負け惜しみを言わないと気が済まない 夫の屁理屈フレーズ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-09 06:00
投稿日:2019-11-09 06:00
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意味な負け惜しみを口にするタイプもいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな夫たちが言いがちなセリフを3選ご紹介します。

1:「必要ないと思ったから」

自分の行動を正当化しようとする(写真:iStock)
自分の行動を正当化しようとする (写真:iStock)

 妻が、ズボラな夫に対し「なんでやらないの?」とイライラをぶつけるシーンは、どの家庭でもよくある光景。一般的には、そんな妻からの指摘に対し、渋々ながらも動き出す夫も多いものです。

 ところが、負け惜しみが口癖な夫ほど、そんな妻にひとこと言わないと気が済まないようで「俺は必要ないと思ったから」と、自分の行動を正当化するセリフを口にする傾向が。妻としては、ズボラな夫が“不必要”を理由に、怠惰な生活をしていることにイライラが募ります。

 ちなみに、家族単位ではなく、自分にとっての“必要or不必要”で行動基準を定めるあたりは、サイコパス的な資質もあり、やや厄介な口癖でもあるでしょう。

2:「前にキミがダメって言ったでしょ?」

自分の非をどうしても認めたくない(写真:iStock)
自分の非をどうしても認めたくない (写真:iStock)

 負け惜しみを言い返さないと気が済まない夫は、とにかく妻からの指摘をすんなりと受け入れるのが大の苦手。そのため、妻に何かを指摘されると、悔しさから「でもさ、前にキミがダメって言ったでしょ?」などと、メチャクチャな理屈で反論しようとします。

 この“前に言った”の内容は、同様あるいは類似の事例に基づく話ではなく、まったく見当違いの出来事を引き合いに出し「キミがダメって言ったから、今回もダメだと思っただけ」と、捨てゼリフのように理不尽な言い訳をし、さらなる妻のイライラを招きがちです。

3:「俺の常識では違うから」

こんな状態では話し合いもできない(写真:iStock)
こんな状態では話し合いもできない (写真:iStock)

 あまりにも非常識、あるいは怠惰な夫に対して、思わず“常識”を引き合いに出して夫を動かそうとする妻も少なくありません。しかしそんな妻の的確な指摘に対し、負け惜しみを言わないと気が済まない夫ほど「いや、俺の常識では違うから」と、さも自分が正しいかのような口ぶりで正当化を狙います。

 恋人時代、常識が似ていて価値観が合うと思ったからこそ家族になったはずなのに……。負け惜しみ夫の放つ「俺の常識」と自分の常識の大きなズレが判明し、愕然とする妻も少なくないのが実態です。

 ◇  ◇  ◇

 妻から何かを言われたときに、それが的確な指摘や意見であるほど、負け惜しみを言わないと気が済まない男性も、一定数存在します。そんな男性が我が夫となれば、不必要なイライラに悩まされる日常が待っているかもしれません。

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ