彼氏に振り回される女性ほど無意識にしている“3大NG行動”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-18 06:00
投稿日:2019-12-18 06:00
 男性の中には「コイツは、俺にぞっこん」と恋人の愛に揺るぎない確信をもつと、浮気などの身勝手な行動に出る人も少なくないのが実情。
 そう、パートナーとの間に確固たる信頼関係が生まれるのは悪いことではないはずながら、恋愛関係においては、これがときとしてアダとなるのも現実ですよね。
 メンタル心理カウンセラーの資格をもつ並木まきが、彼氏に振り回される女性ほどやりがちな行動を3選ご紹介します。

1:返信する前のLINE連投

「好き」の連投は男性を甘やかす(写真:iStock)
「好き」の連投は男性を甘やかす (写真:iStock)

 LINEは、思い立ったときに気軽に連絡できるツールですが、彼からの返信がないタイミングで次の話題を送るような連投の印象が強い使い方をすると、男性たちが「コイツは、俺に惚れまくってるな」とジャッジする要素にもなりがち。

 その結果、自分からは連絡しなくなったり、返信しなくても届くLINEに慣れてしまい未読や既読のまま放置するのが常態化したりするのも、よくある話です。

 ラブラブ期には連投でも順調なコミュニケーションが取れていても、いつしか彼からの連絡が薄れる……は、比較的よくあるお話。

 彼からの連絡を減らしたくないなら、返信が届いてから、次の話題を送るキャッチボールの流れを初期段階から崩さないのが鉄則です。

2:しょっちゅう電話する

いくら声が聞きたくても…(写真:iStock)
いくら声が聞きたくても… (写真:iStock)

 好きな人の声は、いつも聞いていたい女性も多いけれど、やたらに電話ばかりかける女性は、男性から軽んじられる傾向があるのも事実でしょう。

 電話をかけて自分の行動を逐一報告してしまうことにより、男性から見て恋人へのミステリアスな魅力が激減しがちな点や、電話によって不用意に自分の時間が削られる不満が生じることなどから、彼女への扱いがぞんざいになる男性も珍しくありません。

「とは言っても、電話を減らすと彼が好き勝手しそうだし……」となってしまう女性もいますが、少しミステリアスな部分を残してこそ、男性のハンター精神が刺激されます。恋人間であっても、追わせるくらいの距離感がベター。

3:彼が言う前にデートを提案

対等の立場でつきあっていきたい(写真:iStock)
対等の立場でつきあっていきたい (写真:iStock)

 彼から誘われる前に自分から誘ってしまう女性も、だんだんと恋人から雑な扱いを受けやすい傾向に。

 恋人同士であれば、どちらからデートに誘おうが問題ないと考えたいところだけれど、男性の本能という面で言えば、必要以上の安心感を抱き、彼女への身勝手な振る舞いに転じる引き金になる場合も少なくありません。

 負担感や過剰な安心感を覚えると、途端に彼女の存在にありがたみが薄れる男性も多いのが、悲しいけれど現実とも言えます。

 基本的に恋愛においては、追われるより追いかけたいのが男性の心理。よって、このバランスが崩れる行動に出てしまう女性ほど、彼氏に振り回されやすくなるのも実態です。

 ひとたびバランスが崩れると、関係性を改善するのに時間がかかるのも確かなので、こんな行動は交際初期から控えたほうが、恋愛勝者になりやすいとも言えるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ