アボカドのポケットにぽとーん♪ アボたま和風カルボうどん

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2019-09-18 15:18
投稿日:2019-09-01 06:00
 和洋中さまざまなレシピを紹介しているインスタグラムのフォロワー数はざっと17万8000。かくして各種メディアの記事執筆やレシピ開発、動画制作などで活動しているぐっち夫婦ですが、注目を浴びるようになったのは「一品のレシピ」がきっかけだったそうで――。

ぐっち夫婦が初めて注目を浴びたコクハクバナシ

麗しや~(写真:ぐっち夫婦)
麗しや~ (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。前回からコクハクで「ぐっち夫婦のコクハク☆めし」のタイトルで連載をさせていただいてます。

 今回は特に女性に人気の食材「アボカド」とシズル感たっぷりの「卵黄」を使ったレシピをご紹介します! 題して「アボたま」。実はこれ、われわれが注目を浴びることになったきっかけのレシピでもあるんです。

 そもそも「アボたま」って何?

 はい、そうなりますよね(笑)。

 文字の通りなのですが、「アボカド」+「たまご(黄身)」を合わせた造語。アボカドの種をくり抜いてできたくぼみの穴に卵の黄身を「ぽとーん」と落としたものです。

 見た目もインスタ映えしますし、なによりアボカド×卵黄の組み合わせ……想像しただけで、何にでも合いそうですよね(笑)。

 使うのは熟したアボカドがベストで、卵黄とアボカドの実を崩しながら和えて食べるのがオススメです!

 アボたまがどのような料理なのか、なんとなくイメージを持っていただけたかと思います。続いて、そもそもなぜアボたまが流行ったのかを振り返ってみましょう。

 思い起こせば、18年7月。私たちがインスタグラムに投稿したアボたまの“お題”に料理家さんたちが次々と反応してくださり、気づいたらリレー形式になっていたんです。

 名付けて「アボたまリレー」!←そのまんまですね(苦笑)。

 お題の内容は、アボたまに何かを組み合わせて料理を作っちゃおうというシンプルな縛りのみ。すると、アボたま牛丼やアボたまキーマカレー、アボたまそうめん……さまざまなアイデアが#アボたまというハッシュタグとともに投稿され、まるで次の人にバトンをパスするように輪が広がり、数多くのアボたまレシピが誕生。その様子はメディアでも取り上げられたのです。

 では、そろそろコクハクめしの話をしましょう^ ^

関連キーワード

フード 新着一覧


赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...