めんつゆでチョー簡単&時短!アボカドと鶏ささみのナムル

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2019-09-18 15:16
投稿日:2019-08-24 06:00
 共働き料理家のぐっち夫婦がコクハクに初登場! 美味しくて簡単なレシピは必見ですよ! 記念すべき第1回目は、女性に人気の食材、森のバターとも呼ばれる「アボカド」を使ったレシピを教えていただきました。

はじめまして、ぐっち夫婦のコクハクバナシです。

アボカドと鶏ささみのナムル(C)ぐっち夫婦
アボカドと鶏ささみのナムル (C)ぐっち夫婦

 みなさん、はじめまして。私たちは夫婦で料理家をしています「ぐっち夫婦」と申します。

 今回からコクハクで連載をさせていただくことになりました。コクハク(=告白)にちなんで、普段見せないぐっち夫婦の【コクハクめし】をお見せできたらなと思っています!

「普段見せないぐっち夫婦のコクハクめし」

 それは一体なんでしょうね(笑)。

 そう自らいってみるとなかなか難しくて……(笑)。

 そこで、そもそもはじめましての方も多くいらっしゃいますので、今回から4回(4品)のレシピを通じて、まずは【普段のぐっち夫婦らしいごはん】を知っていただけたらなあって思っています。

 簡単でちょっとだけおしゃれなレシピをご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね!

 さて、そろそろゴハンの話をしましょう^ ^

めんつゆで簡単!

 今回のコクハクめしは「アボカドと鶏ささみ」が主役。

 アボカドは大人(特に女性)も子どもも大好きな食材ですよね! クリーミーに味を調えてくれて美味しくなるので、私たちのレシピにもよく登場します。コクハクの読者さんはいかがですか? アボカドはお好きですか??

 このレシピはぐっち夫婦の料理の中でも人気のレシピです! 簡単にできるスピード副菜で、そして男性にも人気の味付けになっています! さっと作れば、気になるあの人にアピールできるかも?(笑)


【材料】(作りやすい分量)

アボカド 1個
鶏ささみ 3本
きゅうり 1本
韓国海苔 適量

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1と1/2
白炒りごま 小さじ1
ごま油 大さじ1
塩 少々

【作り方】

下準備
・鍋にお湯を沸かしておく。

1. 鶏ささみは筋を取り、酒大さじ1・塩少々(分量外)で下味をつける。沸いたお湯に鶏ささみを入れ、色が変わったら火を止めて蓋をし、余熱で中まで火を通す。粗熱が取れたらさいて、冷やしておく。

2. アボカドは縦半分に切り、種を取り、皮をむいて一口大に切る。きゅうりは縦半分に切り、斜め切りにする。

3. ボウルにめんつゆ、ごま油、塩、白炒りごまを入れ混ぜ合わせる。鶏ささみ、アボカド、きゅうりを加えてさっと和える。よーく冷やして器に盛り、韓国海苔をかける。

※韓国海苔がないときは、普通の海苔をちぎって、ごま油と塩、炒りごまを合わせてくださいね。

 今回のコクハクめしはいかがでしたでしょうか? 

 鶏ささみの代わりにサラダチキンやツナを使っても美味しいですよ。簡単に作れてヘルシーな一品ですので、ぜひ試してみてくださいね^ ^

 次回(9/1公開予定)は「アボたま和風カルボうどん」です!

関連キーワード

フード 新着一覧


さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...