夫の心はズタズタ…鬼嫁からの辛辣すぎるダメ出しフレーズ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-25 06:00
投稿日:2020-01-25 06:00
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫たちの心が折れたという鬼嫁からの辛辣すぎるダメ出しフレーズをご紹介します。

1:「何を着てもダサいんだから!」

「何着てもダサいんだから」(写真:iStock)
「何着てもダサいんだから」 (写真:iStock)

「うちの奥さんは、俺に対して本当に辛辣で、奥さんと話すたびに俺のテンションは下がりまくりです。

 それで俺は最近、ちょっと歳を感じ始め、このままじゃオジサンまっしぐらだと思ってファッションに気を使い始めたのですが……。そんな俺に対して、奥さんは『お金の無駄。何を着てもダサいんだから、諦めなよ!』と言うんです。

 自分はアンチエイジングだ若見えだって散財しているくせに、なんなんだよとマジでムカつくと同時に、けっこう本気で傷つきました……」(43歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 年齢を感じ始めた夫に、容赦ないひと言を浴びせる鬼嫁も。そんな鬼嫁のひと言のせいで、自信を失ってしまう夫もいるのです。

2:「あなたの話に興味もなければ、面白くもない」

何を話せばいいのやら…(写真:iStock)
何を話せばいいのやら… (写真:iStock)

「5歳年上の妻は、年々僕への口調がキツくなっています。

 最近は、僕が何かを話すと『へー』『ふーん』くらいしか返ってこなくて、家の会話が本気でつまらない。

 それでこの前、家の空気も悪くなるし、もうちょっと普通の相槌をしてほしいってお願いしたんです。

 すると妻は怖い顔で『興味も湧かなければ、オチもないあなたの話に、どうやって相槌すればいいわけ?』と……。

 その言い方がものすごく冷静で、めちゃ怖かったですね。

 新婚当初は、僕の話を楽しそうに聞いて、ケラケラ笑ってくれていたのに……」(40歳男性/建設)

 ◇  ◇  ◇

 結婚生活が長くなってくると、夫への関心が薄れる妻も珍しくありません。そこで相手が鬼嫁となると、配慮のない言葉で夫の心をグサッと刺すようです。

3:「お受験失敗は、あなたのせい」

子供だってうんざり(写真:iStock)
子供だってうんざり (写真:iStock)

「お受験をがんばりましたが、残念ながらウチの子は、不合格でした。

 妻はかなり落ち込み、僕にイライラをぶつけてきていましたが、ある日妻から『あの子が受験に失敗したのは、低学歴なあなたのせい』と真顔で言われました。

 実は、妻は有名大学を出ていますが、僕は高卒。僕としては、密かにずっとコンプレックスだったところを突かれました。

 結婚するときには『気にしない』と言ってくれたのに、やっぱり気にしてるんじゃん…って感じだし、それ以来、妻のその言葉が頭から離れず落ち込んでいます」(33歳男性/飲食店勤務)

 ◇  ◇  ◇

 家族が一致団結して取り組んだお受験に失敗すれば、落ち込むのも母親の心理。とは言え、そこで感情のままに根深いひと言を発してしまうあたりは、やはり鬼嫁ならでは……でしょうか。

まとめ

 鬼嫁な妻からの心ない言葉に、ドン底まで突き落とされている夫たち。一番の理解者でいてほしいはず存在からの辛辣すぎる言葉が、彼らの心を深くえぐるのは間違いありません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ