キャッシュレス払いは賢く!クレジットカードとの付き合い方

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-08 09:41
投稿日:2019-12-08 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 オリンピックが近づいていることや経済産業省の推進もあり、キャッシュレス決済が広く認知されることになりました。これまで現金主義を貫いていた人も「クレジットカードを使った方がお得なんじゃないか」とか「アプリで管理できるペイって便利だな」という気づきがあったことでしょう。

 筆者も日頃からキャッシュレス決済を取り入れていますが、キャッシュレス決済のデメリットを挙げるなら「現金よりお金を使っている感覚がない」ことだと思います。そこで、キャッシュレス払いの“いいとこ取り”を叶えるべく、クレジットカードとの上手な付き合い方を見てみましょう。

キャッシュレス払いのメリットとデメリット

小銭にバイバイ(写真:iStock)
小銭にバイバイ (写真:iStock)

 キャッシュレス払いのメリットといえば、小銭をいちいち取り出す必要がないことです。クレジットカードには、決済するごとにポイントが付与されるものがほとんど。ポイントの使いどころを多く持つカード、例にあげるなら“楽天カード”であれば楽天の通販でポイントを利用して欲しいものが買えたり、楽天Edyにポイントを交換してEdy残高として使うことができます。ほかにも、さまざまなポイントの使い道が用意されています。

 キャッシュレス払いを利用していると多くのお金を持ち歩く必要がないため、買い物時も身軽です。急にお金が必要になっても「ATM手数料、無駄にしちゃったな」「ATMどこだろう?」ということが少なくて済むのです。

 クレジットやペイを利用できる場は確実に増えましたから、「スマホケースに免許証とクレジットカードを入れるだけで生活できる」という人も増えました。筆者も長財布が入らないバッグなどを持つときは、スマホケースにカードだけいれて出かけることもあります。

 デメリットといえるのは、カードに何らかの障害が起きた時と使いすぎた時ですね。システム的なエラーは頻度的にはそんなに高くないですし、ペイやクレジットカードなどのキャッシュレス払いの方法を複数持っていれば対応できるでしょう。

 ただ、「クレジットカードを持っていると、お金を使っている感覚がなくなる」という人が一定数いまして、これは多少の改善をした方が良さそうです。「ポイントがつくからカードでの買い物はいいこと」と認識している人は、その使い方を考えないと現金主義だった時より損をする可能性もありますよ。

キャッシュレス払いをいいとこ取りで利用するための方法3つ

 キャッシュレス払いに魅力を感じつつも、使いこなすまでが苦労を要しますよね。そこで、キャッシュレス払いをいいとこ取りで利用するための方法を3つ伝授しましょう。

1. 家計簿アプリを利用する

 家計簿アプリを利用するのも方法の一つです。スマホに無料の家計簿アプリをダウンロードして、あらかじめ、アプリ内で「キャッシュレス払い」という項目を作ります。そして、予算を定めましょう。クレジットで買い物をするたびに入力すれば、リアルタイムで反映されるので状況が理解しやすいです。

 クレジットカードのアプリがある会社もありますが、リアルタイムで反映されているわけではないため、「使ったけれど、明細に記録されていない」ということがよくあります。家計簿アプリでキャッシュレス払いの控えを持っておくと自分を客観視できて使いすぎを防止できるので、「キャッシュレス払いが怖い」という感情を抱きにくくなりますよ。

2. プリペイド式のクレジットカードを利用

 使いすぎが怖い人は、最初に現金でチャージができて、チャージ分でしか買い物ができない仕組みのプリペイド式のクレジットカードを利用するといいでしょう。プリペイド式なので、“審査がない”のも嬉しいポイントです。コンビニや口座からチャージできるので、とても利便性が良いです。

 筆者は、食費などを「LINEカード」というプリペイド式のクレジットカードに毎月チャージしています。ポイントもたまるし、「予算を守る」という認識ができるのでオススメです。LINEアプリで残高も確認できますし、クレジット不可の公共料金を払うためのコードをスキャンして払うことができるので便利です!

3. オートチャージ機能は本当に必要な分のみ利用

 オートチャージ機能の使用は、必要最低限でいいでしょう。オートチャージ機能を利用すると使っていないのにチャージされてクレジットを利用したことになるので、家計簿が複雑になってしまいます。

 例えば、1000円以下で3000円オートチャージと設定してしまうと、たとえ999円残っていても3000円がチャージされることになり、残高が3999円になります。この3999円をコンスタントに利用する機会があればいいですが、そうでなければこのチャージされた分を含んだ3999円の使い道に困ってしまいますよね。

 また、残っている残高を家計簿に記入する時に「繰越」として書くのか、既にクレジットで3000円をチャージとして払っているために「クレジット利用分」として記入するのかも悩みます。悩んだ末に「面倒臭い」と感じるようになれば使うことが億劫になりますし、「分からないけれど、支出が増えていた」という原因になりがちです。

キャッシュレス払いを賢く利用するには工夫が必要

貯まったポイントでまたお買いものができる(写真:iStock)
貯まったポイントでまたお買いものができる (写真:iStock)

 キャッシュレス払いを賢く利用するには、工夫が必要です。「使っている感覚がない」と感じる人ほど、「クレジットカードって怖い」という感情を抱きがち。しかし、キャッシュレス払いをすることで、もらえるポイントの機会損失や還元を受けられないのはとても残念なことです。キャッシュレス払いとのいい距離感を早めに掴むことが、賢く生活するポイントになるでしょう。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ライフスタイル 新着一覧


BTSハグキス騒動は日本人犯人説も…弁護士に聞く“推し活セクハラ”境界線
 韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)のJIN(ジン)が開催したイベント「2024 FESTA」に参加した女性ファ...
若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春炸裂の面白いLINE3選
 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届...
接待はキャバクラより断然スナック! “クセつよ”ママが教えるメリット5つ
 スナックといえば、近所の人や馴染みの常連さんだけでワイワイやる飲み屋なイメージですが、実はけっこう接待で使っていただけ...
上司の理不尽なセリフ5選「奢るから飲みに行こう」に発狂しそうなワケ
 上司にイラついている人、集合! 今回は、よくある上司の理不尽なセリフを特集してみました。上司にイライラしている人はあな...
本当にいらない…結婚式「地雷な引き出物」と「喜ばれるギフト」の線引き
 結婚式参列時にもらう引き出物。嬉しいものもある反面、「正直いらない…」と迷惑系もありますよね…。今回はもらっても正直困...
今日は大事な集会にゃん♪ お手入れに余念のない“たまたま”を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私が“孫”を会わせたくない理由3つと円満解決術 何かあってからでは遅い
 祖父母にとって、孫は目に入れても痛くないほど可愛い存在ですよね。でも、時には親として「どうしても祖父母(実の両親や義両...
青い星「ブルースター」は夏の暑さに強い!ポット苗見つけたら即買いで☆
 ご近所にとても仲良くしてくださっている老夫婦が住んでいます。四六時中仕事で不在のワタクシを見るにみかねて、我が家でじっ...
噂のローソン福袋でYES節約、NOダイエット!発見したら即GETすべし
 ローソンは2024年6月で49周年。49周年のローソン創業祭はお得な企画が盛りだくさんです!  その中でも「ロー...
夫の会社でマウントされモヤモヤ…私が女友達に抱いた違和感の正体とは?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  今回は、先日...
恋のカリギュラ効果? 追えば追うほど逃げる“たまたま”にメロメロ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
風のない日に思うこと
 風は吹いていないのに草は吹かれた時のままの姿。  強い力に身を任せて生きていると曲がった姿のまま、  戻れ...
【難解女ことば】漢検準2級「嫡嗣」なんて読む?画数は「27」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...