平手友梨奈の衝撃 欅坂46“卒業”ではなく“脱退”の真相に迫る

こじらぶ ライター
更新日:2020-01-29 15:44
投稿日:2020-01-24 15:30

卒業と脱退の違いがTwitterのトレンド入り

欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈(C)日刊ゲンダイ
欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈 (C)日刊ゲンダイ

 1月23日21時、欅坂46公式サイトで同グループの顔でもあり絶対的エースであった平手友梨奈(18)の脱退が発表された。

 欅坂46のデビュー曲から8thシングルまで全ての表題曲でセンターを務めてきた平手。それだけでなく、16年4月のデビューから約3年10カ月、他メンバーのソロ曲や少人数でのユニット曲以外、ほぼ全てのグループ全体のカップリング曲、アルバム曲のセンターであり、秋元康氏が書く歌詞は多くが彼女に当て書きされていること、ライブ演出でも1人特別演出や衣装が違うことなどからも、欅坂46という物語の主人公とも言える存在であった。

 それだけに、発表後には多くのファンがショックを受け困惑。「信じたくない」、「涙が止まらない」、「明日からどうやって生きていけばいいのか」といった悲しみの声で溢れた。公式発表直後の報道番組、「報道ステーション」(テレビ朝日系)は速報扱い、「news zero」(日本テレビ系)では功績を辿りつつ脱退が報じられた。

 この平手の脱退発表について一つの議論が生じている。欅坂46公式サイトでは平手の“脱退”と同時に2人のメンバー、織田奈那(21)と鈴本美愉(22)の“卒業”も発表されたが、平手は本人の意向で“卒業”ではなく“脱退”という表現になったという。この2つの言葉が同時に使い分けられたことにより、ファンは困惑。「卒業と脱退の違い」「脱退と卒業の違い」双方がTwitterのトレンド入りをするなど物議を醸している。

散見された「脱退」=ネガティブイメージ

 ネット上や報道番組で取り上げられる街の人々の声として特に見られたのは、“卒業”は「やりきった」や「円満」といったポジティブイメージだが、“脱退”は「不祥事などで辞めさせられる」、「グループが嫌になったから出ていく」というネガティブなイメージだという。

 各スポーツ紙の記者らは「“卒業”だとその後もアイドルのイメージがつきまとうため、それを払拭するために〈完全な決別〉の意味を込めての“脱退”」であるとか、「スタッフやメンバーとの衝突があったため“脱退”との表現を本人が選んだ」、「グループの秩序を乱したという引け目から“脱退”とした」など、平手の欅坂46に対する負の思いからその言葉選びがなされたとの解説がいくつかあった。

 だが、本当にそうだろうか。平手を結成当時から見てきた筆者はそうは思わない。

 脱退公式発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」で放送された平手友梨奈自身からの報告。

「こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については、今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております」

 とのコメントがあったが、どこか重々しく、慎重にひと言ひと言、言葉を紡ぐその声からは、欅坂46から“離れる”悲しみ、辛さが痛いほど伝わってきた。“脱退”という言葉すら口に出来ないほどに。

 また、平手参加のラストシングルとなった「黒い羊」が流れた後、曲への想い入れや、メンバーと築き上げてきた日々を思い出してなのか、涙ぐみながら震えた声で、「この曲は欅坂46で『黒い羊』です」と紹介してから、「う~ん……(涙で鼻をすするような音を何度か挟む)」と、しばらく沈黙の時間。その後、声を振り絞って「はい、というわけで、私とは来月この教室で、また明るくお会いしましょう。平手友梨奈でした」と気丈に挨拶したが、そんな彼女から「欅坂46から出ていってやる」とか「今後アイドルのイメージなんてつけられたくない」という負の感情はとても感じえなかった。

 クールで笑わないといったパブリックイメージと違い、等身大の平手友梨奈は、同番組で最もよく見られた。よく笑い、ファンとの電話を楽しくしたり、番組制作陣とのツッコミの応酬などコミカルなやりとりも好評を呼んだ。

 そんな今までのリラックスした放送回とは全く別人の、鎮痛の感情が読み取れる、欅坂46から“離れた”平手友梨奈。ならば、なぜ彼女がその決断をしなければならなかったかのか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


東出昌大“呼び寄せ愛”バッシングは糠に釘?「モテる・いい人・脇甘い」こそ芸能人にマストな“天賦の才”
「確かに精神年齢は“5歳児並み”なのかもしれませんね」(スポーツ紙芸能担当デスク)なんて指摘もある。週刊文春に新恋人の存...
2021-10-19 17:03 エンタメ
<72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#72  私は大下さんが証言した「カチンカチン」に違和感を覚えていた。...
2021-10-19 17:03 エンタメ
【寄稿】「イカゲーム」はなぜ世界中でヒットしているのか?(北島純)
 Netflixで配信中のドラマ「イカゲーム」が世界中で大ヒットしている。83カ国のNetflixランキングで1位を獲得...
2021-10-19 17:03 エンタメ
福原遥には“チルアウト”の魅力が 元まいんちゃんは見ている人をホッとさせる
福原遥(23歳)「アンラッキーガール!」日テレ系  最近は新しい世代の女優が連ドラの主演や準主演級で活躍するようになっ...
2021-10-19 17:03 エンタメ
59歳・松田聖子が貫く完全無欠のプロ意識と巧みなセルフプロデュース
 昨年デビュー40周年を迎えた松田聖子(59)がテレビのバラエティーに相次いで出演、知られざるエピソードを披露して話題だ...
2021-10-19 17:03 エンタメ
芸能人に温泉好き&詳しい人が多い理由は、ロケで全国に行くことが多いから
【山田邦子 人生いろいろ】  温泉はいつ入っても気持ちがいいがやっぱり秋。少し肌寒くなってきた今頃、手足を伸ばし体をほ...
2021-10-19 17:03 エンタメ
歌は水物です…「そんな夕子にほれました」はヒットすると思っていなかった
【増位山太志郎 多芸多趣味は老い知らず】#10  子供の頃は力士より歌手になりたいと思っていたことは前にお話ししました...
2021-10-19 17:03 エンタメ
小室圭さんの髪型に一喜一憂する日本メディア それを冷ややかに奇異な目で見る米英メディア
 小室圭さん(30)の母、佳代さんの金銭トラブル発覚により延期されていた、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室さんの入...
2021-10-19 17:03 エンタメ
NHK党・立花孝志氏が暴露「NHK出演料は1回7万円」は高いか安いか
「NHKをぶっ壊~す」。日本記者クラブが18日に開いた党首討論会で、ひとり、独自の発言を貫いていたのが「NHKと裁判して...
2021-10-19 17:03 エンタメ
小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり
 小室圭さん(30)が18日、眞子さま(29)との結婚の挨拶のため、秋篠宮家に出向いた。実際にどのような話が交わされたの...
2021-10-19 17:03 エンタメ
群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#67  1984年10月に世界放浪の旅に出掛けたことは、前回の当コラムで書い...
2021-10-18 17:03 エンタメ
江口のりこ「SUPER RICH」でフジ挑戦 “脱キラキラ系女優”がドラマを変える!
 14日にスタートした江口のりこ(41)主演の連ドラ「SUPER RICH」(フジテレビ=木曜夜10時)の初回視聴率は世...
2021-10-18 17:03 エンタメ
小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問
 小室圭さん(30)の母親の金銭トラブルについて、TBS系(CBC制作)の「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(10月...
2021-10-19 09:23 エンタメ
占い師・タレント濱口善幸さん 母親の喫茶店で「1人1000円占い」が裏メニューに
濱口善幸さん(占い師・タレント/40歳)  よゐこの濱口優さんの弟で、タロット占い師としてテレビで注目されている濱口善...
2021-10-18 17:03 エンタメ
森田豊さんが明かす「ドクターX」モデルの正体 「テレ朝とアイデアを出し合った」
森田豊さん(医師・医療ジャーナリスト/58歳)  14日から新シリーズがスタートした「ドクターX~外科医・大門未知子~...
2021-10-18 17:03 エンタメ
NYタイムズ紙「国際TVドラマTOP10」に唯一選ばれた韓国本格サスペンス
韓流ドラマ「秘密の森~深い闇の向こうに~」(BS-TBS)  政府や警察など行政組織の不正を暴くポリティカル・スリラー...
2021-10-18 17:03 エンタメ