年末年始の帰省で見抜いてあげたい 老親の秘めた5つのSOS

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-18 06:00
投稿日:2019-12-18 06:00
 お正月というと豪勢な料理が並び、久々に会う親族との談笑が弾む楽しい時間。いつもは仕事が忙しい人でも、年末年始にはまとまった休暇を取れることも多いでしょう。でも、ちょっと不謹慎なことを言わせていただくと、意外と帰省のタイミングで親族の介護問題が明るみになる場合もあります。
「うちの親?ピンピンしてるから大丈夫!」という人も多いと思いますが、帰省のタイミングだけでも気にかけてあげてくださいね。

年末年始の帰省でリアルさが増す! 親族の介護問題

親族が集まるタイミングだからこそ(写真:iStock)
親族が集まるタイミングだからこそ (写真:iStock)

 近年の日本は、核家族化が進んでいます。「家つき、カーつき、ババア抜き」なんて言葉がありますが、結婚と同時に長男も家を出る時代。義実家、あるいは自分の慣れ親しんだ実家の人と離れて暮らすことも多いです。

 筆者も「今の奥さんはいいわねぇ。お姑さんやお舅さんの気を遣わなくていいから……」なんてこと、高齢者によく言われました。義実家と物理的な距離感を表すのに、昔はよく「味噌汁が冷めない距離くらいがちょうどいい」なんて言われていましたが、帰省するのに「丸一日かかる」なんて人も現代は珍しくないかもしれません。

 年末年始は、親族がそれだけで集まる理由になる特別なシーズンです。いくら遠方に住んでいても、この時ばかりは新年の挨拶に出向く人も多いでしょう。そして、思うことがあるんだそうです。「私のお母さん、こんなにネガティブだったっけ?」「こんなに面倒臭がりだった?」

 もしかして……?

 そう。年末年始に自分の親族の介護問題を目の当たりにする人って、結構いるんです。この時にしっかり見抜いておくと、今後「もしも」の時に容易に比較しやすくなります。そのためにも、帰省では親族の健康チェックを欠かさずに行いましょう!

年末年始の帰省で見抜く介護問題! チェックしたい5つのこと

冷蔵庫の中もチェックしておきたい(写真:iStock)
冷蔵庫の中もチェックしておきたい (写真:iStock)

 高齢である親族に「元気だった?」と聞くと、十中八九「元気だよ」と答えが返ってくるでしょう。でも、ちょっと考えていただきたいのは、年末年始のお祝いムードの最中に「具合が悪い」など、不安を漏らす人ってどのくらいいるのでしょうか。おそらく、高齢であるほどその場の空気を読んで、自分の言い分は我慢するはず。昔の人ほど、我慢しなくていいことも我慢してしまう傾向にありますから。

 現代人は忙しいからこそ、頻繁に帰省ができません。本人に聞けないとなれば、年末年始に“さりげなく介護の必要性をチェック”しませんか?

1. 毎年行っていた慣習がない

 毎年のように行っていた“鏡もち作り”など、その家庭の慣習が行われていない時は、その理由を聞きましょう。全てにおいて“やる気がない”というのは、高齢者にとって精神的な落ち込みが疑われます。毎年行っていた慣習ができないのはなぜか、しっかりと聞くことが大事です。

2. 楽しそうにしていない

 年末年始に大勢の親族が集まると、それはそれは楽しい時間になるはず。しかし、高齢者が浮かない顔つきをしていたら注意が必要です。空気が読めないセリフを発したり、会話についていけない様子が見られたら、相手の話を理解していない可能性もあります。不眠で連日よく寝られていない場合も、顔つきが暗くなりがち。意識して表情をチェックしたいものです。

3. 孫や子供の名前がスムーズに出てこない

 孫や子供の名前がスムーズに出てこないのも、少し不審な点として挙げられます。似たような名前については高齢者でなくても呼び間違えが起こりやすいですが、「自分の孫と子どもを間違える」などの間違いには注意が必要。自分の子どもが幼い時の記憶と、現在の孫が混同している場合もあるからです。

 このような場合は、すでに認知症の見当識障害が出ている場合があります。こまめに電話などで連絡を取り、本人の生活の状況を確認した方が良さそうです。

4. 立ち上がりや歩行の状態が危なっかしい

 立ち上がったときのふらつきや歩行時の足の引きずりなど、変化がないか見てみましょう。「去年は健脚だった」としても、今年の状態がどうなのかを見ておくのが大切です。高齢者の場合、むくみがひどい場合にも脚を引きずることがあります。歩行が危ういと、日頃の生活で転倒するリスクも高くなってしまうでしょう。

 転倒して骨折などした場合は入院となり、筋力低下などを招いて寝たきりの生活になることも。杖を購入してあげたり、住宅改修をして手すりをつけるなど、早めにリスクヘッジしておくと安心です。

5. 冷蔵庫が空っぽ

 年末年始というのに、冷蔵庫が異様にガランとしているのも注意が必要です。お祝い事にもかかわらず、それらしい食べ物はおろか、飲みものさえ入っていないことも少なくありません。冷蔵庫を意識して空にしている訳ではないかどうかは、野菜や惣菜の賞味期限を見れば分かります。

「炊事ができていない、家事能力がない」という判断は、それだけで介護を必要とする理由になります。日頃は何を食べているのか、洗濯はどうしているかを確認するといいでしょう。

年末年始は親族が集まるシーズンだから「介護」も考えやすい

遠くない未来のことを話し合っておきたい(写真:iStock)
遠くない未来のことを話し合っておきたい (写真:iStock)

 年末年始は、親族が無条件に集まる時期です。「親が介護状態になった」という深刻な問題の元に集まっている訳ではないので、もしもの時のことも比較的話しやすい状態にあります。

「正月早々、縁起でもない」なんて言わずに、楽しい年末年始をこれからも続けていくためにも早めのジャッジをしておくだけ損はないと思いますよ。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...
FILM
 毎月の給与明細を見ると、ゴッソリ引かれている健康保険料。正社員の人はもちろん、夫の扶養を外れたり、パート勤務にも社会保...
FILM
 子どもって、これをやったらダメだっていうことをわかっていても、あえてイタズラして親の気を引こうとすることありますよね。...
FILM
 今年は夏バテせず、運動不足のコロナ太りも相まって、体重は記録更新中。  そしてもうすぐ、天高く馬肥ゆる秋(てんた...