酸味と辛味でお酒がすすむ「イカとレタスのチョレギサラダ」

コクハク編集部
更新日:2019-10-29 06:00
投稿日:2019-10-29 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は横浜の焼肉店「そうる肉食堂 承」の三原承達さんに、忙しい日でもささっと作れる「イカとレタスのチョレギサラダ」のレシピを教えていただきました。

プリプリ、シャキシャキの食感ハーモニー

合うお酒=日本酒(C)コクハク
合うお酒=日本酒 (C)コクハク

 何か作りたいけど、手間のかかるものは面倒くさい。出来合いのものは嫌だし、野菜も取りたい……。そんな人にオススメなのが、このチョレギサラダです。

 作り方は簡単。ボイルしたイカのゲソを冷水で締め、ザク切りしたレタスとあえるだけ。火も包丁も使うとはいえ、あっという間に出来ちゃいますよ。

「ドレッシング代わりの三杯酢は醤油、砂糖、酢をそれぞれ1対1対2で混ぜて作る。そこにすりおろしたニンニク、煎りゴマ、気持ち程度のゴマ油を入れて完成です。ウチでは自家製のソースで辛くしていますが、家庭では荒唐辛子をトッピングするとちょうどいいでしょう」

 プリプリしたイカに、シャキシャキのレタス。酢が全体を引き締めているので、ゴマ油の風味はほのかにしますが、油っぽさはありません。このすっきりした味わいには、冷酒がオススメですよ。

【材料】

・イカのゲソ 50~70グラム
・レタス 1/4
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・酢 大さじ2
・ニンニク 2かけ
・煎りゴマ 適量
・ゴマ油 小さじ1
・荒唐辛子 適量

【レシピ】

1. 醤油、砂糖、酢で三杯酢を作り、そこにすりおろしたニンニク、煎りゴマ、ゴマ油を混ぜる。
2. イカゲソをボイルし、冷水で締めてから適当な大きさに切る。レタスはザク切りで、食べやすいようにカット。
3. 1のドレッシングで2をあえて完成。荒唐辛子を好みでかけ、辛さを調節する。

本日のダンツマ達人…三原承達さん

▽みはら・しょうたつ
 1970年1月生まれ。21歳で横浜の繁華街、福富町に焼き肉店をオープン。「自分のやりたい店の形が見つかった」と、2年前に「そうる肉食堂 承」を開いた。

▽そうるにくしょくどう しょう
 客が焼くのではなく、「料理人が焼いた肉を出す」スタイルの焼き肉店。「生ビールorサワーorホッピー」に、ナムル盛り合わせプラス2品で1000円のセットが人気。牛骨を8時間煮込んだスープを使用する「そうるうどん」も評判。
神奈川県横浜市中区若葉町2―15 若葉町共同ビル
℡045・341・0505
営業時間11~15時、17~22時

(日刊ゲンダイ2018年6月15日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...