運命の人と出会えない…婚活女子が気づくべき“盲点”とは?

七海 ライター
更新日:2019-08-29 06:00
投稿日:2019-08-29 06:00
ぴんとこないのは誰のせい?(写真:iStock)
ぴんとこないのは誰のせい? (写真:iStock)

「いい人そうだったけど、断った。『学歴も会社も申し分ないのに、なんであんな良い物件断るの!』と紹介してくれた友達に非難されたけど、だって……」

「最近出会った彼はやさしくてルックスもそんなに悪くない、店の選び方やデートが終わった後のフォローも完璧。だけど、4回目のデートで断ってしまった。だって……」

 そう、どうしてもだめだったから、付き合えなかった。それは「ピンとこなかった」せい。男性は出会いに対して「抱ける相手が欲しい」と考えていて、女性は「運命の人と出会いたい」と夢を見ている、という風にも言われています。

 たくさん出会って、連絡先を交換して、デートして、でも、ぴんとくる人が一向に現れない。それはどうしてなのか?

「高望みしていない」と言う彼女たちの本音

高望みしていないと言うけれど(写真:iStock)
高望みしていないと言うけれど (写真:iStock)

 婚活しているのにまだ彼がいないの?と聞いてくる人はニヤニヤしながら続けてこう言いますよね。「選り好みしてるんじゃないの?」と。

 学歴は少なくとも早慶がいい、なんて思ってない。イケメンだと遊ばれそうだから、わたしのような並のルックスにはフツメンがちょうどいい。お金持ちじゃなくてもいい、仕事に対して誠実な人であればそれでいい。高望みしてるわけじゃない。自分の身の丈にあった人を探しているだけ。

 どうせ付き合うなら、結婚相手にするなら「この人だ」と思える人がいい。そうじゃないと、きっと長い結婚生活を耐えられないから。そう思っているうちに、たくさんの手札を使い果たして、「まだ運命の人は現れないの?」と立ち尽くしてしまう、というわけです。

ぴんとくる、こないの正体は“自分の値段”

「運命の人」を探しているうちは…(写真:iStock)
「運命の人」を探しているうちは… (写真:iStock)

 高飛車に条件を釣り上げているつもりはない、玉の輿を狙って高望みをしているわけじゃない、ただ、ぴんとくる人じゃないから今日のデートも途中からは接待モードになってしまった。次のデートに誘われてもフェードアウトするかもしれない……。

 残念ながら「運命の人との出会い」「雷が落ちたみたいにビビッときた恋」を探しているうちは、一生自分の相手を決めることができません。あなたがその相手にぴんとこないのは、「わたしはこの人よりは値段が高い」と無意識のうちに天秤にかけているからです。

 どんな人も、自己評価はそう高いわけではないかもしれませんが、自己愛が低い人はいません。自分かわいさに、「わたしはもっと高い」「わたしにはもっと価値がある」「この人に釣り合いが取れているのはわたしではない」と思っている、というわけです。相手を鏡にみたてて、自分の点数を測っている……言葉にするとあまりにも身も蓋もないですが、思い当たる人も多いのでは。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ