脱・男に頼る人生! 結婚願望を捨てて得られる5つのメリット

七海 ライター
更新日:2019-08-16 06:00
投稿日:2019-08-16 06:00
それでも本当に結婚したい?(写真:iStock)
それでも本当に結婚したい? (写真:iStock)

「周りが結婚ラッシュ……。でも、結婚って焦ってするものでもないよね?」

「両親はやたら結婚を推すけれど、そんなに幸せでもなさそう。子供が欲しいとも思わないし、結婚がベストな形だとは思えない」

 そんな疑問を抱いている女性の皆さんも多いのでは?

 東京の女性の初婚年齢は29.9歳、5人に1人は独身のまま生涯を終えます。仕事や趣味の合間を縫って「30歳になるまでに」「次の誕生日までには」とあくせく婚活に励む女性も少なくありません。

 ですが、結婚願望を捨てることにもメリットがあるんです。今一度、そのメリットを捨ててまで自分が本当に結婚したいのか考えてみましょう。

1. 面倒くさい婚活からおさらばできる

婚活に疲れちゃったなら…(写真:iStock)
婚活に疲れちゃったなら… (写真:iStock)

 婚活市場で戦っていると、ビジネスシーンとは全く違う観点で、容赦なく点数をつけられることになります。学歴、容姿、キャリア、出身、年齢、etc…。

「年齢やルックスで値踏みされたり、ほかの女の子と比べられたり、気持ちがすり減る」なんて声もよく聞こえてきます。

 お互いを見定めて、またアポイントをとって、オシャレしてお店に行って、会計でちょっと揉めて。初対面の男性と次々に会うのって、新鮮で楽しいけれど、かなりエネルギーを費やしますよね。

「結婚なんていいや」「タイミングが合えば婚活しなくてもできるし」。そんな風にスパッと割り切ることができたら、かなりスッキリするはず。

 義務感で好きでもない男性と実りのないデートに興じるくらいなら、空いた時間で自分が本当にしたいことに取り組んだ方が、充実した時間を送れます。

2. 全力で仕事に勤しむことができる

大好きな仕事に全力投球!(写真:iStock)
大好きな仕事に全力投球! (写真:iStock)

「うちの会社は大好きだけど、結婚したり子供を産むと出世コースから外されちゃうんだよね。これまで男性社員にも負けずに頑張ってきたのに、第一線を離れるなんて考えられない」

 男性と違って妊娠・出産という人生の大きな選択があるがゆえに、子供を望むのなら逆算して人生を進めなければならないのが、女性の人生のわずらわしさ。

 けれど結婚願望や子供を持つことをライフプランからはずすことで、仕事とライフバランスをいちいち考えて憂鬱になることもなく、大好きな仕事に全力投球することができます。

 仕事が大好き! 仕事人間で何が悪い! そんな風に思っているのであれば、「まあ、みんなしてることだし」と、なあなあな気持ちで婚活をする必要なんてないのかもしれません。

3. 大好きな趣味に熱中できる

ふらりと一人旅だってできちゃう(写真:iStock)
ふらりと一人旅だってできちゃう (写真:iStock)

 あなたには大好きな趣味はありますか?

 アイドルの追っかけ、ライブ、海外旅行、ダンス、などなど。お金がなかった20代前半の時と比べると、20代半ば以降はある程度生活にも余裕が出てきて、趣味に割けるお金も増えて、より没頭することができますよね。

 でも、結婚したり子供を産むとなると、その趣味を今と同じ密度で楽しむことが難しくなるかもしれません。時間もお金も使い放題、というわけには行かなくなりますし、旦那さんから「もっと家のこともして」「子供のことも考えて」と制約やストップがかかることもあり得ます。

 そうなると、「結婚さえしなければ」「子供がいなかったら」と家族に対して恨みがましい気持ちを持ってしまうかもしれません。

 そんな思いをするくらいなら、最初から独身を貫くほうがメリットは大きいのかも。自分の気が済むまで趣味を楽しむことができるのは、独身の特権なのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ