筋肉のこわばりがどんどん酷く…日常生活にも支障が出てきた

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-02-25 06:00
投稿日:2020-02-25 06:00
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進する病気で、動悸や発汗、めまいや悪心、体重減少に筋力低下など、その症状は全身に及びます。治療法は投薬・アイソトープ・外科的手術の3種類とされ、多くの患者は投薬治療で寛解を目指します。
 これは、投薬治療の末に、手術で甲状腺を全摘し完治に至った筆者が、2年間の闘病生活を振り返るドキュメンタリーです。

筋肉のこわばりが治らない

両肩がガチガチに硬い(写真:iStock)
両肩がガチガチに硬い (写真:iStock)

 猫アレルギー騒動から、1カ月ほど経ったころ。

「なんだか、首まわりがどんどん苦しいし、背中も胸まわりも硬いから、食事や飲み物を飲み込むのもしんどい……」

「両肩がガチガチに硬いのは、肩こり? それにしては、岩が入っているみたいにカチンコチンなんだけど、なにこれ……?」

 猫アレルギーのタイミングで発症した“筋肉のこわばり”は、アレルゲンと離れてもむしろ悪化している様子。ちょうどお正月の時期だったので、お雑煮のお餅を食べようとしたら、喉に突っかかりを感じ、そのまま詰まらせてしまうんじゃないかと焦るほどでした。

血液検査では「異常なし」

原因は運動不足?(写真:iStock)
原因は運動不足? (写真:iStock)

 しかし、定期的に通っている大学病院の主治医に状況を説明したところ、他の病気の可能性を探るべく血液検査をしても正常とのことで「バセドウのために運動制限をしているから、全身にひどいコリが出ているのかなぁ?」と言われ、ガックリ。

 バセドウ病になると、基本的に運動を禁止されます。私の場合は、病気の発覚時には甲状腺ホルモンが基準値を大幅に上回っていたので「原則として15分以上歩くのは禁止」で、散歩もダメ。当然ながら、ヨガや水泳、ゴルフなどのゆるっとした運動もすべてNGでした。

 その後、甲状腺ホルモンが基準値内に戻ったところで「軽い運動を短時間ならOK」となり、ストレッチ程度は行なっていたのですが、言われてみれば健康なときと比べ、格段に運動不足なのは確かです。

 けれど本人からすると、“コリ”なんて言葉で片付けられるほどの状態ではなく、常に首は誰かに掴まれているかのような不快感と、上半身を何かでグルグルに巻かれているかのような圧迫感を感じ続けていました。当然ながら、食事も動作も、いちいち「苦しい!」となっていて、もはや日常生活にも支障が……。

 そんな窮状を必死に主治医に伝えたのですが「血液検査で筋肉に関する数字には異常が出ていないので、ひとまずそこまで不安がらなくても大丈夫でしょう。バセドウ病は全身疾患だから、なにが起きても不思議ではないんですよね……」と、申し訳なさそうな顔で説明を受けました。

ほぼ寝たきりのような状態に…

仕事にも影響が出始めた(写真:iStock)
仕事にも影響が出始めた (写真:iStock)

 筋肉のこわばりへの特効薬がなく、途方に暮れてしまった私。仕方がないと思いつつも、症状はどんどん悪化するばかりです。一緒に暮らす恋人が、見るに見かねて家事を代わってくれたので、もはや家にいるときは「ほぼ寝たきり」に近い状態に。

 日によって、多少の症状の変化はあるものの、外出中にめまいや悪心(おしん)が出て、予定をキャンセルして帰ってくる回数も増えました。仕事にも影響が出てしまっていて、フリーランスの編集者である立場では、収入も減り始めてきました。

「私、このままどうなっちゃうんだろう……」

 言いようのない不安感が、毎日のように押し寄せていました。

 次回に続きます。

ライフスタイル 新着一覧


せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
出会いと別れの季節…去りゆく“にゃんたま”に一抹の寂しさ
 春は出会いと別れの季節。縁とは不思議なもの、いままで多くのにゃんたま君たちとの出会いと別れがありました。  きょ...
トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!
「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話する...