「この人かも!?」男性が女性に運命を感じる10の瞬間とは♡

コクハク編集部
更新日:2020-03-23 06:00
投稿日:2020-03-23 06:00
 好きな人ができた時、「この人が運命の相手かも!?」と感じたことがある方は多いでしょう。この運命論を信じているのは、なにも女性だけではありません。実は、男性にも「この人が運命かも?」と思う瞬間があるようなんです♪

男性が女性に運命を感じる10の瞬間!

この人が運命の人?(写真:iStock)
この人が運命の人? (写真:iStock)

 星の数ほどいる女性の中から、男性はいつどんな時に「この人かも?」と感じるのでしょうか?さっそく、男性が女性に運命を感じる瞬間をチェックしてみましょう。

1. 時間が経つのがやけに早いと感じた時

 一緒にいると、時間が経つのがやけに早いと感じる時、男性は女性に対して運命を感じやすいようです。

 実は、「人は魅力的だと感じる人と一緒にいると、時間を短く感じやすい」という特性を持っているそうです。つまり、時間が経つのも忘れられるような女性に対して、男性は本能で魅力を感じているということ。「近づきたい」「仲良くなりたい」という気持ちが、運命を感じさせるのでしょう。

2. 共通点を多く感じた時

 育ってきた環境が似ていたり、好きな食べ物が同じだったり、マニアックな趣味が同じだったりなど、共通点を多く持つ女性に惹かれる男性は多いでしょう。

 共通点は、相手のことを知れば知るほど発見できるもの。「こんなことまで似ているんだ!」と知るたびに話題も増え、二人の距離はどんどん縮まっていくはずです。

3. 価値観が合うと感じた時

 離婚理由の代表とも言える「価値観の相性」。長年連れ添った夫婦でも「価値観が合わない」と熟年離婚をするくらいですから、価値観が本当に合う相手というのは滅多にいないのかもしれません。

 だからこそ、趣味嗜好はもちろん、世の中の出来事に対しての考え方が近かったり、理想の家庭に関してのイメージが近かったりなど、価値観が合うと感じる女性に対して「どんなことがあっても一緒にいられそう」だと判断する男性は多いようです。

4. 外見がばっちり好みのタイプだった時

「男性は視覚で恋をする」とよく言われますが、女性の外見がばっちり自分の好みのタイプだった時、「運命かも!」と感じる男性は多いようです。

 これは「運命を感じる相手」というよりは、「運命を感じたい相手」なのかもしれませんが……、でも、“妄想の中で描いてきた理想の相手が、突然目の前に現れたら?”と想像すると分かる気がしますね。

5. 何かをする時に全てが順調に進む時

 たとえば旅行やイベントなど、その女性と何かをする時に全てが順調に進む場合に運命を感じる男性もいるようです。

 よくあるのが、長くお付き合いをした相手と別れた直後の“電撃婚”。何年もいた相手とはなかなか結婚まで辿り着かなかったのに対して、交際期間は短いのに何か強い力に導かれるようにスムーズに結婚まで運ぶような時にも、運命を感じやすいでしょう。

なぜかしっくり来る相手(写真:iStock)
なぜかしっくり来る相手 (写真:iStock)

6. 何も言わなくても伝わる時

「1人でいた方が楽」、そんな風に思う男性は多いです。これは、誰かといると無理に話をしないといけない気持ちになったり、機嫌よく見せないといけなかったりと、何かと気を使うからでしょう。

 だからこそ、何も言わなくても気持ちが伝わったり、察してくれたりする女性が現れた時、「良き理解者である」と男性は判断します。「阿吽の呼吸」を感じられる相手を、運命の人だと思うのかもしれません。

7. 肌や匂いがしっくりくる時

 触れ合った時の肌の感触や、ふわりと香る匂いがしっくりくる女性に対して、男性は好意を抱きやすいです。人はDNAレベルで無意識に相手の匂いを嗅ぎ分けていると言われていますが、本能的に相性が良い相手を見極めているのでしょう。

 さらに、体の相性までもが良かったら「この人とは離れられない」と、密かに運命を感じてしまう男性も多いです。

8. 落ち着きや癒しを感じる時

 好きな相手の前に立つと、ドキドキしたり緊張したりするのは男性も同じ。このドキドキは刺激でもあり、恋愛の醍醐味でもありますね。

 しかし、男性がずっと一緒にいたいと思う女性は、落ち着きや癒しを感じさせてくれる女性です。日々、仕事など外で戦う男性にとって、「いつ終わるかもしれない恋愛」ではなく、「明日も当たり前にある恋愛」を求めたくなるのは、当然のことなのかもしれません。

9. 離れられないと感じた時

 何か困難があって別れてしまったり、転勤などで2人の距離が遠ざかったりしても、なぜだか離れられない相手を運命だと感じるのは男女共通のこと。

 滅多にないようなタイミングで偶然再開したり、無理なく自然にヨリが戻ったりなど、そんな体験がいくつも続いたら「縁」を感じてしまうのも分かりますね。

10. 一緒にいる未来が見える時

 その女性と一緒にいる未来が見える時にも、男性は運命を感じます。「ビビビと感じた」と表現する女性もいますが、男性の場合には女性のように「インスピレーション」ではなく「現実的」に考えて、そう思うことが多いでしょう。

 これは、男性の脳が女性との未来を想像した時に、本能的にアリかナシかを判断しているから。未来を感じさせられるような女性像は男性によっても違いますが、それこそ相性であり、運命なのかもしれません。

「運命の女性」だと感じてもらうこともできる!

運命の女性になれるかも♡(写真:iStock)
運命の女性になれるかも♡ (写真:iStock)

 いかがでしょうか?ロマンチックな女性と比べると、論理的な思考回路を持つ男性は、「運命」にも理由づけをしていることが多いように思います。

「この女性といると、自然体でいられるから将来を考えられる」とか、「この女性は子どもが好きだから、良い家庭を築けそう」とか、理由あっての運命だったりするのかもしれません。

 でも、逆に考えると、その男性にとって居心地の良さ、親近感、一緒にいるメリットを感じさせることができれば、「運命の女性」だと感じてもらえるチャンスが増えるということ。ぜひ、気になる男性との恋愛に、役立ててみてくださいね。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...