“人生経験値が浅い夫”が妻の知人に吐いた残念すぎる暴言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-25 06:12
投稿日:2019-09-25 06:00
 人生経験値が浅すぎる男を夫にすると、とんだ赤っ恥をかく展開が待っているかもしれません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな夫が、妻の仕事関係者に口にした“残念すぎる暴言”を3選ご紹介します。

1:「定食4つ」の怪事件

飲み会なのに定食?(写真:iStock)
飲み会なのに定食? (写真:iStock)

「この前、自宅の近い職場同僚と、初めて夫婦ぐるみで近くで飲もうってことになって、夫を連れて行ったんです。

 お店は、地元で愛されている小料理屋だったんですが、席に座ってオーダーを選ぶなり、夫が『じゃあ“おまかせ定食”4つでいいですか?』と、真顔で言いました。

 相手のご夫婦が一瞬『え?』っておっしゃったんですが、夫には聞こえなかったらしく、そのまま定食を4人前注文。

 飲みに行こうって話だったのに、なぜか定食を4人で黙々と食べることになり、なんとも後味が悪かったです…」(39歳女性/不動産)

 ◇  ◇  ◇

 お酒を楽しむ席では、いきなりご飯ものを頼まないスタイルも一般的だけに、最初から定食を頼まれてしまうと、飲み会というより食事になってしまいがち。この夫に悪気はなかったのかもしれませんが、みんながお酒を飲む気マンマンなときほど、場の空気が白けそうですね。

2:残念夫の妄想ワールドへようこそ!

夫婦喧嘩話をでっちあげる夫にイラッ(写真:iStock)
夫婦喧嘩話をでっちあげる夫にイラッ (写真:iStock)

「うちの夫はもともと、ちょっと話を盛るクセがあるんです。

 そしたらこの前、私の職場の人たちの飲み会に顔を出した夫が、やらかしました…。

 共通の話題がなかったから『何か面白いこと話さなくちゃ』と思ったのかもしれないけど、いきなり作り話の夫婦喧嘩話をでっち上げ、面白おかしく語り始め、その場にいるみんなは相槌に困り、ドン引き。

 その話の内容が、私がキレただの激怒しただのって話で、かなり不快でしたが、場を壊すわけにもいかないから、私は苦笑いするしかなく…。

 後日、親しい職場の人から『変わった旦那さんだね』って言われちゃいましたけど、あの話はすべて作り話だって打ち明けたら、さらにドン引きされました…」(36歳女性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 面白ネタを話そうとして、スベってしまう夫もいますが、それが作り話となると……。妻は困惑しかありません。

3:女性のいるお店に…

妻の前での「キャバクラ行きたい」発言にドン引き(写真:iStock)
妻の前での「キャバクラ行きたい」発言にドン引き (写真:iStock)

「取引先の女性社長と、夫婦ぐるみで食事をしたときに、その旦那さんからいきなり『あんまり行ったことがないんで、今度キャバクラに、連れて行ってください!』と言われて、ドン引きしました。

 横には自分の妻もいますし、その発言を聞いた女社長も、ギョッとしていましたね。

 とりあえずその話を流そうと思って、テキトーに返事をしたら『楽しみにしています。いつにしますか?』ってたたみかけられ、もはや逃げ場がなくなり……。

 仕方なしに日にちを決めたんですが、初対面だし、さらには妻たちがいる前で『今度キャバクラに』って、すごいこと言う人だなぁ…って思いましたよ。

 あの旦那さんじゃ、奥さん大変だろうなって同情しましたね。

 あ、一緒に行く気はさらさらなかったので、後から、その約束はキャンセルしました」(40歳男性/専門職)

 ◇  ◇  ◇

 女性がいるお店を男の付き合いで訪れる人も少なくないけれど、妻のいる場で「行きたい」と発言するとはツワモノです。妻の前でそういった話題を出したくない男性も多そうなだけに、人生経験値が足りなかったのでしょうか。

まとめ

 夫の残念発言によって、妻の立場が悪くなる場合もあります。人生経験値が浅い男を選んでしまうと、とんでもないKY発言に苦しめられるかもしれません…。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ