親の介護施設入所に罪悪感を感じないで! 施設のメリット3つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-28 11:29
投稿日:2019-08-28 06:00
たくさんのプロが集まるのが介護施設(写真:iStock)
たくさんのプロが集まるのが介護施設 (写真:iStock)

 親の介護をしてみると、自分の生活もままならない様子に「辛い」と感じる人が多くいます。そこで、どうにもできなくなった親の介護を「介護施設に任せたい」と検討し始めるのですが、「親不孝もの」と自分のことを責めてしまう人が多いのです。

 自分が「辛い」と感じているのに、親の介護をし続ける選択。それは、綺麗ごとで済まされないような、辛く険しい道のりになります。最悪の場合は、悲惨な事件に繋がることもあるかもしれません。

「育ててくれた親を介護施設に入所させるなんて」と思う人が多すぎるのは、筆者は介護士として残念に感じています。そこで、介護施設入所のメリットをお伝えしましょう。

親の介護施設入所に「罪悪感」を感じる理由は?

あなたが罪悪感を感じる必要はない(写真:iStock)
あなたが罪悪感を感じる必要はない (写真:iStock)

 筆者がこれまで見てきたご家族の中には「親のことも見られないなんて」と、自分のことを責める人は多くいました。筆者は、介護士として働いている時から「そんな罪悪感、感じる必要ないのに」と思ってました。

 罪悪感を感じる理由としては、育ててくれた親に対して申し訳ないとか、情けないと思うようですが、親の介護を子供がすべき理由はありません。親は子供を持つことを自ら望んで選んでいるはずなので、その子どもを育てるのは当然のことです。きっと「大きくなったら、私が介護をしてもらうんだから」と子育てをしている親は、どこにもいないでしょう。

 子供の立場から、いざ親が介護になった時に、育ててもらったことに恩義を感じて「介護を何がなんでもしなくちゃ」と思うのは、危険な思い込みだと思います。

 親に感謝を抱くことは素敵なことですが、介護は“子育て”と大きく違います。筆者は子育てをし、介護を生業としていましたが、どちらも全く別物であると思っています。「育ててもらったから、介護をしたい」というのは、「少し違う捉え方だ」と筆者は感じるのです。

 今では介護の方法も選べる時代になってきました。一昔前であれば、“長男の嫁”や“長女”などがその担い手となっていましたが、現代はみんなで介護を考える時代です。そのひとつとして、介護施設の選択肢があります。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ダメー!!まだイケる!「弱ったシクラメン」復活させたい問題
 新しく年を迎えて早いもので1カ月。全身完全防寒スタイルで毎日寒さと闘っているお花屋さんの「冬仕事」も、全身に毛布をまと...
ポンコツな自分に喝! つらーい「休みボケ」の原因と解消法
 年末年始が繁忙期という職種の方は、そろそろ遅めの冬休みでしょうか。仕事や家事に追われた後のお休みは、嬉しさもひとしお。...
大切な人が今日も無事に帰ってきますように 2023.2.1(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【2月】
 2月は節分を過ぎると世の中の空気がガラリと変わります。これまで問題を抱えていた人は大きな分岐点を迎える一方で、順調だっ...
蛇口から地酒…駅ナカに酒好きの天国あった 2023.1.31(火)
 蛇口をひねるとうどん出汁が出るという香川県、みかんジュースが出るという愛媛県に続き、新たな夢が実現しました。茨城県の水...
実母だからこそイライラする!ストレス4大原因とその処方箋
 何歳になっても実母は頼りになる存在ですが、血が繋がっているからこそ言いたいことを言い過ぎてぶつかってしまうこともあるよ...
1月30日~2月5日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
買い物が楽しくなくなった…理由8つ&注意した方がいい兆候
 買い物は女性が大好きなことのひとつ。欲しいものを手に入れることが、ストレス発散や気分転換になっている人は多いでしょう。...
透明ボウルにすっぽり! かわいい“たまたま”が見えてますよ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
信号で立ち止まったから見えた景色 2023.1.30(月)
 信号で立ち止まったから見えた景色が、肩の力を抜いてくれる時ってあるな。  見慣れた姿とは違う、向こうの世界からこ...
「いつか」じゃなくて「きょう」行こう 2023.1.29(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
【3COINS】靴下の片方がなくなる問題を解決 2022.1.28(土)
 一緒に洗濯したはずなのに、片方の靴下がなくなった! なんて経験は、ありませんか? 片方だけ行方不明になると、履きたい時...
一瞬で大粒の涙も乾く!傷つけられた時に使える即効回復呪文
「マスク美人」なんて言葉がありますが、みなさんは誰かに言われたことがありますか? というか、マスクに限らず、人からいきな...
職場の年下社員がイヤ!苦手に感じる心理とうまく付き合う法
 職場の悩みで多いのが、人間関係のストレス。特に、年下社員を苦手と感じている30代や40代が少なくありません。  年齢...
夜道の一人歩きでちょっとした出会い 2023.1.27(金)
 夜更けの道を歩いていたら、ふと視線を感じた。  おーい、君。そんなところにいたら危ないよ? と呟いたら、 ...
「びっくりドンキー」の新モーニング食レポ 2023.1.26(木)
 2023年の目標の一つに「規則正しい食生活」を掲げております。基本的に食いしん坊なのですが、むらっ気があって一日一食な...