試行錯誤の末に…鬼嫁に“鬼の仮面”を外させた夫の秘策3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-26 06:00
投稿日:2020-02-26 06:00
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁をやめさせるのに成功した夫たちの秘策に迫ります。

1:ウサギのパワーは絶大…

ウサギが救世主に!(写真:iStock)
ウサギが救世主に! (写真:iStock)

「結婚して2年目、どんどんキツくなる妻の性格にマジで悩んでいて、友達に相談したんです。

 友達の奥さんは、子どもができてから性格が丸くなったらしく『君の家も、子どもを作れば変わるんじゃないか?』ってアドバイスをくれたんですが……。すでにレスになっていたこともあり、妻に子作りの相談をしたら、鼻で笑われました。

 このままじゃ夫婦関係の崩壊は免れないと思っていたある日、同僚が転勤に伴ってウサギを飼ってくれる家を探していて。我が家でもらうことにしました。

 すると、鬼だった妻の態度が激変。顔つきも優しくなり、俺への言動もまろやかになりました。まだたまに鬼になる時もありますが、ウサギが来る前と比べたら、鬼に豹変する回数が減ってホッとしています。

 動物のパワーって、すごいっすね」(33歳男性/金融)

  ◇  ◇  ◇

 ペットの癒し効果は絶大! 鬼嫁になる妻の中には、背景にストレスや不安などが潜んでいる人もいるため、ペットに癒されることがメンタルの安定に役立つケースもあるでしょう。

2:「本気の家出」を敢行

本気の家出に鬼嫁もオロオロ(写真:iStock)
本気の家出に鬼嫁もオロオロ (写真:iStock)

「うちは結婚6年目で、子どものいない夫婦です。

 妻のワガママや感情の激しさはケタ違いで、去年の暮れにほとほと愛想がつきました。

 何度話し合いをしても改善されないし、それどころか、俺がひとつ何かを言えば10倍にして返してくるタイプ。

 さすがに、そんな妻と生涯を添い遂げるのはゴメンだと思い、俺は家出を敢行。

 短期的な家出ではなく、妻が反省するまでは戻らないつもりで、会社の近くにボロアパートを借りたので、家出って言うより別居に近いかも。

 妻には何も言わずに家を出たんですが、最初はそんな俺を罵っていた妻が、10日ほど経ったあたりで態度を変えてきました。

『全部わたしが悪いんです』『わたしは変わりますから、離婚だけは勘弁してください』と言ってくるようになり、今は様子見ですが、そろそろ帰宅してもいいのかなって考え始めています。

 俺からは離婚なんてひとことも言ってないんですが、妻は焦ったっぽいですね。本格家出は、効果てきめんでした!」(41歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 まるで離婚の意思があるかのような夫の振る舞いを見て、改心に至った鬼嫁も。こちらの夫の場合、狙って家出したのではなく耐えかねての脱出だったそうですが、夫婦が修復に向かったようでなによりです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ