自ら鬼嫁を生み出している…“鬼嫁メーカー”な夫の性格3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-29 06:00
投稿日:2019-12-29 06:00
「ウチの嫁、鬼なんです!」と語る男性たちの中には、気づかないうちに鬼嫁メーカーになっていそうなタイプも散見されます。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻を鬼嫁にしやすい夫の傾向に迫ります。

1:誰にでも優しいタイプ

鬼嫁になるのはワケがある(写真:iStock)
鬼嫁になるのはワケがある (写真:iStock)

 誰に対しても優しい男性は、妻以外の女性にも、必要以上の気遣いや思いやりを示してしまいがち。

 そして、そんな夫の行動は、妻から見ると“浮気の芽”にしか映っていない場合も珍しくありません。

 そこで、夫の浮気を事前に阻止したい心理が働く妻ほど、口やかましくなったり家庭内ルールを設けたりして、夫の行動を制約しようとするのも、ひとつの傾向です。

 夫が家庭以外にヘラヘラしているケースほど、女性が鬼嫁にならざるを得ないのも実情でしょう。

 夫が、妻にだけ特別扱いをするようになれば、鬼嫁のように振る舞う必要もなくなるかもしれないのに……。

2:隠れ「妻依存症」タイプ

要求がエスカレートするのは自分のせい(写真:iStock)
要求がエスカレートするのは自分のせい (写真:iStock)

 夫が依存体質で、妻に依存する度合いが高いほど、妻はそんな夫をコントロールすべく、アレコレと指示したりルールを設けたりする傾向も顕著です。

 そして、自分が妻に依存していることに気づいていない夫ほど、どんなに理不尽な要求にも従う悪循環に陥りやすい実態もあります。

「妻に言われたら、必ず従う」が常態化していると、妻から夫への指示も厳しいものへと発展しやすく、そんなルールに文句を言いつつも従う夫が、鬼嫁を育てているパターンもありがちなのです。

 妻への依存度を少し弱め、自立した精神をもつだけでも、妻が細かなルールを作らなくとも済むかもしれないのに……。

3:家庭内思考停止タイプ

私がしっかりしなきゃ…(写真:iStock)
私がしっかりしなきゃ… (写真:iStock)

 まるで思考が停止しているかのように、自分からは物事を考えない、さらには決して動かない夫がいると、妻は「私がしっかりしないと」と、なりがち。

 その結果として、夫への要求が厳しくなったり夫の行動への文句が増えたり……といった、鬼嫁っぽい行動が目立つパターンも少なくありません。

 自分からは何ひとつ提案しない、積極的に行動しない……といった夫のやる気のない態度が、運命共同体である妻を不安にさせ、不必要に強くしているパターンも頻繁に見受けられます。

 夫がもうちょっと頼りがいのあるタイプになれれば、妻も鬼嫁な一面を出さずに済むかもしれないのに……。

まとめ

「嫁が鬼嫁すぎて泣ける」と言いつつ、自ら鬼嫁を育む環境を作ってしまう男性たち。夫婦間のパワーバランスは、長年の蓄積による結果であるケースも多いのではないでしょうか。

 文句や不満を抱えながらも、自ら居心地の悪い環境を作り出してしまうとは、なんとも理不尽なお話ですよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 飛び抜けて美人なわけではないのに、なぜかモテる女性っていますよね。そんな女性は、感覚で男性の心を鷲掴みにする法則を身に...
恋バナ調査隊 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 元夫とは決定的な価値観の違いがあってうまくいかなかった。ならば今度は、その価値観が合致する人と付き合えば上手くいくんじ...
七味さや 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 密になることを避け気味になっていた最近の社会では、よりパーソナルなサービスを利用する人が増えたと感じています。たとえば...
内藤みか 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 男性の中には、本命彼女がいるのにそのことを隠してアプローチしてくる人がいます。そんな男性には、共通する特徴があるような...
恋バナ調査隊 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ