寂しいデートの別れ際どうしてる?絆を深めるバイバイの方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-03 06:00
投稿日:2020-01-03 06:00
 楽しいデートであればあるほど、寂しくなるのが別れ際。でも、このデートの別れ際は男性に感謝や好きな気持ちを伝える大切な時間でもありますね。そこで、絆を深めるバイバイの方法、お伝えしていきます。

デートの別れ際にやってしまいがちな4つのNG行動

別れ際は好きな気持ちを伝える大切な時間(写真:iStock)
別れ際は好きな気持ちを伝える大切な時間 (写真:iStock)

 まずは、デートの別れ際に男性をがっかりさせてしまうNG行動から見ていきましょう。

1. 時間がなくてバタバタとする

 電車の時間が迫っていたりと時間がなくてバタバタと別れてしまうと、せっかくのデートが慌ただしい気持ちで終わってしまいます。

 別れが寂しいのは、彼も同じ。余韻に浸れる余裕を持って、帰りの時間をセッティングしましょう。

2. 無駄に引きとめる

 名残惜しい気持ちは分かりますが、無駄に引き止めるのはやめましょう。多少のワガママは可愛く見られるかもしれませんが、しつこい別れ際は男性をうんざりさせてしまうかもしれません。

3. 過剰なスキンシップを求める

 駅などの公共の場所で抱き合ったりキスをしたりして別れを惜しむカップルがいますが、相手によっては過剰なスキンシップを好まない男性もいます。周りから見ても見苦しいかも?ベタベタするのはせめて、2人だけの時間に留めておきましょう。

4. あっさり帰る

「寂しい」と言葉では言いながらも、あっさり帰ってしまう女性に対して男性は物足りなさを感じてしまいます。すぐに立ち去るのではなく、少しくらいは振り返って欲しいという男性が多いようでした。

 しつこくてもダメですが、あっさりもダメなのが別れ際。難しいものですね。

デートの別れ際、絆を深めるバイバイの方法

感謝の気持ちをちゃんと伝える(写真:iStock)
感謝の気持ちをちゃんと伝える (写真:iStock)

 デートの別れ際のNG行動を頭に置きつつ、次に男性との絆が深まる別れ際の方法をお伝えしていきます。

今日の感謝を伝える

 初めてのデートやお付き合いしたばかりの時には、「ありがとう」の言葉が当たり前だったはず。でも、デートの回数を重ねると、二人でいる時間が当たり前になって感謝の気持ちを伝えることを忘れてしまいがち。

 楽しかった、嬉しかった、そんな気持ちをきちんと伝えること、これは、長続きカップルの秘訣でもあります。デートの別れ際には、きちんと今日の感謝を伝えましょう。

適度なスキンシップを取る

 別れ際に適度なスキンシップを取るのも大切。お家デートであれば、熱いキスやハグも良いでしょう。でも、公共の場では握手をしたり、腕に絡みついてみるくらいで留めておくと良いですね。

 軽い触れ合いでも、「離れたくない」という気持ちはきっと男性に伝わるはずですよ。

笑顔で振り返って手を振る

 あっという間に2人の時間が過ぎて別々のところに帰るのは寂しいものですが、泣いたり引きとめたりするのは若いカップルの特権!(笑)

 大人だからこそ、寂しくても笑顔で振り返って手を振りましょう。別れ際の女性の姿は、男性の頭にきっと残ります。その時のあなたの笑顔を思い出して「今日は楽しかったな」と、温かい気持ちになったり、「またすぐに会いたいな」という気持ちが芽生えてくれることでしょう。

デートの帰り際にどうしても寂しくなった時の対処法

別れ際に寂しくなってしまったら?(写真:iStock)
別れ際に寂しくなってしまったら? (写真:iStock)

 喧嘩をして仲直りができた時や、二人の記念日など、どうしても別れがたい時ってありますよね。そこで最後に、別れ際にどうしても寂しくなった時の対処法についてもお伝えします。

ちょっとだけ回り道をお願いする

 シーンにもよりますが、「ちょっとだけ回り道して帰ろう!」とお願いしてみましょう。数分しか変わらないかもしれませんが、一緒にいられる時間が少しでも増えるって嬉しいものです。

 ただ、重たい恋愛を好まないあっさりしたタイプの男性であれば、逆効果になってしまうかも。カップルの関係性にもよるので、塩梅を見て試してみてください。

連絡を取り合いながら帰る

 バイバイをした後、LINEなどで連絡を取り合いながら帰るのもおすすめ。今日のデートのお礼をあらためて伝えつつ、「今日はこうしてくれて嬉しかった」「今度はこんなところに行きたいね」など、次のデートに繋がる話をするのも良いでしょう。

 また、駅からの帰り道や、家に着いてから電話をする約束をするのも良いかもしれません。「声が聞けるんだ!」と思うと、寂しい気持ちは少し紛れるはずです。

状況が許すなら帰るのをやめる

 お互いに好きな気持ちが募った時、喧嘩をしたままの別れ際は、帰っても気持ちが落ち着かないもの。状況が許すのであれば、いっそ帰るのをやめてしまうのも手かもしれません。「帰るのやめちゃおうかな」と素直に相談してみましょう。

 でも、これはもちろん彼も同じ気持ちであることが大前提。早起きしなければならない時や、仕事で忙しい時にそんなことを伝えても迷惑になってしまうかもしれませんから、状況を読んでくださいね。

「後引きしぐさ」に学ぶ別れ際もおすすめ

寂しい気持ちはぐっと押さえて(写真:iStock)
寂しい気持ちはぐっと押さえて (写真:iStock)

 江戸時代からある「後引きしぐさ」という言葉をご存知ですか?これは、「別れ際に相手が振り向いた時、自分の後ろ姿を見せているのは失礼」という考え方。もともとは江戸の商人たちが、人間関係をスムーズに行う知恵として行っていたことだそうです。

 感謝を伝えたり触れ合ったりして名残惜しい別れ際を越えた後でもなお、「相手が振り返った時に目と目が合う」って素敵。好きな気持ちが凝縮されて伝わる気がするのは、私だけでしょうか。

 “終わり良ければ全てよし”とも言いますし。寂しい気持ちを押さえて、楽しい1日の終わりを彩る別れ際の演出をするのも大切かもしれませんね。

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ