平手友梨奈の衝撃 欅坂46“卒業”ではなく“脱退”の真相に迫る

こじらぶ ライター
更新日:2020-01-29 15:44
投稿日:2020-01-24 15:30

卒業と脱退の違いがTwitterのトレンド入り

欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈(C)日刊ゲンダイ
欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈 (C)日刊ゲンダイ

 1月23日21時、欅坂46公式サイトで同グループの顔でもあり絶対的エースであった平手友梨奈(18)の脱退が発表された。

 欅坂46のデビュー曲から8thシングルまで全ての表題曲でセンターを務めてきた平手。それだけでなく、16年4月のデビューから約3年10カ月、他メンバーのソロ曲や少人数でのユニット曲以外、ほぼ全てのグループ全体のカップリング曲、アルバム曲のセンターであり、秋元康氏が書く歌詞は多くが彼女に当て書きされていること、ライブ演出でも1人特別演出や衣装が違うことなどからも、欅坂46という物語の主人公とも言える存在であった。

 それだけに、発表後には多くのファンがショックを受け困惑。「信じたくない」、「涙が止まらない」、「明日からどうやって生きていけばいいのか」といった悲しみの声で溢れた。公式発表直後の報道番組、「報道ステーション」(テレビ朝日系)は速報扱い、「news zero」(日本テレビ系)では功績を辿りつつ脱退が報じられた。

 この平手の脱退発表について一つの議論が生じている。欅坂46公式サイトでは平手の“脱退”と同時に2人のメンバー、織田奈那(21)と鈴本美愉(22)の“卒業”も発表されたが、平手は本人の意向で“卒業”ではなく“脱退”という表現になったという。この2つの言葉が同時に使い分けられたことにより、ファンは困惑。「卒業と脱退の違い」「脱退と卒業の違い」双方がTwitterのトレンド入りをするなど物議を醸している。

散見された「脱退」=ネガティブイメージ

 ネット上や報道番組で取り上げられる街の人々の声として特に見られたのは、“卒業”は「やりきった」や「円満」といったポジティブイメージだが、“脱退”は「不祥事などで辞めさせられる」、「グループが嫌になったから出ていく」というネガティブなイメージだという。

 各スポーツ紙の記者らは「“卒業”だとその後もアイドルのイメージがつきまとうため、それを払拭するために〈完全な決別〉の意味を込めての“脱退”」であるとか、「スタッフやメンバーとの衝突があったため“脱退”との表現を本人が選んだ」、「グループの秩序を乱したという引け目から“脱退”とした」など、平手の欅坂46に対する負の思いからその言葉選びがなされたとの解説がいくつかあった。

 だが、本当にそうだろうか。平手を結成当時から見てきた筆者はそうは思わない。

 脱退公式発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」で放送された平手友梨奈自身からの報告。

「こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については、今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております」

 とのコメントがあったが、どこか重々しく、慎重にひと言ひと言、言葉を紡ぐその声からは、欅坂46から“離れる”悲しみ、辛さが痛いほど伝わってきた。“脱退”という言葉すら口に出来ないほどに。

 また、平手参加のラストシングルとなった「黒い羊」が流れた後、曲への想い入れや、メンバーと築き上げてきた日々を思い出してなのか、涙ぐみながら震えた声で、「この曲は欅坂46で『黒い羊』です」と紹介してから、「う~ん……(涙で鼻をすするような音を何度か挟む)」と、しばらく沈黙の時間。その後、声を振り絞って「はい、というわけで、私とは来月この教室で、また明るくお会いしましょう。平手友梨奈でした」と気丈に挨拶したが、そんな彼女から「欅坂46から出ていってやる」とか「今後アイドルのイメージなんてつけられたくない」という負の感情はとても感じえなかった。

 クールで笑わないといったパブリックイメージと違い、等身大の平手友梨奈は、同番組で最もよく見られた。よく笑い、ファンとの電話を楽しくしたり、番組制作陣とのツッコミの応酬などコミカルなやりとりも好評を呼んだ。

 そんな今までのリラックスした放送回とは全く別人の、鎮痛の感情が読み取れる、欅坂46から“離れた”平手友梨奈。ならば、なぜ彼女がその決断をしなければならなかったかのか。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。twitterでもご意見を募集しております。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


安田大サーカス・クロちゃん 意地でもアイドル歌手になりたい! 歌番組に出て売れたい!
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  クロちゃん(安田大サーカス・46歳)  ◇  ◇  ◇  元アイドルの彼女...
2023-03-20 17:03 エンタメ
「たけしくん、ハイ!」たけし役の小磯勝弥さん 18歳下の女優と結婚、婚姻届の証人は木の実ナナさん
【あの人は今こうしている】  小磯勝弥さん  (ドラマ「たけしくん、ハイ!」のたけし役、俳優/50歳)  人生初の恋...
2023-03-20 17:03 エンタメ
小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  小倉一郎さん(俳優/71歳) 「俺たちの朝」(日本テレビ系)、「それぞれの秋...
2023-03-20 17:03 エンタメ
ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た
《まあテレビ的な三浦瑠麗の後釜はこれで決まり、所詮そんな扱いか・・・》  元NHKのジャーナリスト・岩田明子氏が17日...
2023-03-20 17:03 エンタメ
井上真央“プライベートの恋”の行方は「100万回言えば」賛否両論の最終回以上にミステリー?
《ご都合主義かな》《ちょっと残念な感じ》なんて書き込みもあった。17日に最終回を迎えた井上真央(36)主演のTBS金曜ド...
2023-03-19 17:03 エンタメ
田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?
 局アナからフリーになる女子アナは多いが、女優に転身したのは数えるほどしかいない。元NHKの野際陽子、元フジテレビの初代...
2023-03-19 17:03 エンタメ
早瀬久美に不倫報道、吉沢京子が再婚で話題…「超熟世代」それぞれの生き方
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  先週の芸能ニュースで衝撃だったのは女性誌が報じた早瀬久美(71)の不倫報道だ。 ...
2023-03-19 17:03 エンタメ
サンモニ、報ステとも時間帯視聴率「1位」 首相官邸から目の敵にされる番組ほど面白い
「番組が始まった時から、中庸の精神で真ん中のつもりでやってきましたが、いつの間にか、左の方にいた番組がなくなって、一番左...
2023-03-19 17:03 エンタメ
変なことをしたい欲望 片桐はいりは感情に「!?」のつく最上級の喜びを求め続ける
【今週グサッときた名言珍言】 「役がおもしろくないんだよー。女の人の! なんかバリエーションが……。もっと変な人がいて...
2023-03-19 17:03 エンタメ
早大不合格の小倉優子“次の一手”は…入れ替わり激しいママタレ界で板野友美が追激
 3児のシングルマザーである小倉優子(39)が、一念発起して臨んだ大学受験。目標にしてきた早稲田大学は不合格だったものの...
2023-03-19 17:03 エンタメ
中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?
「頑張って間に合わせたんだろうけど、あんな状態で現場に出て大丈夫なのか?」 「第5回ワールド・ベースボール・クラシック...
2023-03-19 17:03 エンタメ
英BBCがジャニー喜多川の「少年虐待」を特集 番組制作に協力した私が言いたいこと
【元木昌彦 週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  英国の公共放送BBCが3月7日に放送した「ジャニー喜多川の少年に対す...
2023-03-19 17:03 エンタメ
竜星涼「スタンドUPスタート」敗因と中年期・反町隆史の宿命
 冬ドラマのなかで、ひそかに期待していたものの、残念な結果に終わってしまいそうなのが、「スタンドUPスタート」(フジテレ...
WBC準々決勝は視聴率48%! 民放連会長ご満悦も…「テレビにはこんなに力ある」の勘違い
 16日放送のWBC準々決勝「日本・イタリア戦」(テレビ朝日系)の世帯平均視聴率は48.0%(関東地区=ビデオリサーチ調...
2023-03-18 17:03 エンタメ
ガーシー前議員“海外永久逃亡”いつまで?ICPO国際手配なら政治迫害訴え「亡命」も選択肢
 捜査当局の「威信」をかけて、トコトンやるつもりだ。  警視庁は16日、暴力行為法違反(常習的脅迫)や威力業務妨害など...
2023-03-18 17:03 エンタメ
大島由香里「5時に夢中!」MCたぐり寄せた“ノーガード戦法” 小塚崇彦との離婚からV字回復
 フリーアナウンサーの大島由香里(39)が4月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)のMCに就任することが明らかになっ...
2023-03-18 17:03 エンタメ