負け惜しみを言わないと気が済まない 夫の屁理屈フレーズ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-09 06:00
投稿日:2019-11-09 06:00
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意味な負け惜しみを口にするタイプもいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな夫たちが言いがちなセリフを3選ご紹介します。

1:「必要ないと思ったから」

自分の行動を正当化しようとする(写真:iStock)
自分の行動を正当化しようとする (写真:iStock)

 妻が、ズボラな夫に対し「なんでやらないの?」とイライラをぶつけるシーンは、どの家庭でもよくある光景。一般的には、そんな妻からの指摘に対し、渋々ながらも動き出す夫も多いものです。

 ところが、負け惜しみが口癖な夫ほど、そんな妻にひとこと言わないと気が済まないようで「俺は必要ないと思ったから」と、自分の行動を正当化するセリフを口にする傾向が。妻としては、ズボラな夫が“不必要”を理由に、怠惰な生活をしていることにイライラが募ります。

 ちなみに、家族単位ではなく、自分にとっての“必要or不必要”で行動基準を定めるあたりは、サイコパス的な資質もあり、やや厄介な口癖でもあるでしょう。

2:「前にキミがダメって言ったでしょ?」

自分の非をどうしても認めたくない(写真:iStock)
自分の非をどうしても認めたくない (写真:iStock)

 負け惜しみを言い返さないと気が済まない夫は、とにかく妻からの指摘をすんなりと受け入れるのが大の苦手。そのため、妻に何かを指摘されると、悔しさから「でもさ、前にキミがダメって言ったでしょ?」などと、メチャクチャな理屈で反論しようとします。

 この“前に言った”の内容は、同様あるいは類似の事例に基づく話ではなく、まったく見当違いの出来事を引き合いに出し「キミがダメって言ったから、今回もダメだと思っただけ」と、捨てゼリフのように理不尽な言い訳をし、さらなる妻のイライラを招きがちです。

3:「俺の常識では違うから」

こんな状態では話し合いもできない(写真:iStock)
こんな状態では話し合いもできない (写真:iStock)

 あまりにも非常識、あるいは怠惰な夫に対して、思わず“常識”を引き合いに出して夫を動かそうとする妻も少なくありません。しかしそんな妻の的確な指摘に対し、負け惜しみを言わないと気が済まない夫ほど「いや、俺の常識では違うから」と、さも自分が正しいかのような口ぶりで正当化を狙います。

 恋人時代、常識が似ていて価値観が合うと思ったからこそ家族になったはずなのに……。負け惜しみ夫の放つ「俺の常識」と自分の常識の大きなズレが判明し、愕然とする妻も少なくないのが実態です。

 ◇  ◇  ◇

 妻から何かを言われたときに、それが的確な指摘や意見であるほど、負け惜しみを言わないと気が済まない男性も、一定数存在します。そんな男性が我が夫となれば、不必要なイライラに悩まされる日常が待っているかもしれません。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:18 ラブ
FILM
 離婚の報告ってしづらいですよね。親しい間柄の人ならともかく、たまに連絡を取る程度の知人にはしにくいもの。とはいえ、結婚...
七味さや 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 都内では休業しているホストクラブも多く、夜遊びしたいのにできないオトナ女子が大量発生中です。そんななか、人気ホストさん...
内藤みか 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 現在、彼氏がいる人は、どんな時に「彼がいてよかった」と感じますか? そう感じた瞬間、彼氏に対しての愛情がグッと高まる方...
恋バナ調査隊 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ誰とでも楽しく遊ぼう、と思えるほどにはコロナも収束せず、家で悶々と過ごしている...
ミクニシオリ 2020-05-27 06:12 ラブ
FILM
「恋愛をしたい」と思っている人の中には、過去の辛い経験からトラウマを抱えてしまっている人もいるでしょう。「彼氏がほしいの...
恋バナ調査隊 2020-05-27 06:17 ラブ
FILM
 あなたは、1日にどのくらいLINEをしていますか?友達同士であれば、一度に何度もやり取りをしている方も多いかもしれませ...
恋バナ調査隊 2020-05-26 06:06 ラブ
FILM
 好きな人との距離が縮まると、「あれ?これってもしかして両思い?」と感じる瞬間があります。しかし、確信がないと不安に感じ...
恋バナ調査隊 2020-05-26 06:00 ラブ
FILM
 大人になればなるほど、恋愛に対して不器用になってしまう人も多いでしょう。そこで今回は、大人はどんな瞬間に「両思い」を感...
恋バナ調査隊 2020-05-25 06:00 ラブ
FILM
 前回は多様なセクシュアルのひとつであるデミセクシュアルの特徴を記しました。続いて、デミセクシュアルの抱えやすい問題を取...
うかみ綾乃 2020-05-25 06:00 ラブ
FILM
 女性お笑いコンビの「阿佐ヶ谷姉妹」は6畳1間で同棲していることでも有名でしたが、物が増えたことをきっかけに現在は同棲を...
七海 2020-05-24 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。外見の好みも人それぞれですが、特にイケメンとお付き合いするとライバルも出てき...
山崎世美子 2020-05-23 06:00 ラブ
FILM
 ステイホームが日常となり、各家庭でもライフスタイルの変容を余儀なくされました。鬼嫁がいる家庭では、トンデモルールが制定...
並木まき 2020-05-23 06:00 ラブ