唇の色が悪い原因は? 即効&日常ケアでピンクのツヤ唇に♡

コクハク編集部
更新日:2019-10-03 06:00
投稿日:2019-10-03 06:00
「唇の色が悪くて、なんだかくすんでいるかも?」そんな悩みはありませんか?口紅やグロスなどメイクで唇の色味をカバーすることはできても、本当はすっぴんでも見せられるピンク色の綺麗な唇の色を目指したいですよね。
 唇の色を良くする即効&日常ケアとは? 今からでも改善できますよ♪

唇の色が悪くなるのはなぜ? おもな4つの原因

唇の色味が気になる…(写真:iStock)
唇の色味が気になる… (写真:iStock)

 まずは、唇の色が悪くなってしまう、おもな原因をチェックしていきましょう。

血行不良

 寒い時や具合が悪い時、唇の色が紫色やくすんだ色になったことを実感したことがある方は多いと思います。これは、血行不良が大きな原因! 血液の循環が悪くなることで、唇の色が悪くなってしまいます。

日焼けダメージ

 唇は日焼け止めを塗ることができないため、「うっかり日焼け」を起こしやすい部位。でも、日焼けダメージも唇の色を悪くさせる原因です。唇の皮膚は、通常の部分よりも薄くデリケート。日焼けをすると当然、くすみやすくなってしまいます。

摩擦などの刺激

 メイクを落とす時や食後に、唇をゴシゴシと擦ってしまうことってありますよね。しかし、擦って摩擦が起こるとメラニン色素が発生し、色素沈着を起こしやすくなってしまうため、注意が必要!決して擦らず、優しく拭き取るように心がけるようにしましょう。

舐めたり皮を剥がしたりする癖

 無意識に唇を舐めたり剥がしたりする方は多いですが、このような「癖」も唇の色を悪くする原因になります。唇を舐めると一瞬は潤うものの、その後表面が乾燥しやすくなり、見た目にもガサガサになってしまいます。また、無理に剥がすと出血が起こったり、細菌に感染してしまう恐れも。癖をやめられるように意識するようにしましょう。

唇をピンク色に! 即効性のある唇エクササイズ2選!

優しく指の腹でタッピング(写真:iStock)
優しく指の腹でタッピング (写真:iStock)

 唇を今すぐにツヤツヤにしたい時には、血行を良くするエクササイズが◎!簡単な方法ばかりですので、ぜひこの機会に覚えて実践してみてください。

1. 唇タッピング

 唇を軽くトントンと、指の腹でタッピングします。あくまでも軽く優しく行いましょう。

2. くるくるマッサージ

 上唇の中心から口角に向かって、指の腹でくるくるとマッサージします。力が入りにくい薬指で行うのがおすすめです。

唇エクササイズの注意点

 唇エクササイズを行う際には摩擦を防ぐため、たっぷりのリップクリームや保湿美容液を塗ってから行うようにしましょう。入浴中やお風呂上がりなど、体がぽかぽかと温まっている時に行うと効果倍増です。

ピンク色の唇を保つには? 日々行いたいケア

リップクリームでこまめにケア(写真:iStock)
リップクリームでこまめにケア (写真:iStock)

 エクササイズでピンク色になった唇を保つには、日々のケアが重要!日々習慣にしたいケア方法を、最後に見ていきましょう。

リップクリームをこまめに塗る

 デリケートな唇をケアするための必須アイテムは、「リップクリーム」です。保湿力に優れたタイプやUVカット効果のあるものなど、用途に合わせて選ぶようにしましょう。(正しいリップクリームの塗り方については、ぜひこちらの記事を参照してください!→10日でぷるぷる唇に 正しいリップクリームの使い方って?

蒸しタオル&唇パックでスペシャルケア

 乾燥が気になる季節に特におすすめなのが、蒸しタオル&唇パックでケアをする方法です。

【蒸しタオル&唇パックの方法】

1. タオルを濡らし、軽く絞ってレンジで30秒〜1分ほど温めます。
2. 唇の上に蒸しタオルを乗せ、数分間温めます。(※火傷に注意!)
3. その後リップクリームやリップ美容液、ハチミツ、ワセリンなど、保湿できる素材を唇に塗り、ラップをかぶせて5〜10分ほどそのままにします。

唇をちゃんとクレンジングする

「落ちにくい」と謳われる口紅は、確かに飲んでも食べてもリップメイクが崩れにくいのがメリット。でも、その反面、しっかり落とさないと汚れが溜まってくすみや色素沈着が起こってしまう可能性があります。

 普通のクレンジング剤だけではメイク落ちが不十分になってしまうため、ポイントメイクリムーバーを使用して唇をちゃんとクレンジングすることも大切。適量をコットンに含ませ、優しく唇をなぞるように落としていきましょう。

唇の色は変えられる! 1年中ピンク色のツヤ唇を目指して♡

自分に適したケアを見極めて♪(写真:iStock)
自分に適したケアを見極めて♪ (写真:iStock)

 唇の色が悪くなる原因はさまざま。唇のくすみを感じた時にはまずは原因を突き止めて、適したケアを行うようにしましょう。血行不良の場合にはエクササイズを、摩擦や紫外線による色素沈着が起こっている場合には日々の生活習慣に気を付けるなど、ぜひ工夫してみてください。

 唇の新陳代謝の周期は他の部位よりも早いため、ケアを続けることで血色感のあるピンク色の唇に生まれ変わらせることができますよ。ぜひ、今日から始めてくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM