酸味と辛味でお酒がすすむ「イカとレタスのチョレギサラダ」

コクハク編集部
更新日:2019-10-29 06:00
投稿日:2019-10-29 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は横浜の焼肉店「そうる肉食堂 承」の三原承達さんに、忙しい日でもささっと作れる「イカとレタスのチョレギサラダ」のレシピを教えていただきました。

プリプリ、シャキシャキの食感ハーモニー

合うお酒=日本酒(C)コクハク
合うお酒=日本酒 (C)コクハク

 何か作りたいけど、手間のかかるものは面倒くさい。出来合いのものは嫌だし、野菜も取りたい……。そんな人にオススメなのが、このチョレギサラダです。

 作り方は簡単。ボイルしたイカのゲソを冷水で締め、ザク切りしたレタスとあえるだけ。火も包丁も使うとはいえ、あっという間に出来ちゃいますよ。

「ドレッシング代わりの三杯酢は醤油、砂糖、酢をそれぞれ1対1対2で混ぜて作る。そこにすりおろしたニンニク、煎りゴマ、気持ち程度のゴマ油を入れて完成です。ウチでは自家製のソースで辛くしていますが、家庭では荒唐辛子をトッピングするとちょうどいいでしょう」

 プリプリしたイカに、シャキシャキのレタス。酢が全体を引き締めているので、ゴマ油の風味はほのかにしますが、油っぽさはありません。このすっきりした味わいには、冷酒がオススメですよ。

【材料】

・イカのゲソ 50~70グラム
・レタス 1/4
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・酢 大さじ2
・ニンニク 2かけ
・煎りゴマ 適量
・ゴマ油 小さじ1
・荒唐辛子 適量

【レシピ】

1. 醤油、砂糖、酢で三杯酢を作り、そこにすりおろしたニンニク、煎りゴマ、ゴマ油を混ぜる。
2. イカゲソをボイルし、冷水で締めてから適当な大きさに切る。レタスはザク切りで、食べやすいようにカット。
3. 1のドレッシングで2をあえて完成。荒唐辛子を好みでかけ、辛さを調節する。

本日のダンツマ達人…三原承達さん

▽みはら・しょうたつ
 1970年1月生まれ。21歳で横浜の繁華街、福富町に焼き肉店をオープン。「自分のやりたい店の形が見つかった」と、2年前に「そうる肉食堂 承」を開いた。

▽そうるにくしょくどう しょう
 客が焼くのではなく、「料理人が焼いた肉を出す」スタイルの焼き肉店。「生ビールorサワーorホッピー」に、ナムル盛り合わせプラス2品で1000円のセットが人気。牛骨を8時間煮込んだスープを使用する「そうるうどん」も評判。
神奈川県横浜市中区若葉町2―15 若葉町共同ビル
℡045・341・0505
営業時間11~15時、17~22時

(日刊ゲンダイ2018年6月15日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...