親の介護施設入所に罪悪感を感じないで! 施設のメリット3つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-28 11:29
投稿日:2019-08-28 06:00
たくさんのプロが集まるのが介護施設(写真:iStock)
たくさんのプロが集まるのが介護施設 (写真:iStock)

 親の介護をしてみると、自分の生活もままならない様子に「辛い」と感じる人が多くいます。そこで、どうにもできなくなった親の介護を「介護施設に任せたい」と検討し始めるのですが、「親不孝もの」と自分のことを責めてしまう人が多いのです。

 自分が「辛い」と感じているのに、親の介護をし続ける選択。それは、綺麗ごとで済まされないような、辛く険しい道のりになります。最悪の場合は、悲惨な事件に繋がることもあるかもしれません。

「育ててくれた親を介護施設に入所させるなんて」と思う人が多すぎるのは、筆者は介護士として残念に感じています。そこで、介護施設入所のメリットをお伝えしましょう。

親の介護施設入所に「罪悪感」を感じる理由は?

あなたが罪悪感を感じる必要はない(写真:iStock)
あなたが罪悪感を感じる必要はない (写真:iStock)

 筆者がこれまで見てきたご家族の中には「親のことも見られないなんて」と、自分のことを責める人は多くいました。筆者は、介護士として働いている時から「そんな罪悪感、感じる必要ないのに」と思ってました。

 罪悪感を感じる理由としては、育ててくれた親に対して申し訳ないとか、情けないと思うようですが、親の介護を子供がすべき理由はありません。親は子供を持つことを自ら望んで選んでいるはずなので、その子どもを育てるのは当然のことです。きっと「大きくなったら、私が介護をしてもらうんだから」と子育てをしている親は、どこにもいないでしょう。

 子供の立場から、いざ親が介護になった時に、育ててもらったことに恩義を感じて「介護を何がなんでもしなくちゃ」と思うのは、危険な思い込みだと思います。

 親に感謝を抱くことは素敵なことですが、介護は“子育て”と大きく違います。筆者は子育てをし、介護を生業としていましたが、どちらも全く別物であると思っています。「育ててもらったから、介護をしたい」というのは、「少し違う捉え方だ」と筆者は感じるのです。

 今では介護の方法も選べる時代になってきました。一昔前であれば、“長男の嫁”や“長女”などがその担い手となっていましたが、現代はみんなで介護を考える時代です。そのひとつとして、介護施設の選択肢があります。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM