デキる女は睡眠上手!逆効果にならない「寝だめ」をマスター

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-01-11 06:45
投稿日:2019-11-10 06:00
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフォーマーとして活躍している中村康宏医師に話を伺いました。体得すると得られるメリットとともにお伝えします。

仕事が終わらない!でも、思い切って寝る!

おねむ(写真:iStock)
おねむ (写真:iStock)

――前回、ヘルスリテラシーを実践するための1つが「眠る時間量を一定に決めること」とおっしゃっていました。忙しく働く現代人には難題かもしれませんが……。

中村康宏医師(以下、中村医師) 忙しいからこそ、毎日の起床時間から逆算して寝る時間を決めましょう。日本人は先進国の中でも労働時間が長く、「ただ休んでいるだけだから」「寝ている時間がもったいない」と、睡眠時間を削る人が多いのですが、睡眠は生理機能の重要なひとつです。脳とカラダの回復に大きく関わるため、しっかりと眠るだけですぐに体調が良くなることを実感できるはずです。

 多くの人は起きる時間は決まっているのに、目の前にある「やるべきこと」に気を奪われて、眠りにつくのが遅くなるため、その結果、睡眠時間を減らしてしまっています。ヘルスリテラシーの観点からいえば、大切なのは就寝時間を一定に設定することなのです。

 アメリカのセレブや日本の優秀な経営者は、起床時間が一定しています。彼らは、その日のうちにやるべきことが終わらなかったとしても、思い切って寝てしまえば翌日は集中力が高まり、パフォーマンスが上がると知っているからです。残業や飲み会などの予定に振り回されるのではなく、自分で自分の生活をコントロールして、体内時計を整えているのです。

【あわせて読みたい】夢物語の2000万円より老後に役立つ「ヘルスリテラシー」とは

――毎日の起床時間から逆算して寝る時間を決めるのは、仕事がある日は実行できても、休日は寝だめする人もいるかもしれません。

中村医師 睡眠時間に大きな差があると、「社会的ジェットラグ(時差ボケ)」(※1)を引き起こしてしまいます。ただし、休日は平日と多少の誤差があってもいいですし、二度寝をしてもいいと思います。

寝だめは3時間がベター

 時差を基準に睡眠時間を調整してみてください。たとえば日本とヨーロッパの時差は7時間ほどあります。平日と休日に7時間も睡眠時間に差があると、カラダが不調を訴えるはずです。一方で、日本とフィジー共和国の時差は3時間程度。このぐらいでしたら体内時計が大きく狂うことはありません。

 平日と休日の睡眠時間の差を3時間ほどにとどめ、まずは1週間の継続を目標に始めてみてください。行動が定着して「カラダが軽い!」「集中力が倍増した!」と、確実な変化を実感できるはずです。ヘルスリテラシーは「眠る時間を一定に決めること」「朝食は必ず摂る」「運動」の3つが基本軸ですが、“まずは継続1週間”は睡眠以外の2つにもいえることです。

体内時計を整えるといいこと尽くし

イライラ軽減…お花でも飾ってみる?(写真:iStock)
イライラ軽減…お花でも飾ってみる? (写真:iStock)

――体内時計を整えることで、女性が得られるメリットはありますか。

中村医師 睡眠によってカラダが休まり疲れがとれるのは、2つのホルモンが関連しています。「成長ホルモン」と「メラトニン」です。

成長ホルモンは酸化ストレスを除去し、ダメージを受けた細胞を修復する役割があり、夜寝ている時に最も多く分泌されます。メラトニンは睡眠を導くホルモンとして知られていますが、このホルモンはビタミンCより強力な抗酸化作用を有します。寝る前のビタミンCより自前のメラトニンを出す努力をしたほうが、CP(コストパフォーマンス)がいいのです。

オンナの敵「肌荒れ、イライラ、便秘解消」にも期待

 体内時計を整えるとこの2つのホルモンがしっかりと分泌されるようになるため、肌荒れが改善されます。内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールしている自律神経が乱れる幅が抑えられ、偏頭痛やPMS、便秘の症状が軽くなる効果も期待できます。

***
 次回は朝食は必ず摂る重要性について紹介します。

※1…社会的制約(仕事、家事など)がある平日の睡眠と、制約のない休日の睡眠との差によって起きる、就寝・起床リズムのズレ。

(C)コクハク
(C)コクハク

なかむら・やすひろ▽医師。顧問ドクター。アメリカ公衆衛生学修士。関西医科大学卒業後、虎の門病院で勤務。病気発症予防・増悪予防の必要性を痛感し、米ニューヨークへ留学。現地クリニックで予防医療の最前線を学びながら、大学院で公衆衛生修士号を修得。帰国後は、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」を開業し、院長を務め、未病治療・健康増進のための医療を提供。著書は「HEALTH LITERACY NYセレブたちがパフォーマンスを最大に上げるためにやっていること」(主婦の友社)他、共書も多数。

ライフスタイル 新着一覧


せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
出会いと別れの季節…去りゆく“にゃんたま”に一抹の寂しさ
 春は出会いと別れの季節。縁とは不思議なもの、いままで多くのにゃんたま君たちとの出会いと別れがありました。  きょ...
トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!
「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話する...