魔法の鍋! 自動調理鍋の購入でキッチンはどう変わったか?

内藤みか 作家
更新日:2019-10-14 06:00
投稿日:2019-10-14 06:00
 最近話題の自動調理鍋。材料を入れてスイッチを押すだけで、料理ができてしまうという優れもののようです。少しでもラクをしたい私は早速購入し、試してみました。ルンバなどのお掃除ロボット、スマートスピーカーに続くAI的3種の神器になるのでしょうか?

お掃除ロボとスマートスピーカーはどう便利?

家事が変わった!(写真:iStock)
家事が変わった! (写真:iStock)

 実は私自身は、お掃除ロボは持っていません。踏んで転んで壊してしまいそうで怖いからです。けれど、購入した私の友人は「本当にラク!」と愛用しています。

 掃除機をかける手間はそんなに長時間ではないですが、毎日だと、結構面倒なもの。それをロボットが代わりにやってくれるのですから、明らかにラクになったし、かなりお部屋はきれいになるそうで「まるで家にお掃除をしてくれるお手伝いさんがいるみたい」だそうですから、気になりますね。

 スマートスピーカーはキッチンで大活躍しています。スマートスピーカーが来てからキッチンタイマーは使わなくなりました。なにしろ「5分タイマー」と話せば、5分後にお知らせしてくれるのです。いちいち濡れた手を拭いてタイマーをいじる必要はありません。

 そして、コショウを切らした時なども声で「お買い物リストに『コショウ』入れて」と伝えればiPhoneにそれが文字で転送されるのでそのリストを見ながら買い物ができます。さらにゴキゲンなBGMまでかけてくれるのだから、最高です。

おかずを「炊いて」くれる自動調理鍋

こんなに美味しそうなカレーが完成(写真:内藤みか)
こんなに美味しそうなカレーが完成 (写真:内藤みか)

 お掃除ロボがお手伝いさん、スマートスピーカーが秘書だとしたら、自動調理鍋はなんでしょうか、やはりお手伝いさん的な役割だとは思いますが、想像以上に美味しいので、個人的にはシェフという感じです。

 料理の材料を入れ、スイッチを入れて約1時間ほどしたらおかずが出来上がっているのです。お米を入れてスイッチを押したらご飯ができる炊飯器とほぼ同じ構造なので、私はお米と一緒におかずを「炊いて」いる感じです。

 自動調理鍋が来てまだひとつきほどで、作ったのはカレー、シチュー、ポトフなど。レシピ以外にも勝手にキムチ鍋など作っています。おでんも作れるようなので冬場は活躍してくれそうで楽しみです。特筆すべきは鍋で作るときより水の量がかなり少なくて済むこと。なかには全く水を使わないでトマトなどの水分で調理ができる無水メニューも。試してみましたが、味に深みがあってよかったです。

食事を作らずに浮いた1時間でできること

浮いた時間を使って別のこともできる(写真:iStock)
浮いた時間を使って別のこともできる (写真:iStock)

 自動調理鍋が料理を代行する日は、私がすることは材料を鍋に放り込むだけ。今までキッチンに立ってフライパンと格闘していた時間がウソのように、ただ料理が出来上がるのを待つだけの静かな時間が訪れるのですから最初は夢かと思いました。わずか1時間、されど1時間です。その間にちょこちょこっと仕事をすることもできるし、余裕ができたのでレンジや冷蔵庫の掃除をすることも。

 鍋が来てから、かなり時間はトクしています。1年使うと私の自由時間が100時間増えたことになるかもしれません。これは無視できない数字です。鍋は数万円するのですが全然かまわないといえるくらいのオトクさです。いつも時間がない、と嘆いている忙しいワーキングウーマンにはかなりの勢いでお勧めしたいです。1〜2人分を作る小さめの鍋もあるので一人暮らしの人でもラクを味わえるはず。

いきなりしゃべるのが、ちょっとコワイ

どう過ごすかはあなた次第♪(写真:iStock)
どう過ごすかはあなた次第♪ (写真:iStock)

 不満はあるかというと、いきなりしゃべるということ。

 誰もいないキッチンで「いっしょけんめい加熱してますよ〜」などという声がするので、最初はホラー映画並みにビックリしました。しゃべるなんて知らなかったんで……。料理ができるまでに何度か喋るんですが、今はもう慣れました。

 あと、おでんにはんぺんを入れられないこと。膨らむから吹きこぼれてしまう危険があるんだとか。おでんにはんぺんはマストだと思っているのでどうしたものかと困っています。

 でもそのほかには今は特に不満はありません。ただ、やっぱりフライパンで作ったほうが完成時間は20〜30分ほど早いので、急いで食べたい時は、フライパン(私は深底フライパンでシチューなども作ります)ですね(もっと早いのは圧力鍋ですが今は持ってません)。でも30分遅めにできてもいいから自分の時間が欲しい! という時は最高です。料理ができるまでの1時間は、自動調理鍋からの贈り物だと思い、ありがたくちょうだいしています。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM