1日3杯のコーヒーで痩せる♪ 効果を出すタイミング&注意点

コクハク編集部
更新日:2019-09-18 06:00
投稿日:2019-09-18 06:00
「コーヒーは飲み過ぎると体に悪い」「ガンになる」など、コーヒーにまつわる悪い噂を耳にしたことがある方は多いはず。でも、最近の研究によると、実は1日3杯のコーヒーがダイエットや美容に役立つ効果があるということが分かってきたようなんです!
 そこで今回は、なぜコーヒーでダイエットができるのか? 効果を出す飲み方をご紹介します。

1日3杯のコーヒーで本当に痩せる? 3つのダイエット効果

 コーヒーに優れたダイエット効果があると言われるのは、含有されている「カフェイン」と「クロロゲン酸」という2大成分に秘密があります。

 この2つのダイエット効果を、まずは確認していきましょう。

1. 脂肪を燃焼させる

 カフェインとクロロゲン酸には、脂肪を分解して燃焼させる消化酵素「リパーゼ」という物質の働きを促進させる効果があります。ちなみにこの効果は、食事で入ってきた脂肪にも、もともとある脂肪にも作用するため、中性脂肪の改善や肥満予防効果にも期待できるようです。

2. 代謝をアップさせる

 カフェインには、血管を拡張して血行を良くする効果があります。血流が良くなると、体温が上がり、基礎代謝がアップ!痩せやすい体を作ることができます。また、血行が促進されるため、女性に多い肩こりや冷え性の改善にも役立ちます。

3. むくみを改善する

 コーヒーを飲むと、トイレが近くなる! と感じたことがある方は多いでしょう。カフェインには利尿作用があるため、体に溜まった老廃物や水分を排出。気になるむくみを改善させてくれます。

コーヒーダイエットのやり方! 効果的に飲むタイミング

 ここで、コーヒーダイエットのやり方を紹介します。より効率良く効果を出す方法についても、チェックしていきましょう。

【基本】1日1杯〜3杯を目安にブラックコーヒーを飲む

 コーヒーダイエットの基本は、1日1杯〜3杯のブラックコーヒーを毎食後に飲むという簡単な方法です。具体的に、どのように飲めば良いのかポイントを押さえていきましょう。

・アイスよりホットで飲む

 アイスコーヒーでもホットコーヒーでも、コーヒーのダイエット効果は得られます。しかし、より効果を高めたいのであれば、断然ホットがおすすめ!内臓がすぐに温まりますし、代謝アップ効果も上がります。ただし、クロロゲン酸は沸騰したお湯では死んでしまうため、80度くらいのお湯で作るようにしましょう。

・砂糖やミルクはできれば入れない

 どんなにコーヒーがダイエットに効果があっても、砂糖やミルクなどを入れると糖質や脂質の摂り過ぎになってしまう可能性も。また、砂糖は優先的に消費されるため、カフェインのダイエット効果を邪魔してしまうとも言われています。そのため、できればコーヒーはブラックで飲むようにしましょう。もしも、苦味が苦手であれば、無脂肪牛乳を入れるなど工夫すると良いですね。

おすすめの飲むタイミング

 コーヒーダイエットをするのであれば、飲むタイミングも重要!そこで、おすすめの3つのタイミングをお伝えします。

・食後

 上記でお伝えしたように、コーヒーダイエットの基本は、毎食後にブラックコーヒーを飲むのが鉄則。リサーチしてみたところ、ダイエット効果を高めたいのであれば「食前・食後の2回飲む」という説もありましたが、カフェインの過剰摂取は体に負担がかかりやすいため、適量を意識して飲むことが肝心です。

・運動をする20〜30分前

 コーヒーには脂肪燃焼効果があるため、運動をする20〜30分前に飲むのもおすすめ。実は、アスリートの中にはコーヒーの脂肪燃焼効果をトレーニングに活用している方もいるのだとか。コーヒーを飲んだ後には、できればジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると効果的!脂肪をどんどん燃やせるため、ダイエット効果を早く実感できるはずですよ。

・入浴前

 入浴時は血行が良くなり、脂肪燃焼効果がアップする時。コーヒーとの相乗効果に期待できます。半身浴などでじっくり汗をかいて、デトックスしましょう。また、お風呂に浸かるとリラックスを促す副交感神経が優位に働くため、ダイエット中のイライラの解消にも一役買ってくれるかもしれません。

コーヒーダイエットの注意点

 最後に、気を付けるべきコーヒーダイエットの注意点をお伝えしていきます。

飲み過ぎには注意

 コーヒー1杯のカフェイン含有量は約150ml。カフェインの摂取量の上限は、1日に約300〜350mlとされているため、1日に1〜3杯くらいが適量です。胃を傷めてしまったり、めまいや動悸などを引き起こす可能性があるため、飲み過ぎには注意するようにしましょう。

寝る前には飲まない

 コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるため、寝る前に飲んでしまうと安眠を妨げてしまう可能性があります。カフェインの効果は3〜4時間ほど。夕食後にコーヒーを飲む場合には、就寝時間から逆算して摂取するようにしましょう。

妊娠中〜授乳中は避ける

 基本的に妊娠中〜授乳中には、カフェインはNG! ママから赤ちゃんへと成分が届いてしまうため、避けるようにしましょう。授乳が終わり、産後ダイエットに取り組む時こそ、ぜひ試してみてください。ただし、カフェインレスのコーヒーにでも、クロロゲン酸は含有されているそうです。参考までに。

1日3杯のコーヒーで心も体も軽くなりましょう♡

 最近、コーヒーブランドのネスカフェでも「3 Coffee a day(1日3杯のコーヒー習慣がいい人生をつくります)」という運動が行われていますね。飲むだけで美容や健康が手に入るなんて、コーヒー好きにはまさに朗報! ではないですか?

 コーヒーには、ダイエット効果だけではなく、アンチエイジング効果のほか、動脈硬化や認知症を予防するなど、さまざまな健康効果がほかにもたくさんあるんです。1日3杯のコーヒーを飲むだけで、心も体も軽くなれたら最高ですね♪ ぜひ、ダイエットに美容に健康に、コーヒーを役立ててくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...