唇の色が悪い原因は? 即効&日常ケアでピンクのツヤ唇に♡

コクハク編集部
更新日:2020-01-11 06:57
投稿日:2019-10-03 06:00
「唇の色が悪くて、なんだかくすんでいるかも?」そんな悩みはありませんか?口紅やグロスなどメイクで唇の色味をカバーすることはできても、本当はすっぴんでも見せられるピンク色の綺麗な唇の色を目指したいですよね。
 唇の色を良くする即効&日常ケアとは? 今からでも改善できますよ♪

唇の色が悪くなるのはなぜ? おもな4つの原因

 まずは、唇の色が悪くなってしまう、おもな原因をチェックしていきましょう。

血行不良

 寒い時や具合が悪い時、唇の色が紫色やくすんだ色になったことを実感したことがある方は多いと思います。これは、血行不良が大きな原因! 血液の循環が悪くなることで、唇の色が悪くなってしまいます。

日焼けダメージ

 唇は日焼け止めを塗ることができないため、「うっかり日焼け」を起こしやすい部位。でも、日焼けダメージも唇の色を悪くさせる原因です。唇の皮膚は、通常の部分よりも薄くデリケート。日焼けをすると当然、くすみやすくなってしまいます。

摩擦などの刺激

 メイクを落とす時や食後に、唇をゴシゴシと擦ってしまうことってありますよね。しかし、擦って摩擦が起こるとメラニン色素が発生し、色素沈着を起こしやすくなってしまうため、注意が必要!決して擦らず、優しく拭き取るように心がけるようにしましょう。

舐めたり皮を剥がしたりする癖

 無意識に唇を舐めたり剥がしたりする方は多いですが、このような「癖」も唇の色を悪くする原因になります。唇を舐めると一瞬は潤うものの、その後表面が乾燥しやすくなり、見た目にもガサガサになってしまいます。また、無理に剥がすと出血が起こったり、細菌に感染してしまう恐れも。癖をやめられるように意識するようにしましょう。

唇をピンク色に! 即効性のある唇エクササイズ2選!

 唇を今すぐにツヤツヤにしたい時には、血行を良くするエクササイズが◎!簡単な方法ばかりですので、ぜひこの機会に覚えて実践してみてください。

1. 唇タッピング

 唇を軽くトントンと、指の腹でタッピングします。あくまでも軽く優しく行いましょう。

2. くるくるマッサージ

 上唇の中心から口角に向かって、指の腹でくるくるとマッサージします。力が入りにくい薬指で行うのがおすすめです。

唇エクササイズの注意点

 唇エクササイズを行う際には摩擦を防ぐため、たっぷりのリップクリームや保湿美容液を塗ってから行うようにしましょう。入浴中やお風呂上がりなど、体がぽかぽかと温まっている時に行うと効果倍増です。

【あわせて読みたい】胸元の開いたデート服×大人かわいいリップ”の組み合わせ術

ピンク色の唇を保つには? 日々行いたいケア

 エクササイズでピンク色になった唇を保つには、日々のケアが重要!日々習慣にしたいケア方法を、最後に見ていきましょう。

リップクリームをこまめに塗る

 デリケートな唇をケアするための必須アイテムは、「リップクリーム」です。保湿力に優れたタイプやUVカット効果のあるものなど、用途に合わせて選ぶようにしましょう。(正しいリップクリームの塗り方については、ぜひこちらの記事を参照してください!→10日でぷるぷる唇に 正しいリップクリームの使い方って?

蒸しタオル&唇パックでスペシャルケア

 乾燥が気になる季節に特におすすめなのが、蒸しタオル&唇パックでケアをする方法です。

【蒸しタオル&唇パックの方法】

1. タオルを濡らし、軽く絞ってレンジで30秒〜1分ほど温めます。
2. 唇の上に蒸しタオルを乗せ、数分間温めます。(※火傷に注意!)
3. その後リップクリームやリップ美容液、ハチミツ、ワセリンなど、保湿できる素材を唇に塗り、ラップをかぶせて5〜10分ほどそのままにします。

唇をちゃんとクレンジングする

「落ちにくい」と謳われる口紅は、確かに飲んでも食べてもリップメイクが崩れにくいのがメリット。でも、その反面、しっかり落とさないと汚れが溜まってくすみや色素沈着が起こってしまう可能性があります。

 普通のクレンジング剤だけではメイク落ちが不十分になってしまうため、ポイントメイクリムーバーを使用して唇をちゃんとクレンジングすることも大切。適量をコットンに含ませ、優しく唇をなぞるように落としていきましょう。

唇の色は変えられる! 1年中ピンク色のツヤ唇を目指して♡

 唇の色が悪くなる原因はさまざま。唇のくすみを感じた時にはまずは原因を突き止めて、適したケアを行うようにしましょう。血行不良の場合にはエクササイズを、摩擦や紫外線による色素沈着が起こっている場合には日々の生活習慣に気を付けるなど、ぜひ工夫してみてください。

 唇の新陳代謝の周期は他の部位よりも早いため、ケアを続けることで血色感のあるピンク色の唇に生まれ変わらせることができますよ。ぜひ、今日から始めてくださいね♪

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...