同棲後に結婚するポイント♪ うまくいくための5つのルール!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-14 06:17
投稿日:2019-09-14 06:00
「結婚を見据えて同棲をしたのに別れてしまった……」、そんな話はよくありますね。将来のことを考えてせっかく同棲をしたのに、別れてしまうのはとても悲しいこと。同棲をしてから自然な流れで結婚まで行き着くには、どうすれば良いのでしょうか?

結婚前に同棲をするメリットは?

同棲するメリットとデメリットとは?(写真:iStock)
同棲するメリットとデメリットとは? (写真:iStock)

 結婚前に同棲をするかしないか悩んでいる方は多いでしょう。そこでまずは、同棲のメリット&デメリットをチェック!

結婚前に同棲をするメリット

 最初に、同棲のメリットから見てみましょう。

結婚後の生活を想像しやすい

 同棲をすると結婚後の生活を想像しやすいため、いざ結婚してから「こんな人だと思ってなかった!」という価値観の違いによる破局が起こりにくいです。

 万が一合わなかったら、同棲を解消すれば良いだけの話。結婚に失敗するよりも、痛手が少ないのも同棲のメリットでしょう。

結婚資金を貯めやすい

 結婚資金を貯めやすいのも、同棲の魅力です。特にそれぞれが一人暮らしをしている場合には、家賃や光熱費などを節約することができますし、お互いの金銭感覚を把握することにも繋がります。

いつでも一緒で安心&寂しくない

 デートの帰りに「寂しくて離れたくない!」と思う瞬間ってありますよね。でも、同棲中であれば、デート後に一緒に同じ家に帰ることができて嬉しさを感じられます。

 また、女性側が一人暮らしで防犯面に不安を抱えている場合には、彼がいてくれることで安心感を得ることができますね。

惰性で続ける同棲生活は虚しい…(写真:iStock)
惰性で続ける同棲生活は虚しい… (写真:iStock)

結婚前に同棲をするデメリット

 次に、同棲のデメリットを見てみましょう。

ずるずると同棲を続けてしまう

 一番大きなデメリットがこれ、ずるずると同棲を続けて結婚時期を逃してしまうこと。特に結婚に憧れを抱いている女性にとっては、いつまでも煮え切らない男性の態度にやきもきしてしまい、別れの原因になってしまう可能性もあります。

 また、生活を共にすると付き合った当初の新鮮さがなくなってしまい、惰性的に一緒にいる関係になる場合も。ほかの相手に刺激を求めてしまうケースもあるようです。

家族から反対される

 結婚前に同棲をすることを、あまりよく好まない家族もいます。特に親世代などには、「嫁入り前の娘が!」なんて、苦言を呈されることもあるでしょう。

 いざ結婚しようとしても同棲開始時に揉めてしまったことが原因で、お互いの家族と良い関係性を築けなくなる場合もあります。同棲を始めるのであれば、できれば事前にお互いの家族への理解を得ることが大切かもしれません。

自由時間が減る

 同棲をすると、実質一人の時間が減ります。今まで一人暮らしをしていた方にとっては、自由時間が減ることが大きなストレスになってしまう場合もあるでしょう。

 また、「飲みに行って遅くなる時などには連絡をしなければいけない」など、共同生活をするからこその決まりごとは少なからず発生します。ルールがあること自体が窮屈に感じてしまう方には、同棲自体が苦痛に感じてしまうかもしれません。

同棲後に結婚するには?うまくいく5つのポイント!

家事分担は結婚後のことも考えてきっちりと!(写真:iStock)
家事分担は結婚後のことも考えてきっちりと! (写真:iStock)

 同棲後に結婚するカップルには、どのような特徴があるのでしょうか?結婚に上手に繋げるための同棲のポイントをご紹介します!

1. 付き合ってから一定期間が経った後に同棲する

 付き合ってから何年か経った後、満を辞して同棲をするカップルはうまくいくケースが多いようです。性格や生活習慣、相手の長所も短所も認めてなお、お付き合いを続けていられるということは、少なからず「合う」ということ。

 ただし、この場合には、同棲したことで満足をしてしまい、ずるずると結婚までの期間が伸びてしまうことも。「◯円貯まったら結婚する」、「◯年間だけ同棲生活を味わう」など、目的を持って同棲をすることがポイントです。

2. お互いの生活スタイルを尊重する

 生活スタイルは人によって、全く違うもの。同棲したからといって、必ず朝ご飯を一緒に食べなければならない、休日は一緒に過ごさなければならない、という雰囲気を作ってしまうと、本来の生活スタイルとかけ離れた生活になってしまい、徐々にストレスを感じてしまうケースも多いです。

 そのため、最低限のルールだけは決めて、お互いの生活スタイルを尊重することが大切。仕事などの環境によっても生活スタイルは変わるため、定期的に話し合いの場を設けて、ストレスなく過ごせるようにお互いが思いやりを持ちましょう。

3. 家事役割の分担はきちんと行う

 結婚を前提に同棲をする場合には、家事分担についてはきちんと話し合っておくことをおすすめします。なぜなら、同棲から結婚をした場合には、よっぽどの環境の変化がない限りは、結婚後にもその習慣が続いていくからです。

「女性が家事をしてくれるだろう」と考える男性は多いですが、小さな不満が積もり積もって、破局の原因になってしまうことも。どちらか一方に負担が大きくならないように、ケース・バイ・ケースで柔軟な対応を。お互いが助け合う習慣を付けるようにしましょう。

4. マンネリを防ぐ工夫をする

 同棲生活と切っても切り離せないのが「マンネリ化」です。デートの際に精一杯のおしゃれをして出かけていた彼女が、常にすっぴん、裸で部屋を歩き回っているとどうしても女性としての魅力は半減してしまいますね。(もちろん、その逆も然りですが!)

「好きだから安心して素を見せられる」という部分はもちろんあるのですが、男性は「女性らしくいてほしい」と思うもの。飽きさせないためにも、女性らしさを忘れないようにしましょう。

 時に待ち合わせをしてデートをしたりなど、常に新鮮な気持ちを持ち続けられるようにマンネリ防止の工夫をしてみると良いですね。

5. 具体的な同棲の期間を決める

 結婚を意識して同棲を始める場合には、具体的な期間を決めることも重要!責任がない「同棲」は、ある意味とても楽に思えてしまう場合もあります。お互いに結婚願望が強ければ良いですが、どちらか一方が結婚をしたいと強く願っている場合には、同棲をしたことを後悔してしまうかもしれません。

 ただし、「二年以内に結婚する」など漠然とした期間の決め方ではダメ。「◯月◯日に入籍をする」など、数字を絡めて具体的に決めておくと、なあなあにならずに済むでしょう。

同棲は相手をいかに許せるかを知る結婚へのステップ

同棲でお互いの価値観がわかったからこそ…(写真:iStock)
同棲でお互いの価値観がわかったからこそ… (写真:iStock)

 結婚は幸せなものでもありますが、実は、妥協と隣り合わせにあるものだと思います。結婚前に同棲する一番のメリットは、相手を許せるor許せないのボーダーラインを見つけられることではないでしょうか。

 私は、夫と10年ほど付き合った後に同棲して結婚しました。「同棲」という響きに憧れたものの、実際のところはただ家が一緒になって楽しいなぁというくらいで、不自然さや新たな発見は何一つなかったことを覚えています。(笑)

 でもそれは、長年付き合ってきた中で、お互いの長所や短所を見てきたからのこと。上記でも書きましたが、一定期間のお付き合いをしてからの同棲には賛成!

 せっかくの同棲なのですから、「これくらいはカバーできる」「ここは改善して欲しい」と、価値観をすり合わせつつ寄り添い合って、人生のパートナーとして良い関係を築けるかどうかを見極めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ