どうしても高年収の男性と結婚したい女性がやるべきこと3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-08-08 06:00
投稿日:2019-08-08 06:00
 オリンピックを翌年に控えているとはいえ、世の中は決して景気がいいとは言えない状態ですが、そんななかでも依然として「高年収の男性じゃないと結婚したくない」などと言っている女性が少なくありません。では、数少ない高年収男性を射止めるためにやるべきこととはなんでしょう?

こんなに少ない年収1000万男性

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 国税省庁の調査によると、年収1000万円以上の給与所得者の男性の割合はわずか6.9%。数で言うと203万人です。200万人以上もいるじゃないの、と思うかもしれませんが、若い20代30代はその2%にも満たない比率なのですから、2万人以下しかいないのです。そんな希少価値がある男性に結婚したい女性たちが殺到するわけですから、いい人はすでに結婚している、と嘆く声が多いのもうなずけます。

 それでも年収が高い男性を狙う理由を聞いてみると「働きたくない」という声が実は多いのです。仕事に疲れてしまったので、共働きしなくても済みそうな高年収の男性と結婚したいのだとか。けれど、お金が目的で結婚をすると、彼が仕事に失敗したり、彼が属する会社の経営が傾いたりして、収入が減った時に、一気に夫婦の危機を迎えてしまいかねないのですが。

高年収の男性が多い婚活イベントとは?

高収入男性限定の婚活パーティーで手っ取り早く(写真:iStock)
高収入男性限定の婚活パーティーで手っ取り早く (写真:iStock)

 高収入の男性はわずかしかいない、という現実を知った時の女性の反応はふたつに分かれます。「やっぱり私が少しは働くしかないか」と男性の年収条件を下げる女性と「それでもやっぱりこう年収がいい」と意地を張ってしまう女性とがいるのです。頑張ることに決めた場合は、ライバルも多いので、女磨きにも頑張る必要が出てくるでしょう。

 手っ取り早く高収入男性と知り合えるのは、収入制限を設けた婚活パーティーです。「年収○万以上限定」などと条件が付いているものに参加すれば、高収入男性ばかりと知り合えます。とはいえ、こうしたパーティーは男性の数より女性の数のほうが多いので、素敵な男性の競争率はかなり高め。知恵を使って、なんとかカップリングできるよう立ち回る必要があります。

理系の男性は狙い目

理系男性には高収入が多い(写真:iStock)
理系男性には高収入が多い (写真:iStock)

 また、隠れた高収入男性として「理系男性」が挙げられます。理系の大学で専門知識を身につけた彼らはスペシャリストとしてメーカーなどで働いている人が多く、収入もかなり高め。さらに理系畑で学生生活を送り、職場環境も女性があまり多くないことから、交際経験も少なく、結婚相手を探している人も多いのです。なので、理系男性限定の婚活イベントも狙い目と言っていいでしょう。

 婚活イベント以外で理系男性と知り合いやすいのは、ネット上で呼びかけられている趣味系の集まりでしょうか。最近だとボードゲームやロボットレース、ガジェットなど、頭を使ったりハイテクな技術を駆使したりするようなことに顔を出したがる傾向はあるでしょう。女性はあまりそれらに関心がないかもしれませんが、いざそうしたイベントに参加してみると女性比率は少なめなのでモテるし、わりとオススメです。

高年齢の男性を狙う

思い切り年上の男性を狙ってみる?(写真:iStock)
思い切り年上の男性を狙ってみる? (写真:iStock)

 どうしても年収1000万円以上の男性じゃないとイヤ、と譲らない女性は、意外に多いもの。どんなに人数が少なくても、私だけは大丈夫、という根拠のない自信を備えているのです。そういう女性は、理想の収入を目指し、少しずつ対象の年齢を上げていく傾向にあります。実は年収1000万円以上の男性の多くは40代以上なので、年齢層を上げると一挙に対象男性が増えるのです。

 30代の女性が40代の男性と結婚しても、周囲もそれほど大きな年齢差には感じません。年上男性に抵抗がないという女性には、年上男性に絞った婚活をお勧めしたいです。婚活パーティーにも「30代女性と40代以上の男性の出会い」というような年齢制限をつけたものがいろいろあります。積極的に年上の男性と知り合っていけば、高収入男性の嫁、という夢に近づけるのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ