めんつゆでチョー簡単&時短!アボカドと鶏ささみのナムル

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2019-09-18 15:16
投稿日:2019-08-24 06:00
 共働き料理家のぐっち夫婦がコクハクに初登場! 美味しくて簡単なレシピは必見ですよ! 記念すべき第1回目は、女性に人気の食材、森のバターとも呼ばれる「アボカド」を使ったレシピを教えていただきました。

はじめまして、ぐっち夫婦のコクハクバナシです。

アボカドと鶏ささみのナムル(C)ぐっち夫婦
アボカドと鶏ささみのナムル (C)ぐっち夫婦

 みなさん、はじめまして。私たちは夫婦で料理家をしています「ぐっち夫婦」と申します。

 今回からコクハクで連載をさせていただくことになりました。コクハク(=告白)にちなんで、普段見せないぐっち夫婦の【コクハクめし】をお見せできたらなと思っています!

「普段見せないぐっち夫婦のコクハクめし」

 それは一体なんでしょうね(笑)。

 そう自らいってみるとなかなか難しくて……(笑)。

 そこで、そもそもはじめましての方も多くいらっしゃいますので、今回から4回(4品)のレシピを通じて、まずは【普段のぐっち夫婦らしいごはん】を知っていただけたらなあって思っています。

 簡単でちょっとだけおしゃれなレシピをご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね!

 さて、そろそろゴハンの話をしましょう^ ^

めんつゆで簡単!

 今回のコクハクめしは「アボカドと鶏ささみ」が主役。

 アボカドは大人(特に女性)も子どもも大好きな食材ですよね! クリーミーに味を調えてくれて美味しくなるので、私たちのレシピにもよく登場します。コクハクの読者さんはいかがですか? アボカドはお好きですか??

 このレシピはぐっち夫婦の料理の中でも人気のレシピです! 簡単にできるスピード副菜で、そして男性にも人気の味付けになっています! さっと作れば、気になるあの人にアピールできるかも?(笑)


【材料】(作りやすい分量)

アボカド 1個
鶏ささみ 3本
きゅうり 1本
韓国海苔 適量

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1と1/2
白炒りごま 小さじ1
ごま油 大さじ1
塩 少々

【作り方】

下準備
・鍋にお湯を沸かしておく。

1. 鶏ささみは筋を取り、酒大さじ1・塩少々(分量外)で下味をつける。沸いたお湯に鶏ささみを入れ、色が変わったら火を止めて蓋をし、余熱で中まで火を通す。粗熱が取れたらさいて、冷やしておく。

2. アボカドは縦半分に切り、種を取り、皮をむいて一口大に切る。きゅうりは縦半分に切り、斜め切りにする。

3. ボウルにめんつゆ、ごま油、塩、白炒りごまを入れ混ぜ合わせる。鶏ささみ、アボカド、きゅうりを加えてさっと和える。よーく冷やして器に盛り、韓国海苔をかける。

※韓国海苔がないときは、普通の海苔をちぎって、ごま油と塩、炒りごまを合わせてくださいね。

 今回のコクハクめしはいかがでしたでしょうか? 

 鶏ささみの代わりにサラダチキンやツナを使っても美味しいですよ。簡単に作れてヘルシーな一品ですので、ぜひ試してみてくださいね^ ^

 次回(9/1公開予定)は「アボたま和風カルボうどん」です!

関連キーワード

フード 新着一覧


「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...
甘さと辛さの“無限ループ”に陥る…「ピリ辛ナスの煮びたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「ササミとザーサイの和え物」食感と薬味の辛味が小気味いい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「薬味たっぷりのカツオたたき」大葉とミョウガでさっぱりと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
豚肉がおいしい「新ジャガの肉ジャガ」思わず顔がほころんだ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...