彼氏に何を求めてる?理想の彼氏の8個の条件&射止める方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-15 06:00
投稿日:2020-03-15 06:00
 友達に彼氏ができると、なんだか焦ってしまいますよね。しかし、焦って彼氏を作っても交際が長続きしなければ意味がありません。そのためには、自分にとっての「理想の彼氏」を見つけることが大切!そこで、女性は彼氏にどんな理想を抱いているのか、理想の彼氏を作るためにはどうすればよいのかご紹介します。

多くの女性が理想の彼氏と思う8個の条件とは?

理想の彼氏はどこにいる?(写真:iStock)
理想の彼氏はどこにいる? (写真:iStock)

 あなたは、彼氏にどんなことを求めますか?人それぞれタイプはありますが、求める条件はあまり変わらないようです。つまり、「この人、素敵だな」と思う男性には、他の女性も惹かれている可能性が高いということ。

 では、女性は理想の彼氏としてどんな条件を求めているのかご紹介しましょう。

1. やっぱりイケメン

 異性と出会い、第一印象となるのはやはり「顔」。当然、自分の理想のタイプであれば、それだけで心惹かれる人が多いでしょう。

 そのため、理想の彼氏は「イケメンがいい」と思っている人がほとんどのようです。しかし、“イケメン”といっても人によってタイプが異なるため、自分にとってのイケメンかどうかというのがポイントになります。

2. 自分より身長が高い

 カップルとして並んだ時の見た目を、気にする女性は意外と多くいます。平均的な身長の女性の多くは、「自分よりも背が高い男性が良い」と思っていることがほとんど。男性との身長差があればあるほど、「理想的」だと思う女性も多いでしょう。

 十分な身長差があればヒールのある靴も気にせず履けますし、何より守ってもらえているという感じがありますね。

3. 優しい性格

 恋人として付き合う相手となれば、当然「優しい」に越したことはありません。思いやりをもって接してくれる男性だと、安心して交際することができますよね。

 また、そういった性格の男性は、友達や家族に対しても優しく接してくれるため、将来結婚を考えた時にもメリットになるでしょう。

4. 頼もしい人

 理想の彼氏の条件に、「頼もしい男性」を挙げる女性も多いです。いつの時代も「男性に引っ張ってもらいたい」と願う女性は多いですが、頼り甲斐がある彼氏であれば、辛い時や困った時にも支えてもらうことができますね。

5. 価値観が似ている

 どんなに見た目がタイプの男性でも、価値観が合わなければ交際はうまくいきません。あなたが我慢するor彼氏が変わらなければ、付き合いを続けることは難しいでしょう。

 そのため、趣味、笑いのツボなど、彼氏に同じような価値観を求める女性は多いようです。

6. 収入が高い

 女性は、「恋愛=結婚」と考えている人が少なくありません。結婚となれば、妊娠、出産という将来も考えるため、彼氏に経済的安定を求める女性が多いでしょう。

「収入はできるだけ高い方が良い」と、男性を選ぶ1つの基準にしている女性もいるようです。

7. 友達が多い

 彼氏周りにいる人の評価は、意外と気になるものです。友達が多いということは、それだけ人から好かれているということ。つまり、同性に好かれる男性は人望が厚く、人としての信頼性が高いとも言えますね。

8. 浮気をしない

 恋人がいるだけで「幸せそう」だと思われがちですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てきます。そんな女性の悩みの中でも多いのが、彼氏の浮気でしょう。

 過去に彼氏に浮気された経験がある女性は、新たな恋でも同じ悩みを抱えたくないため、「一途な男性が良い」と思うことが多いです。

ライバルが多い!? 理想の男性をGetするには?

狙っているのはあなただけじゃない(写真:iStock)
狙っているのはあなただけじゃない (写真:iStock)

 いかがでしょう? 上記の8個の条件に共感できましたか? でも、共感できるということは、それだけライバルも多いということ。そのライバルから勝ち抜いて、彼を射止めるためには、どうすれば良いのでしょうか?

自分磨きは必須

 男性にさまざまな条件を求めている人の中には、何も努力せずに男性からのアプローチを待っている人もいます。

 しかし、彼を「素敵だな」と思っている女性は、あなただけではありません。あなたが努力を怠っているうちに、努力した女性が彼を射止めてしまう可能性だってあります。そうならないためには、日々の自分磨きが必要でしょう。

出会いの数を増やす

「理想通りの男性が現れない」とボヤいている女性の中には、行動範囲を広げないまま「出会いがない」と言っている人が少なくありません。

 家と職場の往復の毎日では、出会いが見つからないのは当然のこと。理想通りの彼氏をゲットしたいと思うのであれば行動範囲を広げ、出会いの数を増やしていくことが大切です。

気になる人がいれば、自分からアプローチ

 理想通りの男性が現れても、「自分に自信がない」「アプローチする勇気がない」と悩むだけではダメ。行動を起こさなければ、恋は始まりません。

 あなたにとっての「理想の男性」は、ほかの女性にとっても「理想の男性」である可能性もあります。「アプローチは男性から」という考えは、捨てた方が良いでしょう。

理想の男性を彼氏にするためには、あなたの努力が必要!

自分を磨く努力を怠らない(写真:iStock)
自分を磨く努力を怠らない (写真:iStock)

 素敵な彼氏と歩いている女性を見たり、恋愛ドラマを見る度に「いいなぁ」と羨ましく思っている女性も多いはず。でも、羨ましがっているだけでは、現状を変えることはできません。

 理想通りの男性を彼氏にするためには、相応しい女性になることも大切です。いつ、理想通りの男性が現れても良いように、今から準備を始めましょう!

ラブ 新着一覧


あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ