童顔になりたい!年齢より幼く見せるメイクや髪型のポイント

七海 ライター
更新日:2019-09-28 06:05
投稿日:2019-09-28 06:00
 実際の年齢より幼く見える女性って、どんな場でも男子から人気を集めていますよね。きれい系よりも可愛い系の方が多くのモテを獲得できるのが日本社会というもの。童顔に見せるためのメイクや髪型のポイントをご紹介します。

チークを丸く頬に入れる

チークを丸く入れることで可愛い印象に(写真:iStock)
チークを丸く入れることで可愛い印象に (写真:iStock)

 赤ちゃんと大人の顔の違いは、形にあります。

 赤ちゃんはまん丸で、大人は楕円形。つまり、大人であっても顔の形やパーツが縦長の丸よりもまん丸に近い方が幼く見えます。

 まん丸にふんわりとチークで赤みを足しましょう。

 可愛らしい印象になります。おてもやんになってしまわないよう、色の入れすぎには注意です。

 逆に、「幼く見えるのが嫌だ!」「丸顔が強調される……」というのでお悩みの方は、横長にチークを入れたり、チークの色味を淡くしましょう。

 チークの色が強いと「メイクしてます!」感が強調されて、野暮ったく見えます。垢抜けておとなっぽい雰囲気を目指すなら、チークは入れているか入れていないかくらいの色みを載せましょう。もともと赤みがある人は、ノーチークでもいいかもしれません。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM