どうしても高年収の男性と結婚したい女性がやるべきこと3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-08-08 06:00
投稿日:2019-08-08 06:00
 オリンピックを翌年に控えているとはいえ、世の中は決して景気がいいとは言えない状態ですが、そんななかでも依然として「高年収の男性じゃないと結婚したくない」などと言っている女性が少なくありません。では、数少ない高年収男性を射止めるためにやるべきこととはなんでしょう?

こんなに少ない年収1000万男性

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 国税省庁の調査によると、年収1000万円以上の給与所得者の男性の割合はわずか6.9%。数で言うと203万人です。200万人以上もいるじゃないの、と思うかもしれませんが、若い20代30代はその2%にも満たない比率なのですから、2万人以下しかいないのです。そんな希少価値がある男性に結婚したい女性たちが殺到するわけですから、いい人はすでに結婚している、と嘆く声が多いのもうなずけます。

 それでも年収が高い男性を狙う理由を聞いてみると「働きたくない」という声が実は多いのです。仕事に疲れてしまったので、共働きしなくても済みそうな高年収の男性と結婚したいのだとか。けれど、お金が目的で結婚をすると、彼が仕事に失敗したり、彼が属する会社の経営が傾いたりして、収入が減った時に、一気に夫婦の危機を迎えてしまいかねないのですが。

高年収の男性が多い婚活イベントとは?

高収入男性限定の婚活パーティーで手っ取り早く(写真:iStock)
高収入男性限定の婚活パーティーで手っ取り早く (写真:iStock)

 高収入の男性はわずかしかいない、という現実を知った時の女性の反応はふたつに分かれます。「やっぱり私が少しは働くしかないか」と男性の年収条件を下げる女性と「それでもやっぱりこう年収がいい」と意地を張ってしまう女性とがいるのです。頑張ることに決めた場合は、ライバルも多いので、女磨きにも頑張る必要が出てくるでしょう。

 手っ取り早く高収入男性と知り合えるのは、収入制限を設けた婚活パーティーです。「年収○万以上限定」などと条件が付いているものに参加すれば、高収入男性ばかりと知り合えます。とはいえ、こうしたパーティーは男性の数より女性の数のほうが多いので、素敵な男性の競争率はかなり高め。知恵を使って、なんとかカップリングできるよう立ち回る必要があります。

理系の男性は狙い目

理系男性には高収入が多い(写真:iStock)
理系男性には高収入が多い (写真:iStock)

 また、隠れた高収入男性として「理系男性」が挙げられます。理系の大学で専門知識を身につけた彼らはスペシャリストとしてメーカーなどで働いている人が多く、収入もかなり高め。さらに理系畑で学生生活を送り、職場環境も女性があまり多くないことから、交際経験も少なく、結婚相手を探している人も多いのです。なので、理系男性限定の婚活イベントも狙い目と言っていいでしょう。

 婚活イベント以外で理系男性と知り合いやすいのは、ネット上で呼びかけられている趣味系の集まりでしょうか。最近だとボードゲームやロボットレース、ガジェットなど、頭を使ったりハイテクな技術を駆使したりするようなことに顔を出したがる傾向はあるでしょう。女性はあまりそれらに関心がないかもしれませんが、いざそうしたイベントに参加してみると女性比率は少なめなのでモテるし、わりとオススメです。

高年齢の男性を狙う

思い切り年上の男性を狙ってみる?(写真:iStock)
思い切り年上の男性を狙ってみる? (写真:iStock)

 どうしても年収1000万円以上の男性じゃないとイヤ、と譲らない女性は、意外に多いもの。どんなに人数が少なくても、私だけは大丈夫、という根拠のない自信を備えているのです。そういう女性は、理想の収入を目指し、少しずつ対象の年齢を上げていく傾向にあります。実は年収1000万円以上の男性の多くは40代以上なので、年齢層を上げると一挙に対象男性が増えるのです。

 30代の女性が40代の男性と結婚しても、周囲もそれほど大きな年齢差には感じません。年上男性に抵抗がないという女性には、年上男性に絞った婚活をお勧めしたいです。婚活パーティーにも「30代女性と40代以上の男性の出会い」というような年齢制限をつけたものがいろいろあります。積極的に年上の男性と知り合っていけば、高収入男性の嫁、という夢に近づけるのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ