男性を飽きさせない女性になる7カ条♡ 愛され続けるには?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-10-23 06:35
投稿日:2019-10-22 06:01
 一度は大好きだった彼女に対して、「飽きたんだよね」なんて、ストレートに別れの理由を述べる男性は少ないでしょう。でも、どんな理由づけをしたとしても「女性に飽きたから別れる」という男性はとても多いのが現状。飽きさせない女性になる方法、習得してみませんか?

あんなに夢中だったのに……男性が女性に飽きるのはなぜ?

彼が離れていった理由は…(写真:iStock)
彼が離れていった理由は… (写真:iStock)

 付き合いたての時にはあんなに夢中だったのに、いつの間にか男性の冷めた態度が目立つようになり、嫌な雰囲気が流れ、そのうちに別れへと突入……。これって、よくある話ですね。そもそも、なぜ男性は女性に飽きるのでしょうか?

刺激がなくなった

 男性が女性に飽きる大きな原因、それが「刺激がなくなった」という理由です。人間は適応能力があるため、どんな刺激にもやがて慣れてしまいます。人は、古いものに対して飽きる習性があります。だから、男性は新しい女性に目を向けてしまうんですね。つまり、飽きさせないためには、たとえ古くても(!?)価値があるものだと感じさせ続ける必要があるのです。

手に入れることが目的だった

 付き合い出してしばらく経つと、急に冷めた態度を取る男性がいます。男性は古来から狩りをしてきたためにハンター気質を持っていると言われますが、「手に入れたらハンティング終了」と言わんばかりに、飽きてしまうケースもあります。

 こういった傾向が強い男性は、常に刺激とスリルが欲しいタイプ。駆け引きをし続けなければならないので、女性としても疲れる恋愛になりやすいでしょう。

単純に合わないと感じた

 恋愛をする上で、「合う」「合わない」はとても大事。会話の内容はもちろん、食の好み、生活習慣、フィーリング、性癖……など、自分に近いと「合う」と感じやすいものです。

 付き合い当初は分からなくても、合わない部分は隠せなくなります。特に、会話の中で価値観の違いは顕著に表れてしまい、「つまらない」と男性が飽きる原因に。

男性を飽きさせない女性になるための7カ条!

「無防備」と「ダラける」は違う(写真:iStock)
「無防備」と「ダラける」は違う (写真:iStock)

 男性を飽きさせない女性になるには、どうすれば良いのでしょうか? 愛され続ける女性になるポイント、お伝えします!

1. リラックスはしても、ダラけない

 好きな人とリラックスして一緒にいる時間って、とても幸せですよね。無防備な表情を見せる女性の姿を見て、男性も心地良さを感じるでしょう。でも、だからといってダラけるのはNG! 裸で寝転がったままでいるのはもちろん、近場のご飯屋さんにすっぴん・部屋着のような服装で出かけてしまうなど、「適当」にならないことは大切です。ただでさえ長年一緒にいると、「オバサン化」して見えてしまいますから。

 見せるところと見せないところを持つことは、男性の興味をそそります。好きだから全てを見せる、のではなく、好きだからこそ全てを見せない、という考えを持てると良いですね。

2. 男性を立てても、調子に乗らせない

「女性よりも優位に立ちたい」と、男性の多くは思うもの。でも、男性を立てることで女性も女性らしくいられたり、男性から「守ってあげたい」と思う気持ちを引き出すことができるというメリットもあるんです。

 でも、「立てる」というのは、口出しせず、男性の言いなりになることではありません。飽きさせない女性は、その塩梅がとても上手。自信を持たせてあげるのは大いに結構ですが、調子に乗らせすぎないように上手に手綱を引くことが大事。これも飽きさせない女性のポイントです。

手の中にいても、自由をなくさない

 お互いに「好き」だという気持ちを確認した上で付き合うことは、ある意味、自分も相手もお互いの手の中にいるということ。程度は違えど、緩い束縛の中にいるようなものです。でも、どんなに相手のものであっても、自由をなくさないことも飽きさせない女性の特徴。

 ただし、「自由=自分勝手にする」ということではありません。大切なのは恋愛にのめり込まず、彼氏中心の生活を送りすぎないということ。自分の趣味や特技に没頭したり、やるべきことに一生懸命に取り組んだり、交友関係を大切にしたりなど、精神的に自由にいるようにしましょう。

場数を踏んでも、こなれない

 年齢を重ねると共に増えていく彼氏の数。手を繋ぐ、キスをする、体を重ねる……など、ある程度のプロセス、多少の駆け引き、など、男女共に上手になってくるものでしょう。

 でも、どんなに場数を踏んでいたとしても、こなれないことが大事。付き合った最初の気持ちを忘れずに、してもらって嬉しかったことに対して、毎回きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。どんな時でも「ありがとう」と言える女性を見て、男性は「またしてあげたい」と思うものなのです。

柔らかくいても、芯は曲げない

 女性の柔らかな雰囲気、考え方に魅力を感じる男性は少なくありません。でも、いつでも彼に合わせてあげる柔軟さだけだと、都合の良い女性になってしまい「つまらない」と感じさせてしまう可能性があります。

 大切なのは「二面性」、つまり、ギャップですね。柔軟でいるようで、芯は曲げない。意見を伝えることは、決してわがままではありません。言葉を飲み込まず、丁寧に自分の思ったことを真っ直ぐ上手に伝えるようにしましょう。

大人の女でも、喜怒哀楽を忘れない

 飽きさせない女性になるためには、喜怒哀楽を素直に表現することもポイント。大人になるとぐっと感情をこらえてしまいがちですが、楽しい時には思い切り笑う、悲しい時には分かりやすく落ち込む、など、表現をすることを忘れないようにしましょう。

 女性の感情や表情が豊富だと、男性は反応が楽しくなり、マンネリが起こりにくくなります。本来の自分とは違うキャラを演じる必要はありませんが、喜怒哀楽は女性の大きな武器になると思います。

どんなに好きでも、怖がらない

 好きな相手ができると、人は臆病になってしまいます。女性は特に「嫌われないかな」「この関係はいつまで続くのかな」など、考えてもキリがないことをずっと考えてしまいがち。でも、相手の一挙手一投足にびくびくとしていては、本気の付き合いなんてできないですよね。遠慮をしてうまくいく相手なんて、後々我慢の上でしか成り立たない関係になる可能性が高いのです。

 それだったら思い切りぶつかってみて、「うまくいかなければ仕方ない!」と開き直ってしまいましょう。好きだからこそ怖がらず、素の自分で相手に飛び込んでみてください。(男性側に受け止めるだけの器があるかどうかは、分かりませんが。)

飽きたらそれまで! だから思い切り大切にすれば良い♡

潔く別れを受け入れるのもひとつの選択肢(写真:iStock)
潔く別れを受け入れるのもひとつの選択肢 (写真:iStock)

「飽きたらそれまで!」というのは、女性も一緒。自分が無理をして付き合うような恋愛は、どっちにしても長続きしませんから。「飽きさせない方法」とはいえ、これをしたからと言って全ての男性が飽きないわけではありません。相手にとって飽きない女性でいられるか、それこそが相性であり、恋愛の面白さでもあるのです。

 駆け引きはほどほどに。相手を思い切り大切にしてみて、ダメだったらダメ。そのくらいの覚悟で恋愛に没頭してみたら、きっと女性としても一皮剥けるのではないかな?なんて。いかがでしょうか?

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ