釣った魚に餌をやらない男性の心理と特徴…賢い対処法は?

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-01-15 06:00
投稿日:2020-01-15 06:00
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって、悲しい思いをしている女性は多いよう。そんな男性の特徴や、愛され続けるためのポイントをレクチャーします。

釣った魚に餌をやらないのはなぜ? 男性の心理

そもそも自覚していない場合も(写真:iStock)
そもそも自覚していない場合も (写真:iStock)

 “釣った魚に餌をやらない”というのは、その言葉通り、釣り上げるまでは一生懸命試行錯誤をするのに、手に入った途端に餌すら与えずに雑に扱う様子のことを言います。

 恋愛においては「魚→女性」に置き換えられることが多く、お付き合いが深まるうちにだんだんと適当になる男性の様子を指しますね。まずは、なぜ男性がそんな心理になるのか、リサーチしてみました。

自覚がない場合がほとんど

 驚くべきことに、釣った魚に餌をやらないタイプの男性には、“餌をやっていない”という自覚がない場合がほとんど。むしろ「自分は十分に与えている」と思っている人すらいるんです。女性と男性の考える「餌」の与え方には違いがあるということを、まずは頭に入れておきましょう。

釣った魚に餌をやらない男性は2タイプに分かれる

 自覚があるにせよ無いにせよ、釣った魚に餌をやらない男性は2タイプに分かれると思います。

①関係が安定しているから餌をやらない

 餌を一生懸命与える時=魚を手に入れたい時。でも、その魚が水槽の中で「自分のもの」となったら、“逃げていかないだろう”と、餌を与えなくなる男性は多いです。要は、関係が安定していることで慢心を覚え、相手に対して努力をしなくなるということ。

 でも、これはある意味、自然体の彼の姿です。これが分かった時にどのように歩み寄れるか、これが関係を続けるポイントになります。

②関係に飽きたから餌をやらない

 上記のように、安定から餌をやらないというのであればまだしも、中には女性との関係に飽きたから餌をやらないという男性もいます。

 女性を落とすまでの行程が楽しく、落とすためなら餌を与えまくります。そして、目的が達成できたら、また次の女性を探すという無限ループを繰り返すハンター気質のタイプです。

餌をやらなくなるのはいつから?人によって違うのが厄介

 お付き合い中に「この人、餌をくれないタイプだな」と感じられたら、軌道修正をすることもできますし、別れを考えることもできるでしょう。でも、厄介なのが、餌をやらなくなる時期は人によって違うということ。特に結婚後、子どもができてから態度がガラッと変わってしまう男性はとても多いです。

 こういった男性が、「妻を女性として見られない」と言って浮気をするんですよね。そしてもちろん、不倫相手には惜しみなく餌を与えたりもします。

早く見抜くためには? 釣った魚に餌をやらない男性の特徴

有能で自分に自信があるタイプ(写真:iStock)
有能で自分に自信があるタイプ (写真:iStock)

 釣った魚に餌をやらない男性に悩まされたくないのであれば、しっかり特徴を押さえておくことが肝心。そんな男性の特徴を見てみましょう。

自己中心的

 釣った魚に餌をやらない男性の一番の特徴は、「自己中心的」だということでしょう。相手のことを考えるよりも、いつでも自分が中心。最悪な場合には、自分の欲求を満たすだけの相手として彼女のことを見ている人もいます。

 そもそも、付き合っているのに相手を雑に扱うことができるというのは、思いやりがないということ。こういうタイプの男性は、普段の人間関係においても自己中心的な部分があります。十分に観察してみてください。

自分に自信を持っている

 自分に自信を持っている男性は、「女性が自分から離れていくことがない」と思っている節があります。女性から片思いをしてお付き合いをしたケースに、多く見られるかもしれません。

 ちなみにこの手の男性は結婚願望があったとしても、結婚したら何もしなくなるタイプが多いです。妻を褒めない、育児や家事を手伝わない、記念日や誕生日も忘れる、など、典型的な「餌をやらない」夫になる可能性があります。

比較的モテる

 困ったことに、釣った魚に餌をやらない男性は、比較的モテるタイプが多いんです。女性を落とすためのスキルはもちろん、自分をどう見せたら相手がなびいてくれるかをちゃんと計算して行動するスキルに長けています。恋愛をゲームのように見ているため、相手を落とすことができたら、途端に興味がなくなってしまうんですね。

 この手のタイプに引っ掛かったら大変。魅力的ゆえにハマってしまい、ずるずると付き合いが続いていくケースも多くあります。要注意!

釣った魚に餌をやらない男性への賢い対処法

あえて与え続けてみる(写真:iStock)
あえて与え続けてみる (写真:iStock)

 付き合っている男性が、釣った魚に餌をやらないタイプだと分かったら、あなたはどうしますか?本当に効果的な対処法をお伝えします。

餌を与え続けてみる

 なぜ、釣った魚に餌をやらない男性が女性を適当に扱うようになるのかというと、「女性を失って困った経験がない」から。特徴である「自己中心的で自信家、モテる」となると、たとえ1つの恋愛が終わっても、新たな女性がすぐに見つかるから寂しくありません。

 では、どうすればずっと餌を与えてくれるようになるのか?それは、「いなくなったら困る女性」になることが重要なポイントになると思います。「距離をおく、冷たくする、ほかの男性の影をチラつかせて引きつけるのが効果的」という考え方もあるようですが、そんなことをずっと続けるなんて疲れてしまいませんか?

 だからこそおすすめしたいのが、餌を与え続けてみること。計算なしの優しさや愛情を感じた時、男性は初めて「いなくなったら困る」と考えますし、与えてもらうことの嬉しさを感じて、「してあげたい」と思うようになるかもしれません。

自分磨きを忘れない

 恋愛をするにあたって、自分磨きを忘れないのは大切なこと。特に、相手が釣った魚に餌をやらない男性の場合、魅力的な女性であることが重要です。

「いつまでも自分の水槽の中に入っていてくれるとは限らない」と感じた時、男性はほかの男性に奪われないように大切に扱うようになるでしょう。

 自分磨きをすることは男性のためだけではなく、自分のためにもなります。外見だけではなく、内面にも自分に自信を持つことができるような、そんな女性を目指せると良いですね。

釣った魚に餌をやらない男性を上手に飼いならして♪

もしその相手とダメでも…世界は広いから(写真:iStock)
もしその相手とダメでも…世界は広いから (写真:iStock)

 釣った魚に餌をやらない男性……頭によぎります(笑)付き合うまで一生懸命愛情を注いでくれる姿を見ているからこそ、「この人と付き合ったら幸せだろうなぁ」と、期待してしまうんですよね。

 でも、そもそも「餌を与えてほしくて付き合うのか?」という話だったりもします。それだと、いつまでも相手の水槽の中ですよ。大切なのは、いつでも水槽から抜け出せる心持ちだったりするのかも。

 そのためにも、まずは自分が餌を与えて上手に飼いならしてみましょう。与え続けても変わらない男性はいますが、尽くし続けて見えるものはあるはずです。「やり切った感」から相手をすぱっと捨てることができるかもしれませんし、もしくは、餌を与え合えるような関係ができあがるかもしれませんから。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ