自ら鬼嫁を生み出している…“鬼嫁メーカー”な夫の性格3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-29 06:00
投稿日:2019-12-29 06:00
「ウチの嫁、鬼なんです!」と語る男性たちの中には、気づかないうちに鬼嫁メーカーになっていそうなタイプも散見されます。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻を鬼嫁にしやすい夫の傾向に迫ります。

1:誰にでも優しいタイプ

鬼嫁になるのはワケがある(写真:iStock)
鬼嫁になるのはワケがある (写真:iStock)

 誰に対しても優しい男性は、妻以外の女性にも、必要以上の気遣いや思いやりを示してしまいがち。

 そして、そんな夫の行動は、妻から見ると“浮気の芽”にしか映っていない場合も珍しくありません。

 そこで、夫の浮気を事前に阻止したい心理が働く妻ほど、口やかましくなったり家庭内ルールを設けたりして、夫の行動を制約しようとするのも、ひとつの傾向です。

 夫が家庭以外にヘラヘラしているケースほど、女性が鬼嫁にならざるを得ないのも実情でしょう。

 夫が、妻にだけ特別扱いをするようになれば、鬼嫁のように振る舞う必要もなくなるかもしれないのに……。

2:隠れ「妻依存症」タイプ

要求がエスカレートするのは自分のせい(写真:iStock)
要求がエスカレートするのは自分のせい (写真:iStock)

 夫が依存体質で、妻に依存する度合いが高いほど、妻はそんな夫をコントロールすべく、アレコレと指示したりルールを設けたりする傾向も顕著です。

 そして、自分が妻に依存していることに気づいていない夫ほど、どんなに理不尽な要求にも従う悪循環に陥りやすい実態もあります。

「妻に言われたら、必ず従う」が常態化していると、妻から夫への指示も厳しいものへと発展しやすく、そんなルールに文句を言いつつも従う夫が、鬼嫁を育てているパターンもありがちなのです。

 妻への依存度を少し弱め、自立した精神をもつだけでも、妻が細かなルールを作らなくとも済むかもしれないのに……。

3:家庭内思考停止タイプ

私がしっかりしなきゃ…(写真:iStock)
私がしっかりしなきゃ… (写真:iStock)

 まるで思考が停止しているかのように、自分からは物事を考えない、さらには決して動かない夫がいると、妻は「私がしっかりしないと」と、なりがち。

 その結果として、夫への要求が厳しくなったり夫の行動への文句が増えたり……といった、鬼嫁っぽい行動が目立つパターンも少なくありません。

 自分からは何ひとつ提案しない、積極的に行動しない……といった夫のやる気のない態度が、運命共同体である妻を不安にさせ、不必要に強くしているパターンも頻繁に見受けられます。

 夫がもうちょっと頼りがいのあるタイプになれれば、妻も鬼嫁な一面を出さずに済むかもしれないのに……。

まとめ

「嫁が鬼嫁すぎて泣ける」と言いつつ、自ら鬼嫁を育む環境を作ってしまう男性たち。夫婦間のパワーバランスは、長年の蓄積による結果であるケースも多いのではないでしょうか。

 文句や不満を抱えながらも、自ら居心地の悪い環境を作り出してしまうとは、なんとも理不尽なお話ですよね。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ