運命の人と出会えない…婚活女子が気づくべき“盲点”とは?

七海 ライター
更新日:2019-08-29 06:00
投稿日:2019-08-29 06:00
ぴんとこないのは誰のせい?(写真:iStock)
ぴんとこないのは誰のせい? (写真:iStock)

「いい人そうだったけど、断った。『学歴も会社も申し分ないのに、なんであんな良い物件断るの!』と紹介してくれた友達に非難されたけど、だって……」

「最近出会った彼はやさしくてルックスもそんなに悪くない、店の選び方やデートが終わった後のフォローも完璧。だけど、4回目のデートで断ってしまった。だって……」

 そう、どうしてもだめだったから、付き合えなかった。それは「ピンとこなかった」せい。男性は出会いに対して「抱ける相手が欲しい」と考えていて、女性は「運命の人と出会いたい」と夢を見ている、という風にも言われています。

 たくさん出会って、連絡先を交換して、デートして、でも、ぴんとくる人が一向に現れない。それはどうしてなのか?

「高望みしていない」と言う彼女たちの本音

高望みしていないと言うけれど(写真:iStock)
高望みしていないと言うけれど (写真:iStock)

 婚活しているのにまだ彼がいないの?と聞いてくる人はニヤニヤしながら続けてこう言いますよね。「選り好みしてるんじゃないの?」と。

 学歴は少なくとも早慶がいい、なんて思ってない。イケメンだと遊ばれそうだから、わたしのような並のルックスにはフツメンがちょうどいい。お金持ちじゃなくてもいい、仕事に対して誠実な人であればそれでいい。高望みしてるわけじゃない。自分の身の丈にあった人を探しているだけ。

 どうせ付き合うなら、結婚相手にするなら「この人だ」と思える人がいい。そうじゃないと、きっと長い結婚生活を耐えられないから。そう思っているうちに、たくさんの手札を使い果たして、「まだ運命の人は現れないの?」と立ち尽くしてしまう、というわけです。

ぴんとくる、こないの正体は“自分の値段”

「運命の人」を探しているうちは…(写真:iStock)
「運命の人」を探しているうちは… (写真:iStock)

 高飛車に条件を釣り上げているつもりはない、玉の輿を狙って高望みをしているわけじゃない、ただ、ぴんとくる人じゃないから今日のデートも途中からは接待モードになってしまった。次のデートに誘われてもフェードアウトするかもしれない……。

 残念ながら「運命の人との出会い」「雷が落ちたみたいにビビッときた恋」を探しているうちは、一生自分の相手を決めることができません。あなたがその相手にぴんとこないのは、「わたしはこの人よりは値段が高い」と無意識のうちに天秤にかけているからです。

 どんな人も、自己評価はそう高いわけではないかもしれませんが、自己愛が低い人はいません。自分かわいさに、「わたしはもっと高い」「わたしにはもっと価値がある」「この人に釣り合いが取れているのはわたしではない」と思っている、というわけです。相手を鏡にみたてて、自分の点数を測っている……言葉にするとあまりにも身も蓋もないですが、思い当たる人も多いのでは。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ