平手友梨奈の衝撃 欅坂46“卒業”ではなく“脱退”の真相に迫る

こじらぶ ライター
更新日:2020-01-29 15:44
投稿日:2020-01-24 15:30

卒業と脱退の違いがTwitterのトレンド入り

欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈(C)日刊ゲンダイ
欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈 (C)日刊ゲンダイ

 1月23日21時、欅坂46公式サイトで同グループの顔でもあり絶対的エースであった平手友梨奈(18)の脱退が発表された。

 欅坂46のデビュー曲から8thシングルまで全ての表題曲でセンターを務めてきた平手。それだけでなく、16年4月のデビューから約3年10カ月、他メンバーのソロ曲や少人数でのユニット曲以外、ほぼ全てのグループ全体のカップリング曲、アルバム曲のセンターであり、秋元康氏が書く歌詞は多くが彼女に当て書きされていること、ライブ演出でも1人特別演出や衣装が違うことなどからも、欅坂46という物語の主人公とも言える存在であった。

 それだけに、発表後には多くのファンがショックを受け困惑。「信じたくない」、「涙が止まらない」、「明日からどうやって生きていけばいいのか」といった悲しみの声で溢れた。公式発表直後の報道番組、「報道ステーション」(テレビ朝日系)は速報扱い、「news zero」(日本テレビ系)では功績を辿りつつ脱退が報じられた。

 この平手の脱退発表について一つの議論が生じている。欅坂46公式サイトでは平手の“脱退”と同時に2人のメンバー、織田奈那(21)と鈴本美愉(22)の“卒業”も発表されたが、平手は本人の意向で“卒業”ではなく“脱退”という表現になったという。この2つの言葉が同時に使い分けられたことにより、ファンは困惑。「卒業と脱退の違い」「脱退と卒業の違い」双方がTwitterのトレンド入りをするなど物議を醸している。

散見された「脱退」=ネガティブイメージ

 ネット上や報道番組で取り上げられる街の人々の声として特に見られたのは、“卒業”は「やりきった」や「円満」といったポジティブイメージだが、“脱退”は「不祥事などで辞めさせられる」、「グループが嫌になったから出ていく」というネガティブなイメージだという。

 各スポーツ紙の記者らは「“卒業”だとその後もアイドルのイメージがつきまとうため、それを払拭するために〈完全な決別〉の意味を込めての“脱退”」であるとか、「スタッフやメンバーとの衝突があったため“脱退”との表現を本人が選んだ」、「グループの秩序を乱したという引け目から“脱退”とした」など、平手の欅坂46に対する負の思いからその言葉選びがなされたとの解説がいくつかあった。

 だが、本当にそうだろうか。平手を結成当時から見てきた筆者はそうは思わない。

 脱退公式発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」で放送された平手友梨奈自身からの報告。

「こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については、今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております」

 とのコメントがあったが、どこか重々しく、慎重にひと言ひと言、言葉を紡ぐその声からは、欅坂46から“離れる”悲しみ、辛さが痛いほど伝わってきた。“脱退”という言葉すら口に出来ないほどに。

 また、平手参加のラストシングルとなった「黒い羊」が流れた後、曲への想い入れや、メンバーと築き上げてきた日々を思い出してなのか、涙ぐみながら震えた声で、「この曲は欅坂46で『黒い羊』です」と紹介してから、「う~ん……(涙で鼻をすするような音を何度か挟む)」と、しばらく沈黙の時間。その後、声を振り絞って「はい、というわけで、私とは来月この教室で、また明るくお会いしましょう。平手友梨奈でした」と気丈に挨拶したが、そんな彼女から「欅坂46から出ていってやる」とか「今後アイドルのイメージなんてつけられたくない」という負の感情はとても感じえなかった。

 クールで笑わないといったパブリックイメージと違い、等身大の平手友梨奈は、同番組で最もよく見られた。よく笑い、ファンとの電話を楽しくしたり、番組制作陣とのツッコミの応酬などコミカルなやりとりも好評を呼んだ。

 そんな今までのリラックスした放送回とは全く別人の、鎮痛の感情が読み取れる、欅坂46から“離れた”平手友梨奈。ならば、なぜ彼女がその決断をしなければならなかったかのか。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


“狂犬”と化した粗品に聞く耳なし? 宮迫博之との舌戦で悪評ふんぷん…干される可能性も
 お笑い芸人「霜降り明星」の粗品(31)の言動が話題になっている。  きっかけは4月12日放送の「酒のツマミになる話」...
2024-06-14 17:03 エンタメ
1月に宮沢氷魚と事実婚&妊娠発表の黒島結菜 インスタのサブスク開始は吉と出るか?
 女優の黒島結菜(27)が6月12日夕方、「インスタグラムを充実させたく サブスクリプションはじめました~っ!」とストー...
2024-06-13 17:03 エンタメ
寅子の同級生・崔香淑が「香子ちゃん」として出現!気になるのは…
 家事審判所と少年審判所の合併の話し合いはまったく進展しない。しかし多岐川(滝藤賢一)には今一つやる気が感じられない。 ...
桧山珠美 2024-06-12 16:00 エンタメ
渡部建を“腫れ物”扱いするテレビは古い! めちゃ美味しい“食材”なのに
 2020年6月に複数の女性との不倫スキャンダルが勃発し、活動自粛していたアンジャッシュ・渡部建。活動再開後、徐々にメデ...
堺屋大地 2024-06-12 06:00 エンタメ
田中みな実“整形疑惑”の小顔に…Perfumeあ~ちゃんも劇的変化した「整体」のヤバイ効果
〈やってないんですよ〉  8日放送の番組「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)で自身の“疑惑”についてこう否定...
2024-06-11 17:03 エンタメ
太陽とシスコムーンとの共通点にザワッ Z世代に人気のIS:SUEがたまらん
 6月7日、太陽とシスコムーンの楽曲がサブスク解禁され、40代を中心としたお祭り状態になっていましたね。懐かしすぎて私も...
よねと轟の新「相棒」爆誕!男と女“くっつく思考”に冷や水を浴びせた
 花岡(岩田剛典)が違法である闇市の食べものを一切拒否して栄養失調で亡くなったと聞き、衝撃を受ける寅子(伊藤沙莉)。花岡...
桧山珠美 2024-06-10 16:20 エンタメ
皇室と週刊誌の“不幸な関係”はどんどん進む…悪いのはどっちなのか?
 この国の皇室とメディアは以前から不幸な関係にあるが、それが最近さらに悪化してきているように思う。それを感じさせたのは週...
2024-06-09 17:03 エンタメ
テレ朝・大下容子アナと「新しい地図」 NHK「ワルイコあつまれ」での異例コラボが大好評
 4日放送「ワルイコあつまれ」(NHK)に新しい地図の香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎とテレビ朝日の大下容子アナが出演し、話題...
2024-06-09 17:03 エンタメ
仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際
 NHK連続テレビ小説「虎に翼」の好調の要因は、日本初の女性弁護士・佐田(猪爪)寅子を演じるヒロイン・伊藤沙莉(30)の...
2024-06-09 17:03 エンタメ
“マッチ先輩”近藤真彦がうたコン降臨!ヤンチャ返上?謙虚な発言に驚き
 4日放送のNHK「うたコン」は「作曲家 筒美京平特集」。尾崎紀世彦「また逢う日まで」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、...
「ミン・ヒジンの乱」は成功したのか? “NewJeansの母”継続で気になる今後
 デニムにロンT、キャップをかぶり「やるならタイマンで来い! クソおやじども!」と息まいた4月の会見から一転。先月31日...
2024-06-08 17:03 エンタメ
竹内涼真の「妹」と平野紫耀の「弟」って《需要ある?》…話題だけで消えたあの"きょうだい"は今
 俳優の竹内涼真(31)の妹として「モデル兼インスタグラマー」の肩書で活動中のたけうちほのか(27)。ここ最近、バラエテ...
2024-06-08 17:03 エンタメ
大谷翔平争奪戦が「水原事件」収束で熾烈に!CMギャラ上振れ、年末年始はTVジャックの様相
 ドジャースの大谷翔平選手(29)の口座から日本円にして約26億円を引き出し、裏カジノなどに使用していたとして、銀行詐欺...
2024-06-07 17:03 エンタメ
東ちづる64歳にして「人生100年時代」の旗手へ 劇団座長、社会運動、映画製作と意気軒昂の秘訣
 劇団座長に活動家に、映画製作と、ますます意気軒高なのが東ちづる(64)。差別や偏見のない社会を目指す一般社団法人「Ge...
2024-06-07 17:03 エンタメ
「私の心の中にある『故郷』は誰にも譲れない」に心を揺さぶられ、「帰郷」の歌詞を急遽朗読した
【松尾潔のメロウな木曜日】#88  先週木曜(5月30日)の朝、東京地裁へ行った。56歳にして初めての裁判所である。若...
2024-06-07 17:03 エンタメ