フェロモンの出し方! 女性の色気をアップさせる秘密の方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-08-15 07:40
投稿日:2019-08-15 06:00
 同性から見ても色気がたっぷりで、「フェロモンが出てていいなぁ……」なんて感じてしまう女性っていませんか?でも実は、フェロモンは誰でも出すことができるんですよ。ちょっとだけ意識を変えて、色気を醸し出せるモテ女子へと変身しちゃいましょう!

「フェロモン」ってどんなもの? 効果は?

異性を引きつけるフェロモン(写真:iStock)
異性を引きつけるフェロモン (写真:iStock)

 フェロモンは目で見えるものではないので、本当にあるの? と思っている方は多いはず。そこでまずは基礎知識を。

フェロモンは全ての生物が発している化学物質

 フェロモンとは、人間をはじめ全ての生物の体内で作られている化学物質のこと。体外に放出されることで異性を惹きつける効果があるため、「色気」の正体とも言えるでしょう。匂いはほぼ無臭で、感覚器官によって本能的に感じられるものだと言われています。

 また、フェロモンは、汗腺の1つである「アポクリン腺」から放出されるそうです。アポクリン腺は、胸元、脇、陰部、耳など特定の場所に存在します。お気付きの通り、これらの部位は異性に効果的に性的欲求を感じさせることができる場所!フェロモン効果にも納得できますよね。

女性ホルモンから作り出される

 フェロモンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と大きく関わりがあります。エストロゲンは生理後〜排卵日にかけて分泌量がアップして、妊娠しやすい体の状態にしたり、美容面でも女性らしいボディを作ったりなど、重要な役割を持っています。

 エストロゲンが多く分泌される時は、フェロモンも多く放出される時。要は、「私は、繁殖する準備ができていますよ〜」と、異性に向けて発信しているということなんです。これって、生命体として理にかなっていると思いませんか?

フェロモンの持つ効果

 フェロモンは異性を惹きつけるという働きの他に、相手に安心感を与えたり、自分自身の精神を落ち着けるという効果があります。フェロモンが上手に放出されている時には体と心のバランスが良く、また、正常にホルモンが分泌されていることの表れでもあるんですね。

 ちなみに、フェロモンは男性からも出ています。好きな人といると精神的にリラックスできたりするのも、相手から発されるフェロモンを知らず知らずのうちに嗅ぎ取っているのかもしれません。

フェロモンの出し方…色気アップの5つの秘密

「恋愛体質」だとフェロモンが出やすくなる(写真:iStock)
「恋愛体質」だとフェロモンが出やすくなる (写真:iStock)

 フェロモン量は、意識的にコントロールすることができません。だからこそ、普段からフェロモン量をアップさせる意識でいることが大切!さっそく、5つの方法を見ていきましょう。

1. 恋愛をする&恋愛体質でいる

 手っ取り早くフェロモンを出すには、恋愛をするのがいちばん!恋愛中には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活性化すると言われていますが、それに伴いフェロモンの分泌量も増えるのです。

 また、惚れっぽい、いわゆる「恋愛体質」でいることもフェロモンが出やすい状態。「恋をすると綺麗になる」とよく言われますが、恋愛中には図らずとも女性ホルモン&フェロモンがどばっと放出されるため、魅力ある女性に見えるのかもしれません。

2. 香水を使用する

 フェロモン自体はほぼ無臭ですが、香水を付けると異性が無意識にフェロモンに敏感になる効果があるそうです。

 ローズやシャボンなどの女性らしい香りは初心者でも使いやすく、女子力アップにも効果的なのでおすすめ。また、「フェロモン香水」と呼ばれる特殊な香水もあるため、気になる方はリサーチしてみても良いかもしれませんね。(フェロモン香水の効果については、科学的には解明されていないそうなので自己責任で。)

 でも、香水のつけすぎはかえって不快感を与えてしまうため、ふわっと香る程度を意識しましょう。

3. 下着にこだわる

 服の上からセクシーな下着を連想できる女性は、フェロモン量が多いと言われています。確かにお気に入りの下着や勝負下着を着けると、なんとなくドキドキしていつもよりも大胆な気分になれますよね。女性のこの雰囲気こそが、フェロモン量に結びついているのではないかと思うのです。

 女性の下着はボディラインを保つことにも一役買ってくれますし、繊細なデザインはまさに女性ならではの特権!誰かに見せるからというわけではなく身だしなみの一環として下着選びを楽しんでみると、自然とフェロモンが出やすくなりますよ。

4. 好きなもの、好きなことで身の周りを固める

 好きなものや好きなことで身の周りを固める、というのも、フェロモンを出すために有効なこと。

 新しい服やバッグ、洋服、メイクアイテムなどを購入すると、自然と嬉しくなってテンションが上がりませんか?実は女性は、ワクワク感や幸福感を感じると自然と自律神経が整い、ホルモンバランスを正常に保ちやすくなるのです。

 その他、リラックスして好きなことをする時間を設けたり、大好きな趣味に没頭してみるのもおすすめ。充実感がフェロモンの分泌を促してくれます。

5. 健康的な生活を送る

 一見何の関係もなさそうな「健康的な生活」と「フェロモン」ですが、実は大きな関係があります。

 たとえば、生理周期の乱れは、女性ホルモンバランスが不規則な生活習慣やストレスなどが原因で起こる場合が多いです。乱れた生理周期では、女性ホルモンのエストロゲンの分泌も正常に行われない可能性が考えられるでしょう。つまり、フェロモンの分泌量もそれに伴い影響されるということ。

「健康的な体=フェロモンを発しやすい体」。質の良い睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動、そして、ストレスフリーな生活を送ること。美肌やダイエットという面から見てもプラスになるので、ぜひこの機会に生活習慣を見直してみましょう。

女性らしさを楽しめばフェロモン倍増! 特権をフルに使って♡

フェロモンパワーで彼を魅了しちゃおう(写真:iStock)
フェロモンパワーで彼を魅了しちゃおう (写真:iStock)

 ご紹介してきた“フェロモンを効率良く分泌させる方法”を見ると、どれもこれも「女性らしさ」を楽しむことにヒントがあるのでは?と思うんです。

 自分の体と心を満たして、充実した毎日を送ること。自信を持って、女性の特権を上手に利用すること。これこそが、フェロモン倍増への道!

 せっかく女性に生まれたんですから、ぜひ、思い切りフェロモンを出して異性を魅了しちゃってくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ