年齢でチークの入れ方は違う!肌質・肌色に合わせた選び方♡

コクハク編集部
更新日:2020-01-14 06:20
投稿日:2020-01-14 06:00
 血色をよく見せてぱっと顔を明るくしてくれるチークは、大人女性の強い味方。でも、若い頃からずっと同じチークカラー、同じ入れ方をしていると、「若作り感」が出てしまうため、要注意のアイテムでもあるんです。そこで今回は、年齢に合うチークの入れ方や選び方のポイントについて、じっくり解説していきます。

チークの種類はどれが良い?肌質や肌色に合わせた選び方のポイント

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 まずは、基礎知識として、チークの種類&肌質・肌色に合わせた選び方のポイントをチェックしていきましょう。

チークの種類は3種類に分かれる

 チークの種類は、おもに3種類。それぞれの特性やおすすめの肌質をご紹介します。

・パウダーチーク〜オイリー肌・敏感肌におすすめ!ふんわり可愛く仕上がる

 一番ポピュラーなのが、「パウダーチーク」。ブラシを使って頬に入れていきますが、量を調節しやすいため初心者でも使いこなしやすいです。付属のブラシではなく、できれば大きく毛足が柔らかいブラシを使うことで、よりふんわりと仕上がります。

 粉末状のためサラサラ肌を持続させたいオイリー肌の方、肌につきすぎないことから敏感肌の方におすすめです。

・クリームチーク〜乾燥肌におすすめ!自然な血色感が出せる

 指を使って広げていく「クリームチーク」は、ツヤ感や血色感が自然と出せるため、色っぽさを求める大人女性に人気です。肌に密着しやすいため、メイク崩れを防ぐことにも繋がります。パウダーチークの下地として使うのもアリ。

 油分が多いため、乾燥肌の方とも相性が良く、潤いのある肌を持続させることができます。

・リキッドチーク〜肌質選ばず!透明感ある肌を演出できる

 密着度NO.1なのが、「リキッドチーク」。水分量が多く、肌に馴染みやすいのが特徴。スティック状のものも多く、メーカーによってはアイメイクやリップメイクにも使えるため、外出時にかさばらず重宝できるかも。

 油分と水分のバランスが良いため、基本的には肌質を選びません。ただし、発色感はやや少ないため、重ね付けが必須かも。

肌色に合わせてチークを選ぶ〜肌色チェック!

「可愛く見せたいからピンク!」そんな風にメイクアイテムを選ぶのは楽しいもの。でも、チークは自分の肌色に合わせて選ぶと、よりその効果を引き出すことができるんです。

 それを見極めるための方法として、自分の「パーソナルカラー」を知ることをおすすめします。まずは下記の項目から、自分の肌色がイエローベースなのかブルーベースなのかをチェックしましょう。

【イエローベースの人の特徴】

・ファンデーションはオークル系
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・ゴールドアクセサリーの方が似合う気がする
・手首内側の血管がグリーンに見える

【ブルーベースの人の特徴】

・ファンデーションはピンク系
・日焼けをすると赤くなりやすい
・シルバーアクセサリーの方が似合う気がする
・手首内側の血管がブルーに見える

 いかがでしょうか?一見「色黒→イエローベース」「色白→ブルーベース」だと思われがちですが、一概にそうではありません。チークだけではなく、ベースメイクやヘアカラーを選ぶ時にも役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

イエローベースに似合うチークカラー

 イエローベースの方は、肌色とチークのカラーが近いほどメイク馴染みが良くなります。

 おすすめカラーは、コーラルピンク、赤みがあるベージュ、オレンジなど。NGカラーは青みがかかったピンク系。顔色が悪く見えます。

 選ぶカラーによって可愛くも大人っぽくも見せることができるため、自分の目指すメイクに合わせて試してみてください。

ブルーベースに似合うチークカラー

 ブルーベースの方に似合うチークカラーは、とにかくピンク系。ローズピンクのような淡いピンクからホットピンクのような鮮やかなピンクまで、基本的にはどれでも肌馴染みが良いでしょう。また、チークカラーとリップカラーを合わせることで、より統一感が出ますよ。

 NGカラーはブラウン系。くすみのある肌に見せてしまいます。

20代・30代・40代と年齢によって変えたいチークの入れ方!

年齢ごとにチークの入れ方も変わってくる(写真:iStock)
年齢ごとにチークの入れ方も変わってくる (写真:iStock)

 次に、年齢によって変えたいチークの入れ方をお伝えします。若い頃からメイク方法を変えていない女性も多いようですが、場合によっては「若作り」と思われるような痛い印象を与えてしまう可能性も。この機会にポイントを押さえましょう。

20代女性のチークの入れ方

 名実ともに“若い”20代女性は、いきいきとした印象を与えるチークの入れ方がおすすめ。

 目尻から口角までの線上が濃くなるよう、楕円形にチークを入れましょう。グラデーションを作ると、小顔効果も得られます。

30代女性のチークの入れ方

 30代になると、加齢の影響で頬周りのお肉が下がってくる時期。可愛い印象を持たせたいからと言って、頬の真ん中にチークを入れている方も多いようですが、ほうれい線を目立たせてしまうので要注意。

 30代女性は、目尻から口角までの線上から、こめかみに向かって斜め上の方向にチークを入れるのがおすすめ。ハイライトにパール入りのようなツヤ感のあるアイテムをプラスすると、若々しい印象を与えることができます。

40代女性のチークの入れ方

 頬がさらに痩せてしまいがちな40代ですが、チークを上手に使うことでリフトアップ効果を得ることができます。

 頬骨の少し高い部分からこめかみに向けて、斜めにチークを入れましょう。肌質に合うようであれば、クリームタイプやリキッドタイプのみずみずしいチークを使うのがおすすめ。透明感を出すことができます。

もう年齢を気にしない!チークの使い方ひとつで印象は変わる♡

チーク一つで印象はガラッと変わる(写真:iStock)
チーク一つで印象はガラッと変わる (写真:iStock)

 毎日行うスキンケアやメイクの中で、「なんだか年を感じるなぁ」と落ち込む瞬間ってありますよね。でも、年齢に合わせたチークの入れ方ひとつで顔の印象はがらっと変わります。

 そのためには、肌色や肌質に合うチーク選びを♪ぜひ、いつまでもメイクを楽しめるように、チークをより活用してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 リモートワークやZOOM呑み会が、まだまだ続きそうな昨今。せっかくだから、「オンライン映え」するコツを工夫してみましょ...
FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...
FILM
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか...
FILM
 かかとがガサガサしていると、ひび割れが痛かったり、靴下がひっかかったり……と、悩みが尽きないですよね。しかも、いったん...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。職業的にテレビやラジオの番組に呼んでいただくことがあります。15年ほどで10...
FILM
 温泉やプールで、綺麗なお尻の人を見かけるとついつい見ちゃうんですよね……。なぜなら、私のお尻が汚いから( ;∀;) ど...
FILM
手が美しい女性って素敵ですよね♡ せっかくネイルや指輪で可愛くしても、ふとコーヒーカップを持った手がガサガサだと、とても...
FILM
 毎日行うスキンケアのひとつに「洗顔」がありますが、誰かに習うものでもないので、自己流で行っている人も多いのではないでし...