恋愛のリミットは3年!? ドキドキを持続させる6つの方法♡

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-25 06:00
投稿日:2019-08-25 06:00
 大好きな彼にドキドキしている時って、本当に幸せですよね。「この気持ちが永遠に続きそう!」なんて思ってしまうのが乙女心でありますし、その反面、「いつまでこの気持ちが続くのかな……」なんて、憂いてしまうのも乙女心であります。でも、そんなドキドキを持続させる方法があるんですよ。マンネリに悩む前に、ぜひご一読ください。

恋愛のリミットは3年って本当!? その理由や対策方法

恋愛を長続きさせる秘訣は?(写真:iStock)
恋愛を長続きさせる秘訣は? (写真:iStock)

 恋愛中の女性を脅かす、「恋愛のリミットは3年」という説。でも、周りを見渡せば10年経っても付き合いたてのように仲の良いカップルっていますよね?実のところ、どうなのでしょうか?

ドキドキさせる「ドーパミン」の賞味期限は1年半〜3年

 恋愛をすると、ドーパミンという物質が脳内で分泌されます。このドーパミンとは「脳内麻薬」と言われるほど快楽を与えたり、集中力ややる気を起こさせる物質でもあります。

 でも、その反面、ドーパミンの分泌は体への負担にもなるため、賞味期限は約1年半〜3年ほどとも言われています。だから、一般的にマンネリが発生する恋愛リミットは、「3年」と言われているんです。

恋愛を長続きさせる秘訣! ドーパミンを分泌させ続ける方法

 でも、ある研究によると、アメリカの約30%の夫婦が、結婚して20年経ってもなお恋愛仕立てのカップルと同じような脳内の神経活動が認められたのだとか。ドーパミンを分泌させ続ける方法、チェックしてみましょう。

・ワクワクする

 2人で新しいことを試したり、初めての場所に行ったりなど、ワクワクしてドーパミンを分泌することで恋愛は長続きしやすくなります。これは、幸福感を高めることにも繋がるそう。時には、脳を思い切り刺激するようなデートを楽しんでみると良いですね。

・スキンシップを持つ

 パートナーとのスキンシップを持つことも、恋愛を長続きさせるには必要なことです。研究によると、結婚20年経っても仲良くいられる夫婦は、例外なくセックスで満足感を得ていたとのデータもありました。

・思いやりを持つ

 当たり前のようですが、長続きをするためにはお互いに思いやりを持つことも大切。普段からコミュニケーションを大事にしているため、喧嘩をしたとしても短時間で解決することが多いそう。

マンネリなんて要らない!ドキドキを持続させる6つの方法

普段と違うデートでマンネリ打破(写真:iStock)
普段と違うデートでマンネリ打破 (写真:iStock)

 恋愛の賞味期限を3年にするか、長続きさせるかは、あなた次第!そこで、ドキドキを持続させるための6つの方法をご紹介していきます。マンネリを感じた時こそ試してみてくださいね。

1. 他人の前で相手のことを褒める&惚気る

 なぜだか、女性同士でいると彼や夫のことをけなす女性は多いです。幸せ自慢ばかりするのは……と、気を遣っての場合もあるかもしれませんが、相手の嫌な部分や愚痴を話すのは、敢えてマイナスな面に目を向けてしまうということ。

 だからこそ、他人の前で彼のことを褒めましょう。時には惚気も良いものです。いかに自分が幸せなのかを実感することができますし、女性同士でグチグチ言い合うよりもよっぽど有意義な時間となりますよ。

2. お互いのプライベートな時間を大切にする

 長続きをするカップルこそ、お互いのプライベートな時間を大切にします。これは、相手を信頼していることの表れ。飽きるほど会いたくなる気持ちは分かりますが、趣味に打ち込んだり、友人との食事を楽しんだりなど、1人の時間を上手に過ごしましょう。

 そして、彼に会いたい気持ちを募らせながら、次のデートを待つ。この程良い距離感が、お付き合いを長続きさせるポイントになります。

3. 恥じらいを忘れない

 長く付き合えば付き合うほど、どんな人にも必ず発生するのが「慣れ」。慣れは、必ずしも悪いものではありませんが、なんでもかんでも男性に見せてしまうと、男性は次第に刺激がなくなってしまい、マンネリを感じてしまうもの。

 特に大切なのは、恥じらいでしょうか。裸で歩き回ったり、常にすっぴんでいたりすると、男性はやっぱりがっかりしてしまいます。

「もはや、恥じらうってなんだっけ?」と思う方は、ぜひ初デートを思い出して。メイクが取れていないかな?何を着て行こうかな?なんて、可愛くいるためにたくさん意識をしたはずです。新鮮さを保つためには、初心忘るるべからずですよ。

4. 自分磨きを怠らない

 上記で紹介した「恥じらい」にも通じることですが、自分磨きを常に怠らないというのも、ドキドキを持続させる秘訣。

「自分磨き」が漠然としていて難しいと思うのであれば、今の彼があなたの何に惹かれて好きになってくれたのかを考えてみましょう。それは、スタイルかもしれませんし、笑顔かもしれません。もしくは、仕事で頑張る姿勢かもしれません。

 そしてまずは、彼が自分を好きになってくれたところを死守しましょう。もちろん、彼好みの女性になるだけが良いというわけではありませんが、これは最低限。

 その上で、あなたが思う理想の女性像を追求するのです。外見だけではなく、内面も。そうすることで、どんどん魅力的な女性へと近づけるはずですよ。(って相手も同じように思ってくれたら、なおのことお互いのドキドキは持続するのですが。素敵にいさせてあげるのも、女性の力量が問われるところかもしれませんね。)

5. 感謝や尊敬、愛情表現に手を抜かない

 長く付き合うと、彼に対する感謝や尊敬が「当たり前になってしまいがち。でも、これってとてももったいないこと。なぜなら、長続きの秘訣は「ありがとう」の言葉であったり、「すごい」と褒める気持ちであったりするから。

 男性の自尊心を高めて自信を持たせてあげることは、男性が女性を大切にしたい、守りたいという気持ちを持続するエネルギーになるんです。

 また、「好き」や「愛してる」という愛情表現も、もちろん大切。マンネリするとともに言わなくなりがちな言葉のため、普段から日常的に伝えられるようにすると良いですね。

6. 時々はワクワクできるデートをする

 長い付き合いになると、デートはいつもどちらかの家、行きつけの居酒屋、など、お互いがストレスなく過ごせる環境でのデートになってしまいがち。もちろん、それも長続きしたカップルの特権ですし、楽しいことです。

 でも、相手の好みが分かっているため、毎週のように同じテレビ番組を見たり、毎回頼むメニューが同じだったり、など、先が予測できるデートだけになってしまうのはマンネリを呼ぶNG行動でもあるんです。

 これを打破するには、時々はワクワクできるデートをするのがおすすめ。インドアが多い2人であればアウトドアデートに出かけてみる、高価なフレンチを食べに行く、など、普段と違うデートを満喫しましょう。相手の知らない好みや新たな一面を発見できて、ドキドキすること間違いないですよ。

ドキドキし続けられるかは自分次第!思い切り恋愛を楽しもう♪

目の前の恋愛を思い切り楽しもう(写真:iStock)
目の前の恋愛を思い切り楽しもう (写真:iStock)

 好きな人にドキドキする気持ちって、自分でコントロールできるものだったんですね。マンネリなんて感じずにいつの間にか長い年月が過ぎていたら、本当にとても幸せなこと。

 女性はいつも少し先のことを想像して、不安になったり憂いたりしますが、恋愛のリミットなんて気にしても仕方ありません!

 ドーパミンを出しまくって、今目の前にある恋愛を思い切り楽しんでくださいね!

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ