妻を自分に依存させる完全なる策略…真由さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-13 06:00
投稿日:2019-10-13 06:00
 深夜に壁を叩き、床を蹴って騒音を立てていた夫の奇行。何のためにあんなことをしていたのだろうか? 翌朝、夫と理事長の奥さんの会話を立ち聞きした真由さんは驚きの声をあげそうになりました。

あえて妻をマンション内の誹謗にさらしていた夫

なぜか優しい態度をとる夫…(写真:iStock)
なぜか優しい態度をとる夫… (写真:iStock)

「昨夜、大変だったみたいねえ……大丈夫でしたか、奥さん?」

「うるさくして、すみませんでした」

「いいえ、ご病気だから仕方ないですよ」

「いつもは俺が止めるんですが、昨夜は残業で……帰宅したらあんなでしょう、あわてて薬を飲ませて寝かせました。ほんとうに申し訳ありませんでした」

「いいえ、いいんですよ。ご主人が倒れないように気をつけてね」

 夫はわざと騒音を立て、真由さんのせいにするために、起こしてもいない発作をでっち上げている――。理事長の奥さんはそれを疑いもせず、それどころか夫をいたわっている――。事実無根の物語が作られ、マンションの住人たちは真由さんが発作を起こして暴れていると思っていたのです。全身の力が抜けて、真由さんは玄関にへたり込んでしまいました。

夫が真由さんを怒らなかった理由とは?



 放心していると、突然ドアが開いて夫が入ってきました。立ち聞きしていたことがバレてしまった――とっさに真由さんは身を縮めましたが、怒りのかわりに降ってきたのはいつになく優しい夫の声でした。「ごめんごめん、ご飯冷めちゃうね。おいで、早く食べよう!」

 真由さんは混乱しました。マンション住人に嘘をついていることを、いつも支配下に置いている妻に立ち聞きされたのですから怒って当然です。それなのに、なぜ夫は優しい態度を取ったのでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM