目が腫れた時の対処法! 泣きたい夜&翌朝にできる7つのこと

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-27 06:00
投稿日:2019-09-27 06:00
 悲しいことや嫌なことがあった時、女性は思い切り泣いて消化し、次へと進んでいくもの。でも、翌朝にボコボコと目が腫れてしまって、せっかくのスッキリ気分が台無しになってしまうのは避けたいですよね。そんなどうしようもなく目が腫れてしまった時に、ぜひ試していただきたい対処法をお伝えします。

目を腫れさせない!泣きたい夜にできる3つの対処法!

泣きたい日もある…(写真:iStock)
泣きたい日もある… (写真:iStock)

 泣いた翌日に目を腫れさせないためには、泣く時から目の腫れ予防をしておくことが肝心!頭に入れておくと、いざという時に役立ちますよ。

1. 目をこすらない

 泣いた次の日の朝に目が腫れてしまうのは、まぶたを手でこすってしまうことが原因!血液や毛細血管から出る組織液などがまぶたに溜まってしまい、腫れてしまうのです。

 そのため、泣く時にはゴシゴシと目をこすらないこと!ハンカチやタオルで抑えたりもNGです。摩擦を避けて、涙を流しっぱなしにするようにしましょう。

2. 血行を促進させる

 泣いた後には、まぶたに溜まった組織液や血液を流してあげるために、血行を促進させるようにしましょう。ホットタオルを当てたり、温かいお風呂に浸かってじんわりと体の芯から温めると、翌日腫れにくくなります。

3. 仰向けに寝る

 泣いた後には仰向けに寝るようにするのも、目の腫れ防止のポイントです。うつ伏せで寝てしまうと、まぶたがむくみやすくなってしまうため、注意するようにしましょう。

 また、この時、できれば枕は高めにして寝ると、まぶたに溜まった組織液が体に流れやすくなるため、目が腫れにくくなりますよ。

翌朝それでも目が腫れたら?即効性のある4つの対処法!

ホットタオルでまぶたの血行を良くする(写真:iStock)
ホットタオルでまぶたの血行を良くする (写真:iStock)

 しっかり対策をしたのに、気づけばうつ伏せで寝てしまって目が腫れてしまった!そんな時こそ慌てずに、目の腫れを解消する即効性のある対処法をチェックしていきましょう。

1. ホットタオルと冷たいタオルを交互に当てる

 手軽にできるのが、ホットタオルと冷たいタオルを使った方法です。まぶたの血行を良くすることで、腫れを引かせてくれます。

 レンジで20〜30秒ほど温めた濡れタオルと、保冷剤を包んだ濡れタオルを2〜3分ずつ交互に目に当てるようにしましょう。

2. コットンでパック

 コットンに化粧水を含ませてまぶたの上に乗せ、パックを行うのも効果的です。5分ほどおくと良いでしょう。スキンケアがてら行えるため、おすすめです。

 ただし、化粧水が乾いてしまうまで乗せてしまうと、皮膚が薄い目の周りの乾燥を引き起こしてしまいます。化粧水が乾燥してきたら化粧水を追加するorパックを中止するようにしましょう。

3. スプーンでマッサージ

 スプーンを用意して、マッサージするのもおすすめ。アイホールよりも大きめのスプーンを用意して、裏側の丸い部分でまぶたの上を滑らせるように優しくマッサージしましょう。

 この時、できればアイクリームや美容液などを塗って滑りを良くして行うのが◎!肌への負担を軽減することができます。

4. メガネでごまかす

 時間がどうしてもない!そんな時にはメガネをさっとかけて、ごまかしちゃいましょう。特に、太いフレームのメガネだとまぶたを隠せるうえ、ファッションの一環として手軽に取り入れることができますね。

時には思い切り泣いて!目も心もスッキリ翌朝を迎えよう!

メガネでごまかすのもアリ!(写真:iStock)
メガネでごまかすのもアリ! (写真:iStock)

 以前、「1滴で1週間のストレス解消?強い女性こそ“涙活”のススメ」という記事の中でご紹介しましたが、泣くことはストレス発散になり、心のデトックス効果を得られる行為でもあります。

 目が腫れるのを気にして我慢するのではなく、時には思い切り泣いて、なおかつ、大人の女性のたしなみとして目の腫れ予防までできたら良いですね♪ しっかり泣いて、目も心もスッキリして、新しい素敵な朝を迎えてくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...
FILM
 毎月の給与明細を見ると、ゴッソリ引かれている健康保険料。正社員の人はもちろん、夫の扶養を外れたり、パート勤務にも社会保...