運命の人と出会えない…婚活女子が気づくべき“盲点”とは?

七海 ライター
更新日:2019-08-29 06:00
投稿日:2019-08-29 06:00
ぴんとこないのは誰のせい?(写真:iStock)
ぴんとこないのは誰のせい? (写真:iStock)

「いい人そうだったけど、断った。『学歴も会社も申し分ないのに、なんであんな良い物件断るの!』と紹介してくれた友達に非難されたけど、だって……」

「最近出会った彼はやさしくてルックスもそんなに悪くない、店の選び方やデートが終わった後のフォローも完璧。だけど、4回目のデートで断ってしまった。だって……」

 そう、どうしてもだめだったから、付き合えなかった。それは「ピンとこなかった」せい。男性は出会いに対して「抱ける相手が欲しい」と考えていて、女性は「運命の人と出会いたい」と夢を見ている、という風にも言われています。

 たくさん出会って、連絡先を交換して、デートして、でも、ぴんとくる人が一向に現れない。それはどうしてなのか?

「高望みしていない」と言う彼女たちの本音

高望みしていないと言うけれど(写真:iStock)
高望みしていないと言うけれど (写真:iStock)

 婚活しているのにまだ彼がいないの?と聞いてくる人はニヤニヤしながら続けてこう言いますよね。「選り好みしてるんじゃないの?」と。

 学歴は少なくとも早慶がいい、なんて思ってない。イケメンだと遊ばれそうだから、わたしのような並のルックスにはフツメンがちょうどいい。お金持ちじゃなくてもいい、仕事に対して誠実な人であればそれでいい。高望みしてるわけじゃない。自分の身の丈にあった人を探しているだけ。

 どうせ付き合うなら、結婚相手にするなら「この人だ」と思える人がいい。そうじゃないと、きっと長い結婚生活を耐えられないから。そう思っているうちに、たくさんの手札を使い果たして、「まだ運命の人は現れないの?」と立ち尽くしてしまう、というわけです。

ぴんとくる、こないの正体は“自分の値段”

「運命の人」を探しているうちは…(写真:iStock)
「運命の人」を探しているうちは… (写真:iStock)

 高飛車に条件を釣り上げているつもりはない、玉の輿を狙って高望みをしているわけじゃない、ただ、ぴんとくる人じゃないから今日のデートも途中からは接待モードになってしまった。次のデートに誘われてもフェードアウトするかもしれない……。

 残念ながら「運命の人との出会い」「雷が落ちたみたいにビビッときた恋」を探しているうちは、一生自分の相手を決めることができません。あなたがその相手にぴんとこないのは、「わたしはこの人よりは値段が高い」と無意識のうちに天秤にかけているからです。

 どんな人も、自己評価はそう高いわけではないかもしれませんが、自己愛が低い人はいません。自分かわいさに、「わたしはもっと高い」「わたしにはもっと価値がある」「この人に釣り合いが取れているのはわたしではない」と思っている、というわけです。相手を鏡にみたてて、自分の点数を測っている……言葉にするとあまりにも身も蓋もないですが、思い当たる人も多いのでは。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
外見を磨く以上に愛される!今すぐできる“モテる行動”って?
 年齢を重ねても、ますます魅力的になりたいと願う今日このごろ。皆さんも、いつまでもモテていたいですよね。正直、10〜20...
若林杏樹 2021-11-24 06:00 ラブ
幸せな結婚ができるかも♡ 相性抜群な男性の見つけ方5選
 恋愛において「相性」ってとても大切ですよね。でも、恋に落ちてしまったばかりの頃は、相手の良い面ばかりが見えてしまうため...
恋バナ調査隊 2021-11-24 06:24 ラブ
この人と結婚する気がする! 男性が直感で運命を感じる瞬間
「女の勘」という言葉があります。その言葉の通り、「なぜか、この人と結婚する気がした」と、答える女性って意外と多いんですよ...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
別れの前兆…? 遠距離恋愛で彼が冷めた時のサイン&対処法
 会えない時間が多い「遠距離恋愛」では、相手の気持ちが心配になることもあるでしょう。そんなカップルの中には、「最近彼が冷...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
重い女性が好きな男性の特徴&モテるための3つのポイント♡
「重い女性」と聞くと彼氏への束縛や依存など、マイナスのイメージを持っている人も多いはず。しかし、男性の中には重い女性に魅...
恋バナ調査隊 2021-11-22 06:00 ラブ
浮気しても罪悪感がない!? 女性を不幸にする男性の特徴4つ
 恋愛をしていれば、時には彼氏に浮気されることがあるかもしれません。もちろん、ちゃんと反省してくれる場合も多いですが、男...
恋バナ調査隊 2021-11-21 06:00 ラブ
「法律的な権利」だから…離婚を拒み姿を消した男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.65〜女性編〜」では、結婚後何年たっても口先ばかりで結果を出せない夫・トモアキさん(仮名・4...
並木まき 2021-11-27 04:33 ラブ
口先ばかりで結果を出さない怠け者の夫に見切りをつけた女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-20 06:00 ラブ