真剣にレスに取り組むとSEXが義務化…男を奮い立たせるには

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-02-19 06:00
投稿日:2020-02-19 06:00
「今夜しようよ」のサインや絶対にエッチする日を決めることで、セックスレスは改善する場合がありますが、「決め事をクリアしているうちに、セックスが義務化してますます彼女を女性として見られなくなる危険性が……」と、前回#3で意見を紹介させてくれた男性たちからはそんな指摘もありました。
「レス状態に終止符を打つにはどうしたらいいの?」と悩むモヨ子さんに、彼ら20~50代男性からのちょっと意外なアドバイスです。

秘密のない関係を望む女心vs男性心理

パートナーに対する愛情はあっても…(写真:iStock)
パートナーに対する愛情はあっても… (写真:iStock)

男がヤリたくなるのは意外なアノ瞬間!?

 彼ら5人に「突然、彼女を抱きたくなるのはどんな瞬間?」と聞いたところ、「出掛けるために着替えて出てきたとき」「真剣に化粧をしているとき」という声が複数ありました。

 貴史さん(40代・会社員)は、

「俺のことなんか眼中になく、一心に鏡を見て化粧している。いつもより綺麗になって立ち上がった瞬間、ああ、今すぐ押し倒したいって思うんですよね~。出掛けようってときにそんなことしたら、こっちのほうが張り倒されますけどね!」

 と、苦笑まじりに語ってくれました。

 性欲には「相手を自分のものにしたい、独占したい」という一面があり、パートナーが外で他人から欲望の対象として見られるかもしれない、という想像が脳にチラついただけで勃起する……ということはめずらしくないのです。

 そう考えると、彼が好きなのはこんな感じ、といつも同じヘア&メイクだったり、いつもリラックススタイルだったり……というのは見直したほうがよさそうです。

相手を知りすぎていると勃起できない?

 AV男優の大島丈さんはセックスレスの解決に取り組んだ映像作品『スマート・セックス・ライフ』に収録されている座談会で、「お互いのすべてを知っているから、と探求心がなくなることがレスにつながる」という意味のことを語っています。

 妻(や同棲相手)にだけ勃起せず、セフレとはできる――という“妻だけED症候群”が起きるのも、これが原因かも知れません。パートナーに対する愛情はあるのに下半身だけ不倫してしまうのです。

「一緒に暮らしていてもミステリーを残しておくと、またこの女とセックスしたいなという気持ちは湧いてくるはずですよ」と大島さん。

スマート・セックス・ライフ』を監督したなぎら健造さんもこれに答えて、

「電話してもすぐに出ないと、もしかしたら誰かとデートしてるんじゃないかと思ったりする。自分の知らないことを想像すると、性欲が刺激される」

 と、言っています。女性は愛情が深くなればなるほど、自分のすべてを相手に知ってもらおう、秘密のない関係になろうとしがちですが、それが男性の狩猟本能を鎮静させ、“親友か妹みたいな関係”になってしまう可能性がありそうです。

 むしろ、「俺のいないところで彼女は何をしているんだろう?」と疑うぐらいの距離感があったほうが、男性は欲求をそそられるのです。

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク