めんつゆでチョー簡単&時短!アボカドと鶏ささみのナムル

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2019-09-18 15:16
投稿日:2019-08-24 06:00
 共働き料理家のぐっち夫婦がコクハクに初登場! 美味しくて簡単なレシピは必見ですよ! 記念すべき第1回目は、女性に人気の食材、森のバターとも呼ばれる「アボカド」を使ったレシピを教えていただきました。

はじめまして、ぐっち夫婦のコクハクバナシです。

アボカドと鶏ささみのナムル(C)ぐっち夫婦
アボカドと鶏ささみのナムル (C)ぐっち夫婦

 みなさん、はじめまして。私たちは夫婦で料理家をしています「ぐっち夫婦」と申します。

 今回からコクハクで連載をさせていただくことになりました。コクハク(=告白)にちなんで、普段見せないぐっち夫婦の【コクハクめし】をお見せできたらなと思っています!

「普段見せないぐっち夫婦のコクハクめし」

 それは一体なんでしょうね(笑)。

 そう自らいってみるとなかなか難しくて……(笑)。

 そこで、そもそもはじめましての方も多くいらっしゃいますので、今回から4回(4品)のレシピを通じて、まずは【普段のぐっち夫婦らしいごはん】を知っていただけたらなあって思っています。

 簡単でちょっとだけおしゃれなレシピをご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね!

 さて、そろそろゴハンの話をしましょう^ ^

めんつゆで簡単!

 今回のコクハクめしは「アボカドと鶏ささみ」が主役。

 アボカドは大人(特に女性)も子どもも大好きな食材ですよね! クリーミーに味を調えてくれて美味しくなるので、私たちのレシピにもよく登場します。コクハクの読者さんはいかがですか? アボカドはお好きですか??

 このレシピはぐっち夫婦の料理の中でも人気のレシピです! 簡単にできるスピード副菜で、そして男性にも人気の味付けになっています! さっと作れば、気になるあの人にアピールできるかも?(笑)


【材料】(作りやすい分量)

アボカド 1個
鶏ささみ 3本
きゅうり 1本
韓国海苔 適量

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1と1/2
白炒りごま 小さじ1
ごま油 大さじ1
塩 少々

【作り方】

下準備
・鍋にお湯を沸かしておく。

1. 鶏ささみは筋を取り、酒大さじ1・塩少々(分量外)で下味をつける。沸いたお湯に鶏ささみを入れ、色が変わったら火を止めて蓋をし、余熱で中まで火を通す。粗熱が取れたらさいて、冷やしておく。

2. アボカドは縦半分に切り、種を取り、皮をむいて一口大に切る。きゅうりは縦半分に切り、斜め切りにする。

3. ボウルにめんつゆ、ごま油、塩、白炒りごまを入れ混ぜ合わせる。鶏ささみ、アボカド、きゅうりを加えてさっと和える。よーく冷やして器に盛り、韓国海苔をかける。

※韓国海苔がないときは、普通の海苔をちぎって、ごま油と塩、炒りごまを合わせてくださいね。

 今回のコクハクめしはいかがでしたでしょうか? 

 鶏ささみの代わりにサラダチキンやツナを使っても美味しいですよ。簡単に作れてヘルシーな一品ですので、ぜひ試してみてくださいね^ ^

 次回(9/1公開予定)は「アボたま和風カルボうどん」です!

関連キーワード

フード 新着一覧


「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
目玉焼きが簡単に驚くほどおいしくなる魔法!2021.7.8(木)
 目玉焼き。それは卵を割って焼くだけという実にシンプルなお料理ですが、何個、何十個、何百個、何万個(!)と焼いても「これ...