好きな人といると眠くなる理由8選! 実はポジティブな眠気?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-11-27 06:00
投稿日:2019-11-27 06:00
 好きな人といると、なぜか眠くなってしまうことってありませんか? せっかく会えたから起きていたいのに……そんな風に落ち込んでしまう方も多いでしょう。でも、実はその眠気は、ポジティブに捉えることができるのかも。

実は良いこと!? 好きな人といる時に眠くなる理由

なぜか眠くなってしまう…(写真:iStock)
なぜか眠くなってしまう… (写真:iStock)

 さっそく、好きな人といる時に眠くなってしまう理由についてお伝えしていきます。気づけば2人で眠ってしまうことがよくあるのであれば、すごく幸せなことなのかもしれません。

幸せホルモンが分泌されている

 好きな人とハグやキスをすると、幸福な気持ちになれますよね。この時、体の中では「幸せホルモン」と言われるオキシトシンが活発に分泌されると言われています。

 このオキシトシンは愛情を促進させる効果があると同時に、眠気を誘うホルモンでもあります。つまり、好きな人といることで幸せを感じているからこそ、眠くなってしまうということなんです。

好きな人の匂いでリラックスできる

 好きな人と抱き合った時、「良い匂い!」と思ったことがある方は多いはず。実は人間には無意識に匂いを嗅ぎ分ける能力が備わっていて、自分と相性の良い相手の匂いを「良い匂い」と感じるようにできているそう。

 そして、好きな人の匂いは、リラックスや安心感をもたらしてくれます。心も体も満たされることによって、眠気が生じているのです。

会えることが楽しみで眠れなかった

 好きな人と会う前日、楽しみで気持ちが募ってなかなか睡眠が取れなかったというのも、眠気を感じる理由の1つでしょう。睡眠不足は肌のコンディションにも影響しますし、できれば万全の状態でデートには臨みたいもの。でも、こればっかりは仕方ありません!

 彼に正直に「楽しみで眠れなかった」と打ち明けてみると、きっと眠そうにしているあなたの姿にも愛おしさを感じてくれるはずです。

体温が上がるから

 人は緊張&興奮状態にあると体温が上がります。そして、脳が体温が上がった体を休めようとすると、眠気を感じやすくなるのです。

 つまり、好きな人といて緊張をすることで、眠気を感じているということ。また、会う前には緊張を感じていたのに、会うと安心して心が開放されることで眠くなることもあります。

恋愛初期の緊張感が解けてきているから

 恋愛初期にはとにかくドキドキして、眠気を感じるどころではありません。むしろ、不眠に悩んでしまう方もいるでしょう。実はこれは、フェニルエチルアミンという恋愛ホルモンの仕業で起こっていること。

 でも、お付き合いが始まって3カ月以上の時間が経っているのであれば、情熱で盛り上がっているだけのような恋愛ではだんだんとなくなってきます。これにより、一緒にいる時に気持ちが緩んで眠気を感じてしまうのです。

 しかし、これは「冷めた」ということではありません。関係が熟し始めてきていることで、彼のことを信頼する気持ちが高まり、緊張がほぐれている証拠でもあるのです。

ネガティブ要素もある! こんな眠気には要注意!

体調不良ならまず休息を(写真:iStock)
体調不良ならまず休息を (写真:iStock)

 好きな人といる時の眠気の理由は、上記で挙げたポジティブなものだけではありません。次に、要注意の眠気について、お伝えしていきます。

体調不良・疲れているから

 人間ですから、体調不良や疲れを感じることはもちろんあります。しかし、その反面、好きな人と会ったら体調の悪さや疲れなんてどこかに飛んで行ってしまうくらい、相手のことを好きな気持ちが勝ってしまうことは多々あるでしょう。

 体調不良などの理由があるとはいえ、眠気が優位に立ってしまうということは、好きな人へのあなたの気持ちが薄くなっている可能性も考えられます。そんな時に義務感で会ったりすると雰囲気を悪くしたり、相手を心配させてしまう原因にもなるため、体を休めて様子を見てみた方が良いこともあるでしょう。

退屈しているから

 交際期間が長くなってくると、いつも同じデートに退屈して眠気を感じているケースもありますね。要は「マンネリ」です。

 2人して気持ち良く眠れて満足できるようであれば良いですが、もしも、「1日を無駄に過ごしてしまった」なんて考えるようであれば、危険信号!関係が悪化しないうちに、彼に普段と違うデートプランを提示してみると良いでしょう。

どうでも良いと考えているから

 好きであるはずの人をどうでも良いと感じ始めた時、デート中に眠ってしまう方は多いようです。自分の気持ちが分からない場合には、彼に起こされた時の自分の態度で判断しましょう。イライラしたりとネガティブな感情が強いようであれば、彼と起きているよりも寝ていた方が良いと心のどこかで判断しているということ。

 今は良くても今後の交際に響いてくる可能性があるため、一度彼とのお付き合いについてよく考えた方がよいかもしれません。

“好き故の眠気”について話してみるのも良いのかも♪

リラックスしている証拠だから♪(写真:iStock)
リラックスしている証拠だから♪ (写真:iStock)

 大昔、男性は狩りに出て、女性は家を守っていました。どちらも、常に気が張っている状態だったんですね。そんな中、男女が揃った時に心からの安心が生まれ、ようやく眠りにつくことができたのでしょう。

 実は、この時代の習慣が現代人にも受け継がれていると言われています。つまりは、好きな人の前だからこそ無防備な姿をさらけ出して眠れる、ということなんですね。

 でも、デート中にいつも眠そうにしていると、「つまらないのかな」と思われてしまうこともあるかもしれません。そんな時はぜひこの記事を使って、“好き故の眠気”について話してみるのも良いのかも♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ