自ら鬼嫁を生み出している…“鬼嫁メーカー”な夫の性格3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-29 06:00
投稿日:2019-12-29 06:00
「ウチの嫁、鬼なんです!」と語る男性たちの中には、気づかないうちに鬼嫁メーカーになっていそうなタイプも散見されます。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻を鬼嫁にしやすい夫の傾向に迫ります。

1:誰にでも優しいタイプ

鬼嫁になるのはワケがある(写真:iStock)
鬼嫁になるのはワケがある (写真:iStock)

 誰に対しても優しい男性は、妻以外の女性にも、必要以上の気遣いや思いやりを示してしまいがち。

 そして、そんな夫の行動は、妻から見ると“浮気の芽”にしか映っていない場合も珍しくありません。

 そこで、夫の浮気を事前に阻止したい心理が働く妻ほど、口やかましくなったり家庭内ルールを設けたりして、夫の行動を制約しようとするのも、ひとつの傾向です。

 夫が家庭以外にヘラヘラしているケースほど、女性が鬼嫁にならざるを得ないのも実情でしょう。

 夫が、妻にだけ特別扱いをするようになれば、鬼嫁のように振る舞う必要もなくなるかもしれないのに……。

2:隠れ「妻依存症」タイプ

要求がエスカレートするのは自分のせい(写真:iStock)
要求がエスカレートするのは自分のせい (写真:iStock)

 夫が依存体質で、妻に依存する度合いが高いほど、妻はそんな夫をコントロールすべく、アレコレと指示したりルールを設けたりする傾向も顕著です。

 そして、自分が妻に依存していることに気づいていない夫ほど、どんなに理不尽な要求にも従う悪循環に陥りやすい実態もあります。

「妻に言われたら、必ず従う」が常態化していると、妻から夫への指示も厳しいものへと発展しやすく、そんなルールに文句を言いつつも従う夫が、鬼嫁を育てているパターンもありがちなのです。

 妻への依存度を少し弱め、自立した精神をもつだけでも、妻が細かなルールを作らなくとも済むかもしれないのに……。

3:家庭内思考停止タイプ

私がしっかりしなきゃ…(写真:iStock)
私がしっかりしなきゃ… (写真:iStock)

 まるで思考が停止しているかのように、自分からは物事を考えない、さらには決して動かない夫がいると、妻は「私がしっかりしないと」と、なりがち。

 その結果として、夫への要求が厳しくなったり夫の行動への文句が増えたり……といった、鬼嫁っぽい行動が目立つパターンも少なくありません。

 自分からは何ひとつ提案しない、積極的に行動しない……といった夫のやる気のない態度が、運命共同体である妻を不安にさせ、不必要に強くしているパターンも頻繁に見受けられます。

 夫がもうちょっと頼りがいのあるタイプになれれば、妻も鬼嫁な一面を出さずに済むかもしれないのに……。

まとめ

「嫁が鬼嫁すぎて泣ける」と言いつつ、自ら鬼嫁を育む環境を作ってしまう男性たち。夫婦間のパワーバランスは、長年の蓄積による結果であるケースも多いのではないでしょうか。

 文句や不満を抱えながらも、自ら居心地の悪い環境を作り出してしまうとは、なんとも理不尽なお話ですよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ