平手友梨奈の衝撃 欅坂46“卒業”ではなく“脱退”の真相に迫る

こじらぶ ライター
更新日:2020-01-29 15:44
投稿日:2020-01-24 15:30

卒業と脱退の違いがTwitterのトレンド入り

欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈(C)日刊ゲンダイ
欅坂46からの"脱退"を発表した平手友梨奈 (C)日刊ゲンダイ

 1月23日21時、欅坂46公式サイトで同グループの顔でもあり絶対的エースであった平手友梨奈(18)の脱退が発表された。

 欅坂46のデビュー曲から8thシングルまで全ての表題曲でセンターを務めてきた平手。それだけでなく、16年4月のデビューから約3年10カ月、他メンバーのソロ曲や少人数でのユニット曲以外、ほぼ全てのグループ全体のカップリング曲、アルバム曲のセンターであり、秋元康氏が書く歌詞は多くが彼女に当て書きされていること、ライブ演出でも1人特別演出や衣装が違うことなどからも、欅坂46という物語の主人公とも言える存在であった。

 それだけに、発表後には多くのファンがショックを受け困惑。「信じたくない」、「涙が止まらない」、「明日からどうやって生きていけばいいのか」といった悲しみの声で溢れた。公式発表直後の報道番組、「報道ステーション」(テレビ朝日系)は速報扱い、「news zero」(日本テレビ系)では功績を辿りつつ脱退が報じられた。

 この平手の脱退発表について一つの議論が生じている。欅坂46公式サイトでは平手の“脱退”と同時に2人のメンバー、織田奈那(21)と鈴本美愉(22)の“卒業”も発表されたが、平手は本人の意向で“卒業”ではなく“脱退”という表現になったという。この2つの言葉が同時に使い分けられたことにより、ファンは困惑。「卒業と脱退の違い」「脱退と卒業の違い」双方がTwitterのトレンド入りをするなど物議を醸している。

散見された「脱退」=ネガティブイメージ

 ネット上や報道番組で取り上げられる街の人々の声として特に見られたのは、“卒業”は「やりきった」や「円満」といったポジティブイメージだが、“脱退”は「不祥事などで辞めさせられる」、「グループが嫌になったから出ていく」というネガティブなイメージだという。

 各スポーツ紙の記者らは「“卒業”だとその後もアイドルのイメージがつきまとうため、それを払拭するために〈完全な決別〉の意味を込めての“脱退”」であるとか、「スタッフやメンバーとの衝突があったため“脱退”との表現を本人が選んだ」、「グループの秩序を乱したという引け目から“脱退”とした」など、平手の欅坂46に対する負の思いからその言葉選びがなされたとの解説がいくつかあった。

 だが、本当にそうだろうか。平手を結成当時から見てきた筆者はそうは思わない。

 脱退公式発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」で放送された平手友梨奈自身からの報告。

「こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については、今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております」

 とのコメントがあったが、どこか重々しく、慎重にひと言ひと言、言葉を紡ぐその声からは、欅坂46から“離れる”悲しみ、辛さが痛いほど伝わってきた。“脱退”という言葉すら口に出来ないほどに。

 また、平手参加のラストシングルとなった「黒い羊」が流れた後、曲への想い入れや、メンバーと築き上げてきた日々を思い出してなのか、涙ぐみながら震えた声で、「この曲は欅坂46で『黒い羊』です」と紹介してから、「う~ん……(涙で鼻をすするような音を何度か挟む)」と、しばらく沈黙の時間。その後、声を振り絞って「はい、というわけで、私とは来月この教室で、また明るくお会いしましょう。平手友梨奈でした」と気丈に挨拶したが、そんな彼女から「欅坂46から出ていってやる」とか「今後アイドルのイメージなんてつけられたくない」という負の感情はとても感じえなかった。

 クールで笑わないといったパブリックイメージと違い、等身大の平手友梨奈は、同番組で最もよく見られた。よく笑い、ファンとの電話を楽しくしたり、番組制作陣とのツッコミの応酬などコミカルなやりとりも好評を呼んだ。

 そんな今までのリラックスした放送回とは全く別人の、鎮痛の感情が読み取れる、欅坂46から“離れた”平手友梨奈。ならば、なぜ彼女がその決断をしなければならなかったかのか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


FILM
 東京五輪2020が新型コロナウイルスの猛威についに白旗を掲げた。IOCは日本政府の要求をほぼ受け入れる形で約1年程度の...
2020-03-31 17:03 エンタメ
FILM
 法律をもぶち破って暴走する悪辣政権と、それに右に倣えで、まるで支配下にある大手メディア。この歪み極まりない状況に迫った...
2020-03-31 17:03 エンタメ
FILM
 東京五輪の延期を機に、緊張感を増している新型コロナウイルス禍。プロスポーツの開幕や学校の新学期など“ビッグイベント”が...
2020-03-31 17:03 エンタメ
FILM
 新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に帰らぬ人となった志村けんさん(享年70)は2019年7月、日刊ゲンダイのイン...
2020-03-31 17:03 エンタメ
FILM
 コメディアンの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日深夜11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため、都内の病院で...
2020-03-31 17:03 エンタメ
FILM
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  「野性爆弾」くっきー!さん(44)  強烈な個性派芸人、野性爆弾のくっきー!さ...
2020-03-30 17:03 エンタメ
FILM
 新型コロナ禍の影響で、情報番組と連続ドラマが数字を伸ばしたといわれる1月クール。  地上波連続ドラマでの視聴率レース...
2020-03-30 17:03 エンタメ
FILM
【あの人は今こうしている】  好川菜々さん(元女子ボクシング世界王者・41歳)  何かと話題の女子格闘技界。中でもボ...
2020-03-30 17:03 エンタメ
FILM
【今週グサッときた名言珍言】 「自分は枠から飛び出して、自分っていうものを、自分の世界っていうものを表現してみたい...
2020-03-29 17:28 エンタメ
FILM
【ダンカンの笑撃回顧録】#34  クルクルクル、カラ~ン! おーっ、今回の俺の人生ルーレットが止まったところは……えー...
2020-03-29 17:03 エンタメ
FILM
【あのヒット曲 意外な誕生秘話】  昭和を代表する歌手・美空ひばりは、ほぼ昭和とともに生涯を終えている(平成元年6月没...
2020-03-29 17:03 エンタメ
FILM
【テレビが10倍面白くなるコラム】#39  東京電力福島第1原発の事故を描いた映画「Fukushima50」は、新型コ...
2020-03-29 17:03 エンタメ
FILM
 初回視聴率が9・9%だった佐藤健(31)の主演ドラマ“恋つづ”こと「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)は、最終回で1...
2020-03-29 17:03 エンタメ
FILM
【私の秘蔵写真】  サエキけんぞうさん(ミュージシャン・61歳)   ◇  ◇  ◇  1980年代のテクノブーム...
2020-03-29 17:03 エンタメ
FILM
【あれもこれも言わせて】  春、桜も満開というのに、陰々滅々の日々。それでも新年度がスタートするわけで今回は新入社員の...
2020-03-29 17:03 エンタメ
FILM
 米倉涼子が所属事務所を退社、その前は中居正広――大物の独立が続いている。ところで2018年に独立したあの人は……。大手...
2020-03-29 17:03 エンタメ