無理不要!「超ワンパターンな朝食」で仕事への活力と健康を

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2019-11-14 10:01
投稿日:2019-11-12 06:00
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフォーマーとして活躍している中村康宏医師に話を伺いました。体得すると得られるメリットとともにお伝えします。
新聞紙に包むと早く熟すよ(写真:iStock)
新聞紙に包むと早く熟すよ (写真:iStock)

――ヘルスリテラシーを身につけるためには「朝食は必ず摂る」ことの重要性を教えてください。

中村康宏医師(以下、中村医師) 理由は主に2つあります。

1. 体内時計をリセットする

 人間の体内時計は、24時間より少し長めの周期でリズムを刻んでいます。そのため、そのままにしておくと少しずつ後ろにズレていきますので、毎朝しっかりとリセットする必要があります。

 実は、体内時計は1つだけではありません。カラダ全体の調整を担当するメインの「中枢時計」は、脳の視床下部の一部にあります。さらに、胃腸や肝臓などの組織に「抹消時計」が、そして細胞に「細胞内時計」という、サブの時計が存在しています。

 朝の光で進む中枢時計と、食事によってその日をスタートする抹消時計のリズムを合わせ、体内で“時差ボケ”を起こさないために、朝食は絶対に抜いてはいけないのです。

2. 血糖値の急上昇を防ぐことで体調不良から解放され、太りにくいカラダを手に入れる

 朝食を抜くと、眠りから活動へと向かうスイッチが入らないだけではなく、血糖値上昇ホルモンと呼ばれているグルカゴンの分泌が活発になります。空腹時間が長くなればなるほど、何かを口にした時、一気に血糖値が跳ね上がり、その後、反動で急降下します。

 血糖値がガクンと下がると、眠気やだるさ、イライラ、頭痛、吐き気などが起こるため、仕事のパフォーマンスがガタ落ちしてしまうのです。

 それに血糖値の急上昇は、太る原因にもなります。朝食を摂り血糖値を上げておくと、昼の血糖値急上昇が予防でき、太りにくい効果を享受することができます。これを「セカンドミール効果」(※1)と呼びます。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報です。今回は書籍、「心を元気に...
FILM
 1回目のデートのお誘いはくるものの……なぜか2回目につながらない。この後展開はあるの? ないの? とモヤモヤした気持ち...
FILM
 寒い日が続くけど、風もなく穏やかな日。  きょうは、港で出逢ったにゃんたま君の絶妙なチラリズムです。  友...
FILM
 日本では多くの社会人が、運動不足だと言われています。一日の多くの時間を占める「仕事」においても、ひと昔前とは随分と事情...
FILM
「お花が好きなのにお花屋さんには行きたくない!」ちょっとした宴席で、初めてお会いする方からだいぶ衝撃的なお言葉をいただき...
FILM
 やわらかい日差しと蒼い空。  そんな朝はカメラを持って『にゃんたまω散歩』に出かけよう。  にゃんたま君に...
FILM
「何かあったわけでもないのに、なんとなく憂鬱な気持ちが抜けない……」  それはもしかしたら軽度な鬱かもしれません。冬は...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私はお酒があまり強くなくてほぼ飲まないのですが、飲み会やデートをすると「飲まないの? 飲んだほうがいいよ!」と無理やり...
FILM
 私もそろそろ、にゃんたまωのプロになってきたので、  隙間からチラっと見える感じで、どんな立派なものが存在するの...
FILM
 恋愛や人間関係に思い悩んだ末、意見を聞いてみたくなって誰かに秘密を打ち明けたことがある方は多いでしょう。でも、うっかり...
FILM
 都内のナンパの聖地として長く君臨する銀座・コリドー街。最近では恵比寿に追い上げられ、東京の出会いの街は激戦となっていま...
FILM
 昨年末の紅白歌合戦をご覧になった方、大変多いと思います。ワタクシは仕事中でございましたので、お正月にゆっくりと拝見させ...
FILM
 子どもの頃、「今日が終わってほしくない」と思ったことがある人は多いでしょう。でも、社会人になって5年も過ぎると、「最近...
FILM
 この世で一番かわいい球体ってなあに?  それは、にゃんたまω!  きょうは、ブロック塀の上を歩いてやってき...