいや」「タイミングが合えば婚活しなくてもできるし」。そんな風にスパッと割り切ることができたら、かなりスッキリするはず。

 義務感で好きでもない男性と実りのないデートに興じるくらいなら、空いた時間で自分が本当にしたいことに取り組んだ方が、充実した時間を送れます。

2. 全力で仕事に勤しむことができる

大好きな仕事に全力投球!(写真:iStock)
大好きな仕事に全力投球! (写真:iStock)

「うちの会社は大好きだけど、結婚したり子供を産むと出世コースから外されちゃうんだよね。これまで男性社員にも負けずに頑張ってきたのに、第一線を離れるなんて考えられない」

 男性と違って妊娠・出産という人生の大きな選択があるがゆえに、子供を望むのなら逆算して人生を進めなければならないのが、女性の人生のわずらわしさ。

 けれど結婚願望や子供を持つことをライフプランからはずすことで、仕事とライフバランスをいちいち考えて憂鬱になることもなく、大好きな仕事に全力投球することができます。

 仕事が大好き! 仕事人間で何が悪い! そんな風に思っているのであれば、「まあ、みんなしてることだし」と、なあなあな気持ちで婚活をする必要なんてないのかもしれません。

3. 大好きな趣味に熱中できる

ふらりと一人旅だってできちゃう(写真:iStock)
ふらりと一人旅だってできちゃう (写真:iStock)

 あなたには大好きな趣味はありますか?

 アイドルの追っかけ、ライブ、海外旅行、ダンス、などなど。お金がなかった20代前半の時と比べると、20代半ば以降はある程度生活にも余裕が出てきて、趣味に割けるお金も増えて、より没頭することができますよね。

 でも、結婚したり子供を産むとなると、その趣味を今と同じ密度で楽しむことが難しくなるかもしれません。時間もお金も使い放題、というわけには行かなくなりますし、旦那さんから「もっと家のこともして」「子供のことも考えて」と制約やストップがかかることもあり得ます。

 そうなると、「結婚さえしなければ」「子供がいなかったら」と家族に対して恨みがましい気持ちを持ってしまうかもしれません。

 そんな思いをするくらいなら、最初から独身を貫くほうがメリットは大きいのかも。自分の気が済むまで趣味を楽しむことができるのは、独身の特権なのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 大好きな彼氏と突然連絡が取れなくなったら、不安になってしまいますよね。この間会った時は普通に接していたのに……と、訳が...
孔井嘉乃 2019-11-20 06:00 ラブ
FILM
「美醜格差」という言葉が囁かれて久しい昨今、容姿の良さと性格の良悪に因果関係はあるのでしょうか。筆者自身、CA、モデル、...
蒼井凜花 2019-11-20 10:58 ラブ
FILM
「彼氏にするなら、頼り甲斐のある年上男性が良い!」そう思う女性は多いでしょう。でも、実は年下彼氏には良さがたくさんあるん...
FILM
 独身の人や婚活している人は、どうしても結婚がゴールというイメージになりがちですが、実は結婚してからの方が終わりなき長い...
田中絵音 2019-11-19 06:00 ラブ
FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ