真剣にレスに取り組むとSEXが義務化…男を奮い立たせるには

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-02-19 06:00
投稿日:2020-02-19 06:00
「今夜しようよ」のサインや絶対にエッチする日を決めることで、セックスレスは改善する場合がありますが、「決め事をクリアしているうちに、セックスが義務化してますます彼女を女性として見られなくなる危険性が……」と、前回#3で意見を紹介させてくれた男性たちからはそんな指摘もありました。
「レス状態に終止符を打つにはどうしたらいいの?」と悩むモヨ子さんに、彼ら20~50代男性からのちょっと意外なアドバイスです。

秘密のない関係を望む女心vs男性心理

パートナーに対する愛情はあっても…(写真:iStock)
パートナーに対する愛情はあっても… (写真:iStock)

男がヤリたくなるのは意外なアノ瞬間!?

 彼ら5人に「突然、彼女を抱きたくなるのはどんな瞬間?」と聞いたところ、「出掛けるために着替えて出てきたとき」「真剣に化粧をしているとき」という声が複数ありました。

 貴史さん(40代・会社員)は、

「俺のことなんか眼中になく、一心に鏡を見て化粧している。いつもより綺麗になって立ち上がった瞬間、ああ、今すぐ押し倒したいって思うんですよね~。出掛けようってときにそんなことしたら、こっちのほうが張り倒されますけどね!」

 と、苦笑まじりに語ってくれました。

 性欲には「相手を自分のものにしたい、独占したい」という一面があり、パートナーが外で他人から欲望の対象として見られるかもしれない、という想像が脳にチラついただけで勃起する……ということはめずらしくないのです。

 そう考えると、彼が好きなのはこんな感じ、といつも同じヘア&メイクだったり、いつもリラックススタイルだったり……というのは見直したほうがよさそうです。

相手を知りすぎていると勃起できない?

 AV男優の大島丈さんはセックスレスの解決に取り組んだ映像作品『スマート・セックス・ライフ』に収録されている座談会で、「お互いのすべてを知っているから、と探求心がなくなることがレスにつながる」という意味のことを語っています。

 妻(や同棲相手)にだけ勃起せず、セフレとはできる――という“妻だけED症候群”が起きるのも、これが原因かも知れません。パートナーに対する愛情はあるのに下半身だけ不倫してしまうのです。

「一緒に暮らしていてもミステリーを残しておくと、またこの女とセックスしたいなという気持ちは湧いてくるはずですよ」と大島さん。

スマート・セックス・ライフ』を監督したなぎら健造さんもこれに答えて、

「電話してもすぐに出ないと、もしかしたら誰かとデートしてるんじゃないかと思ったりする。自分の知らないことを想像すると、性欲が刺激される」

 と、言っています。女性は愛情が深くなればなるほど、自分のすべてを相手に知ってもらおう、秘密のない関係になろうとしがちですが、それが男性の狩猟本能を鎮静させ、“親友か妹みたいな関係”になってしまう可能性がありそうです。

 むしろ、「俺のいないところで彼女は何をしているんだろう?」と疑うぐらいの距離感があったほうが、男性は欲求をそそられるのです。

エロコク 新着一覧


FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
FILM
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
FILM
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
FILM
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ステイホーム期間、ラブグッズ業界は店舗を閉めざるをえなかった一方で、通販での売れ行きはよかったといいます。  な...
桃子 2020-07-29 06:00 エロコク