寂しいデートの別れ際どうしてる?絆を深めるバイバイの方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-03 06:00
投稿日:2020-01-03 06:00
 楽しいデートであればあるほど、寂しくなるのが別れ際。でも、このデートの別れ際は男性に感謝や好きな気持ちを伝える大切な時間でもありますね。そこで、絆を深めるバイバイの方法、お伝えしていきます。

デートの別れ際にやってしまいがちな4つのNG行動

別れ際は好きな気持ちを伝える大切な時間(写真:iStock)
別れ際は好きな気持ちを伝える大切な時間 (写真:iStock)

 まずは、デートの別れ際に男性をがっかりさせてしまうNG行動から見ていきましょう。

1. 時間がなくてバタバタとする

 電車の時間が迫っていたりと時間がなくてバタバタと別れてしまうと、せっかくのデートが慌ただしい気持ちで終わってしまいます。

 別れが寂しいのは、彼も同じ。余韻に浸れる余裕を持って、帰りの時間をセッティングしましょう。

2. 無駄に引きとめる

 名残惜しい気持ちは分かりますが、無駄に引き止めるのはやめましょう。多少のワガママは可愛く見られるかもしれませんが、しつこい別れ際は男性をうんざりさせてしまうかもしれません。

3. 過剰なスキンシップを求める

 駅などの公共の場所で抱き合ったりキスをしたりして別れを惜しむカップルがいますが、相手によっては過剰なスキンシップを好まない男性もいます。周りから見ても見苦しいかも?ベタベタするのはせめて、2人だけの時間に留めておきましょう。

4. あっさり帰る

「寂しい」と言葉では言いながらも、あっさり帰ってしまう女性に対して男性は物足りなさを感じてしまいます。すぐに立ち去るのではなく、少しくらいは振り返って欲しいという男性が多いようでした。

 しつこくてもダメですが、あっさりもダメなのが別れ際。難しいものですね。

デートの別れ際、絆を深めるバイバイの方法

感謝の気持ちをちゃんと伝える(写真:iStock)
感謝の気持ちをちゃんと伝える (写真:iStock)

 デートの別れ際のNG行動を頭に置きつつ、次に男性との絆が深まる別れ際の方法をお伝えしていきます。

今日の感謝を伝える

 初めてのデートやお付き合いしたばかりの時には、「ありがとう」の言葉が当たり前だったはず。でも、デートの回数を重ねると、二人でいる時間が当たり前になって感謝の気持ちを伝えることを忘れてしまいがち。

 楽しかった、嬉しかった、そんな気持ちをきちんと伝えること、これは、長続きカップルの秘訣でもあります。デートの別れ際には、きちんと今日の感謝を伝えましょう。

適度なスキンシップを取る

 別れ際に適度なスキンシップを取るのも大切。お家デートであれば、熱いキスやハグも良いでしょう。でも、公共の場では握手をしたり、腕に絡みついてみるくらいで留めておくと良いですね。

 軽い触れ合いでも、「離れたくない」という気持ちはきっと男性に伝わるはずですよ。

笑顔で振り返って手を振る

 あっという間に2人の時間が過ぎて別々のところに帰るのは寂しいものですが、泣いたり引きとめたりするのは若いカップルの特権!(笑)

 大人だからこそ、寂しくても笑顔で振り返って手を振りましょう。別れ際の女性の姿は、男性の頭にきっと残ります。その時のあなたの笑顔を思い出して「今日は楽しかったな」と、温かい気持ちになったり、「またすぐに会いたいな」という気持ちが芽生えてくれることでしょう。

デートの帰り際にどうしても寂しくなった時の対処法

別れ際に寂しくなってしまったら?(写真:iStock)
別れ際に寂しくなってしまったら? (写真:iStock)

 喧嘩をして仲直りができた時や、二人の記念日など、どうしても別れがたい時ってありますよね。そこで最後に、別れ際にどうしても寂しくなった時の対処法についてもお伝えします。

ちょっとだけ回り道をお願いする

 シーンにもよりますが、「ちょっとだけ回り道して帰ろう!」とお願いしてみましょう。数分しか変わらないかもしれませんが、一緒にいられる時間が少しでも増えるって嬉しいものです。

 ただ、重たい恋愛を好まないあっさりしたタイプの男性であれば、逆効果になってしまうかも。カップルの関係性にもよるので、塩梅を見て試してみてください。

連絡を取り合いながら帰る

 バイバイをした後、LINEなどで連絡を取り合いながら帰るのもおすすめ。今日のデートのお礼をあらためて伝えつつ、「今日はこうしてくれて嬉しかった」「今度はこんなところに行きたいね」など、次のデートに繋がる話をするのも良いでしょう。

 また、駅からの帰り道や、家に着いてから電話をする約束をするのも良いかもしれません。「声が聞けるんだ!」と思うと、寂しい気持ちは少し紛れるはずです。

状況が許すなら帰るのをやめる

 お互いに好きな気持ちが募った時、喧嘩をしたままの別れ際は、帰っても気持ちが落ち着かないもの。状況が許すのであれば、いっそ帰るのをやめてしまうのも手かもしれません。「帰るのやめちゃおうかな」と素直に相談してみましょう。

 でも、これはもちろん彼も同じ気持ちであることが大前提。早起きしなければならない時や、仕事で忙しい時にそんなことを伝えても迷惑になってしまうかもしれませんから、状況を読んでくださいね。

「後引きしぐさ」に学ぶ別れ際もおすすめ

寂しい気持ちはぐっと押さえて(写真:iStock)
寂しい気持ちはぐっと押さえて (写真:iStock)

 江戸時代からある「後引きしぐさ」という言葉をご存知ですか?これは、「別れ際に相手が振り向いた時、自分の後ろ姿を見せているのは失礼」という考え方。もともとは江戸の商人たちが、人間関係をスムーズに行う知恵として行っていたことだそうです。

 感謝を伝えたり触れ合ったりして名残惜しい別れ際を越えた後でもなお、「相手が振り返った時に目と目が合う」って素敵。好きな気持ちが凝縮されて伝わる気がするのは、私だけでしょうか。

 “終わり良ければ全てよし”とも言いますし。寂しい気持ちを押さえて、楽しい1日の終わりを彩る別れ際の演出をするのも大切かもしれませんね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ