彼氏に振り回される女性ほど無意識にしている“3大NG行動”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-18 06:00
投稿日:2019-12-18 06:00
 男性の中には「コイツは、俺にぞっこん」と恋人の愛に揺るぎない確信をもつと、浮気などの身勝手な行動に出る人も少なくないのが実情。
 そう、パートナーとの間に確固たる信頼関係が生まれるのは悪いことではないはずながら、恋愛関係においては、これがときとしてアダとなるのも現実ですよね。
 メンタル心理カウンセラーの資格をもつ並木まきが、彼氏に振り回される女性ほどやりがちな行動を3選ご紹介します。

1:返信する前のLINE連投

「好き」の連投は男性を甘やかす(写真:iStock)
「好き」の連投は男性を甘やかす (写真:iStock)

 LINEは、思い立ったときに気軽に連絡できるツールですが、彼からの返信がないタイミングで次の話題を送るような連投の印象が強い使い方をすると、男性たちが「コイツは、俺に惚れまくってるな」とジャッジする要素にもなりがち。

 その結果、自分からは連絡しなくなったり、返信しなくても届くLINEに慣れてしまい未読や既読のまま放置するのが常態化したりするのも、よくある話です。

 ラブラブ期には連投でも順調なコミュニケーションが取れていても、いつしか彼からの連絡が薄れる……は、比較的よくあるお話。

 彼からの連絡を減らしたくないなら、返信が届いてから、次の話題を送るキャッチボールの流れを初期段階から崩さないのが鉄則です。

2:しょっちゅう電話する

いくら声が聞きたくても…(写真:iStock)
いくら声が聞きたくても… (写真:iStock)

 好きな人の声は、いつも聞いていたい女性も多いけれど、やたらに電話ばかりかける女性は、男性から軽んじられる傾向があるのも事実でしょう。

 電話をかけて自分の行動を逐一報告してしまうことにより、男性から見て恋人へのミステリアスな魅力が激減しがちな点や、電話によって不用意に自分の時間が削られる不満が生じることなどから、彼女への扱いがぞんざいになる男性も珍しくありません。

「とは言っても、電話を減らすと彼が好き勝手しそうだし……」となってしまう女性もいますが、少しミステリアスな部分を残してこそ、男性のハンター精神が刺激されます。恋人間であっても、追わせるくらいの距離感がベター。

3:彼が言う前にデートを提案

対等の立場でつきあっていきたい(写真:iStock)
対等の立場でつきあっていきたい (写真:iStock)

 彼から誘われる前に自分から誘ってしまう女性も、だんだんと恋人から雑な扱いを受けやすい傾向に。

 恋人同士であれば、どちらからデートに誘おうが問題ないと考えたいところだけれど、男性の本能という面で言えば、必要以上の安心感を抱き、彼女への身勝手な振る舞いに転じる引き金になる場合も少なくありません。

 負担感や過剰な安心感を覚えると、途端に彼女の存在にありがたみが薄れる男性も多いのが、悲しいけれど現実とも言えます。

 基本的に恋愛においては、追われるより追いかけたいのが男性の心理。よって、このバランスが崩れる行動に出てしまう女性ほど、彼氏に振り回されやすくなるのも実態です。

 ひとたびバランスが崩れると、関係性を改善するのに時間がかかるのも確かなので、こんな行動は交際初期から控えたほうが、恋愛勝者になりやすいとも言えるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ