年末年始の帰省で見抜いてあげたい 老親の秘めた5つのSOS

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-18 06:00
投稿日:2019-12-18 06:00
 お正月というと豪勢な料理が並び、久々に会う親族との談笑が弾む楽しい時間。いつもは仕事が忙しい人でも、年末年始にはまとまった休暇を取れることも多いでしょう。でも、ちょっと不謹慎なことを言わせていただくと、意外と帰省のタイミングで親族の介護問題が明るみになる場合もあります。
「うちの親?ピンピンしてるから大丈夫!」という人も多いと思いますが、帰省のタイミングだけでも気にかけてあげてくださいね。

年末年始の帰省でリアルさが増す! 親族の介護問題

親族が集まるタイミングだからこそ(写真:iStock)
親族が集まるタイミングだからこそ (写真:iStock)

 近年の日本は、核家族化が進んでいます。「家つき、カーつき、ババア抜き」なんて言葉がありますが、結婚と同時に長男も家を出る時代。義実家、あるいは自分の慣れ親しんだ実家の人と離れて暮らすことも多いです。

 筆者も「今の奥さんはいいわねぇ。お姑さんやお舅さんの気を遣わなくていいから……」なんてこと、高齢者によく言われました。義実家と物理的な距離感を表すのに、昔はよく「味噌汁が冷めない距離くらいがちょうどいい」なんて言われていましたが、帰省するのに「丸一日かかる」なんて人も現代は珍しくないかもしれません。

 年末年始は、親族がそれだけで集まる理由になる特別なシーズンです。いくら遠方に住んでいても、この時ばかりは新年の挨拶に出向く人も多いでしょう。そして、思うことがあるんだそうです。「私のお母さん、こんなにネガティブだったっけ?」「こんなに面倒臭がりだった?」

 もしかして……?

 そう。年末年始に自分の親族の介護問題を目の当たりにする人って、結構いるんです。この時にしっかり見抜いておくと、今後「もしも」の時に容易に比較しやすくなります。そのためにも、帰省では親族の健康チェックを欠かさずに行いましょう!

年末年始の帰省で見抜く介護問題! チェックしたい5つのこと

冷蔵庫の中もチェックしておきたい(写真:iStock)
冷蔵庫の中もチェックしておきたい (写真:iStock)

 高齢である親族に「元気だった?」と聞くと、十中八九「元気だよ」と答えが返ってくるでしょう。でも、ちょっと考えていただきたいのは、年末年始のお祝いムードの最中に「具合が悪い」など、不安を漏らす人ってどのくらいいるのでしょうか。おそらく、高齢であるほどその場の空気を読んで、自分の言い分は我慢するはず。昔の人ほど、我慢しなくていいことも我慢してしまう傾向にありますから。

 現代人は忙しいからこそ、頻繁に帰省ができません。本人に聞けないとなれば、年末年始に“さりげなく介護の必要性をチェック”しませんか?

1. 毎年行っていた慣習がない

 毎年のように行っていた“鏡もち作り”など、その家庭の慣習が行われていない時は、その理由を聞きましょう。全てにおいて“やる気がない”というのは、高齢者にとって精神的な落ち込みが疑われます。毎年行っていた慣習ができないのはなぜか、しっかりと聞くことが大事です。

2. 楽しそうにしていない

 年末年始に大勢の親族が集まると、それはそれは楽しい時間になるはず。しかし、高齢者が浮かない顔つきをしていたら注意が必要です。空気が読めないセリフを発したり、会話についていけない様子が見られたら、相手の話を理解していない可能性もあります。不眠で連日よく寝られていない場合も、顔つきが暗くなりがち。意識して表情をチェックしたいものです。

3. 孫や子供の名前がスムーズに出てこない

 孫や子供の名前がスムーズに出てこないのも、少し不審な点として挙げられます。似たような名前については高齢者でなくても呼び間違えが起こりやすいですが、「自分の孫と子どもを間違える」などの間違いには注意が必要。自分の子どもが幼い時の記憶と、現在の孫が混同している場合もあるからです。

 このような場合は、すでに認知症の見当識障害が出ている場合があります。こまめに電話などで連絡を取り、本人の生活の状況を確認した方が良さそうです。

4. 立ち上がりや歩行の状態が危なっかしい

 立ち上がったときのふらつきや歩行時の足の引きずりなど、変化がないか見てみましょう。「去年は健脚だった」としても、今年の状態がどうなのかを見ておくのが大切です。高齢者の場合、むくみがひどい場合にも脚を引きずることがあります。歩行が危ういと、日頃の生活で転倒するリスクも高くなってしまうでしょう。

 転倒して骨折などした場合は入院となり、筋力低下などを招いて寝たきりの生活になることも。杖を購入してあげたり、住宅改修をして手すりをつけるなど、早めにリスクヘッジしておくと安心です。

5. 冷蔵庫が空っぽ

 年末年始というのに、冷蔵庫が異様にガランとしているのも注意が必要です。お祝い事にもかかわらず、それらしい食べ物はおろか、飲みものさえ入っていないことも少なくありません。冷蔵庫を意識して空にしている訳ではないかどうかは、野菜や惣菜の賞味期限を見れば分かります。

「炊事ができていない、家事能力がない」という判断は、それだけで介護を必要とする理由になります。日頃は何を食べているのか、洗濯はどうしているかを確認するといいでしょう。

年末年始は親族が集まるシーズンだから「介護」も考えやすい

遠くない未来のことを話し合っておきたい(写真:iStock)
遠くない未来のことを話し合っておきたい (写真:iStock)

 年末年始は、親族が無条件に集まる時期です。「親が介護状態になった」という深刻な問題の元に集まっている訳ではないので、もしもの時のことも比較的話しやすい状態にあります。

「正月早々、縁起でもない」なんて言わずに、楽しい年末年始をこれからも続けていくためにも早めのジャッジをしておくだけ損はないと思いますよ。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 やわらかい日差しと蒼い空。  そんな朝はカメラを持って『にゃんたまω散歩』に出かけよう。  にゃんたま君に...
FILM
「何かあったわけでもないのに、なんとなく憂鬱な気持ちが抜けない……」  それはもしかしたら軽度な鬱かもしれません。冬は...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私はお酒があまり強くなくてほぼ飲まないのですが、飲み会やデートをすると「飲まないの? 飲んだほうがいいよ!」と無理やり...
FILM
 私もそろそろ、にゃんたまωのプロになってきたので、  隙間からチラっと見える感じで、どんな立派なものが存在するの...
FILM
 恋愛や人間関係に思い悩んだ末、意見を聞いてみたくなって誰かに秘密を打ち明けたことがある方は多いでしょう。でも、うっかり...
FILM
 都内のナンパの聖地として長く君臨する銀座・コリドー街。最近では恵比寿に追い上げられ、東京の出会いの街は激戦となっていま...
FILM
 昨年末の紅白歌合戦をご覧になった方、大変多いと思います。ワタクシは仕事中でございましたので、お正月にゆっくりと拝見させ...
FILM
 子どもの頃、「今日が終わってほしくない」と思ったことがある人は多いでしょう。でも、社会人になって5年も過ぎると、「最近...
FILM
 この世で一番かわいい球体ってなあに?  それは、にゃんたまω!  きょうは、ブロック塀の上を歩いてやってき...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私が婦人科検診で「異常あり」という診断を受けたのは25歳の時でした。それまで一度も考えたこともなかった「子宮頸がん」と...
FILM
 好きな人ができると舞い上がってどんどん攻めちゃいますよね。多くの女性はゆっくり恋愛をしている暇なんてないですし、ダメだ...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン、そしてズームイン!  きょうは、もふもふハート♡のにゃんたまです。  こ...
FILM
 こんにちは。今回は、気になる女性も多いピル(低用量ピル)についてお話していきたいと思います。経口避妊薬とも呼ばれるピル...
FILM
ありがたい天神様とご利益  ワタクシが住む神奈川は梅や桜の名所が大変に多く、とりわけ梅に関していえば、お正月を過ぎ...