彼氏に振り回される女性ほど無意識にしている“3大NG行動”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-18 06:00
投稿日:2019-12-18 06:00
 男性の中には「コイツは、俺にぞっこん」と恋人の愛に揺るぎない確信をもつと、浮気などの身勝手な行動に出る人も少なくないのが実情。
 そう、パートナーとの間に確固たる信頼関係が生まれるのは悪いことではないはずながら、恋愛関係においては、これがときとしてアダとなるのも現実ですよね。
 メンタル心理カウンセラーの資格をもつ並木まきが、彼氏に振り回される女性ほどやりがちな行動を3選ご紹介します。

1:返信する前のLINE連投

「好き」の連投は男性を甘やかす(写真:iStock)
「好き」の連投は男性を甘やかす (写真:iStock)

 LINEは、思い立ったときに気軽に連絡できるツールですが、彼からの返信がないタイミングで次の話題を送るような連投の印象が強い使い方をすると、男性たちが「コイツは、俺に惚れまくってるな」とジャッジする要素にもなりがち。

 その結果、自分からは連絡しなくなったり、返信しなくても届くLINEに慣れてしまい未読や既読のまま放置するのが常態化したりするのも、よくある話です。

 ラブラブ期には連投でも順調なコミュニケーションが取れていても、いつしか彼からの連絡が薄れる……は、比較的よくあるお話。

 彼からの連絡を減らしたくないなら、返信が届いてから、次の話題を送るキャッチボールの流れを初期段階から崩さないのが鉄則です。

2:しょっちゅう電話する

いくら声が聞きたくても…(写真:iStock)
いくら声が聞きたくても… (写真:iStock)

 好きな人の声は、いつも聞いていたい女性も多いけれど、やたらに電話ばかりかける女性は、男性から軽んじられる傾向があるのも事実でしょう。

 電話をかけて自分の行動を逐一報告してしまうことにより、男性から見て恋人へのミステリアスな魅力が激減しがちな点や、電話によって不用意に自分の時間が削られる不満が生じることなどから、彼女への扱いがぞんざいになる男性も珍しくありません。

「とは言っても、電話を減らすと彼が好き勝手しそうだし……」となってしまう女性もいますが、少しミステリアスな部分を残してこそ、男性のハンター精神が刺激されます。恋人間であっても、追わせるくらいの距離感がベター。

3:彼が言う前にデートを提案

対等の立場でつきあっていきたい(写真:iStock)
対等の立場でつきあっていきたい (写真:iStock)

 彼から誘われる前に自分から誘ってしまう女性も、だんだんと恋人から雑な扱いを受けやすい傾向に。

 恋人同士であれば、どちらからデートに誘おうが問題ないと考えたいところだけれど、男性の本能という面で言えば、必要以上の安心感を抱き、彼女への身勝手な振る舞いに転じる引き金になる場合も少なくありません。

 負担感や過剰な安心感を覚えると、途端に彼女の存在にありがたみが薄れる男性も多いのが、悲しいけれど現実とも言えます。

 基本的に恋愛においては、追われるより追いかけたいのが男性の心理。よって、このバランスが崩れる行動に出てしまう女性ほど、彼氏に振り回されやすくなるのも実態です。

 ひとたびバランスが崩れると、関係性を改善するのに時間がかかるのも確かなので、こんな行動は交際初期から控えたほうが、恋愛勝者になりやすいとも言えるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「わたし、お料理が得意なんです!」なんてアピールが結婚に有利だった時代はとうに過ぎ去り、むしろ重い、なんて避けられるよう...
七海 2020-01-29 06:00 ラブ
FILM
 前出のモヨ子さん(仮名・OL)がセックスレスを意識したのは交際して1年、同棲をはじめて5カ月のころだったそうです。レス...
神田つばき 2020-01-29 06:00 ラブ
FILM
「大人の恋愛」というと、映画や小説に出てくるような甘美な世界を想像する方もいるでしょう。でも、そんな大人の恋愛は、心がけ...
リタ・トーコ 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
「20代の合コン離れ」がまことしやかに囁かれている昨今。日本合コン協会会長の私としては、もっと盛んに合コンをしてほしいと...
田中絵音 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ