運命の人と出会えない…婚活女子が気づくべき“盲点”とは?

七海 ライター
更新日:2019-08-29 06:00
投稿日:2019-08-29 06:00
ぴんとこないのは誰のせい?(写真:iStock)
ぴんとこないのは誰のせい? (写真:iStock)

「いい人そうだったけど、断った。『学歴も会社も申し分ないのに、なんであんな良い物件断るの!』と紹介してくれた友達に非難されたけど、だって……」

「最近出会った彼はやさしくてルックスもそんなに悪くない、店の選び方やデートが終わった後のフォローも完璧。だけど、4回目のデートで断ってしまった。だって……」

 そう、どうしてもだめだったから、付き合えなかった。それは「ピンとこなかった」せい。男性は出会いに対して「抱ける相手が欲しい」と考えていて、女性は「運命の人と出会いたい」と夢を見ている、という風にも言われています。

 たくさん出会って、連絡先を交換して、デートして、でも、ぴんとくる人が一向に現れない。それはどうしてなのか?

「高望みしていない」と言う彼女たちの本音

高望みしていないと言うけれど(写真:iStock)
高望みしていないと言うけれど (写真:iStock)

 婚活しているのにまだ彼がいないの?と聞いてくる人はニヤニヤしながら続けてこう言いますよね。「選り好みしてるんじゃないの?」と。

 学歴は少なくとも早慶がいい、なんて思ってない。イケメンだと遊ばれそうだから、わたしのような並のルックスにはフツメンがちょうどいい。お金持ちじゃなくてもいい、仕事に対して誠実な人であればそれでいい。高望みしてるわけじゃない。自分の身の丈にあった人を探しているだけ。

 どうせ付き合うなら、結婚相手にするなら「この人だ」と思える人がいい。そうじゃないと、きっと長い結婚生活を耐えられないから。そう思っているうちに、たくさんの手札を使い果たして、「まだ運命の人は現れないの?」と立ち尽くしてしまう、というわけです。

ぴんとくる、こないの正体は“自分の値段”

「運命の人」を探しているうちは…(写真:iStock)
「運命の人」を探しているうちは… (写真:iStock)

 高飛車に条件を釣り上げているつもりはない、玉の輿を狙って高望みをしているわけじゃない、ただ、ぴんとくる人じゃないから今日のデートも途中からは接待モードになってしまった。次のデートに誘われてもフェードアウトするかもしれない……。

 残念ながら「運命の人との出会い」「雷が落ちたみたいにビビッときた恋」を探しているうちは、一生自分の相手を決めることができません。あなたがその相手にぴんとこないのは、「わたしはこの人よりは値段が高い」と無意識のうちに天秤にかけているからです。

 どんな人も、自己評価はそう高いわけではないかもしれませんが、自己愛が低い人はいません。自分かわいさに、「わたしはもっと高い」「わたしにはもっと価値がある」「この人に釣り合いが取れているのはわたしではない」と思っている、というわけです。相手を鏡にみたてて、自分の点数を測っている……言葉にするとあまりにも身も蓋もないですが、思い当たる人も多いのでは。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ