「この人かも!?」男性が女性に運命を感じる10の瞬間とは♡

コクハク編集部
更新日:2020-03-23 06:00
投稿日:2020-03-23 06:00
 好きな人ができた時、「この人が運命の相手かも!?」と感じたことがある方は多いでしょう。この運命論を信じているのは、なにも女性だけではありません。実は、男性にも「この人が運命かも?」と思う瞬間があるようなんです♪

男性が女性に運命を感じる10の瞬間!

 星の数ほどいる女性の中から、男性はいつどんな時に「この人かも?」と感じるのでしょうか?さっそく、男性が女性に運命を感じる瞬間をチェックしてみましょう。

1. 時間が経つのがやけに早いと感じた時

 一緒にいると、時間が経つのがやけに早いと感じる時、男性は女性に対して運命を感じやすいようです。

 実は、「人は魅力的だと感じる人と一緒にいると、時間を短く感じやすい」という特性を持っているそうです。つまり、時間が経つのも忘れられるような女性に対して、男性は本能で魅力を感じているということ。「近づきたい」「仲良くなりたい」という気持ちが、運命を感じさせるのでしょう。

2. 共通点を多く感じた時

 育ってきた環境が似ていたり、好きな食べ物が同じだったり、マニアックな趣味が同じだったりなど、共通点を多く持つ女性に惹かれる男性は多いでしょう。

 共通点は、相手のことを知れば知るほど発見できるもの。「こんなことまで似ているんだ!」と知るたびに話題も増え、二人の距離はどんどん縮まっていくはずです。

3. 価値観が合うと感じた時

 離婚理由の代表とも言える「価値観の相性」。長年連れ添った夫婦でも「価値観が合わない」と熟年離婚をするくらいですから、価値観が本当に合う相手というのは滅多にいないのかもしれません。

 だからこそ、趣味嗜好はもちろん、世の中の出来事に対しての考え方が近かったり、理想の家庭に関してのイメージが近かったりなど、価値観が合うと感じる女性に対して「どんなことがあっても一緒にいられそう」だと判断する男性は多いようです。

4. 外見がばっちり好みのタイプだった時

「男性は視覚で恋をする」とよく言われますが、女性の外見がばっちり自分の好みのタイプだった時、「運命かも!」と感じる男性は多いようです。

 これは「運命を感じる相手」というよりは、「運命を感じたい相手」なのかもしれませんが……、でも、“妄想の中で描いてきた理想の相手が、突然目の前に現れたら?”と想像すると分かる気がしますね。

5. 何かをする時に全てが順調に進む時

 たとえば旅行やイベントなど、その女性と何かをする時に全てが順調に進む場合に運命を感じる男性もいるようです。

 よくあるのが、長くお付き合いをした相手と別れた直後の“電撃婚”。何年もいた相手とはなかなか結婚まで辿り着かなかったのに対して、交際期間は短いのに何か強い力に導かれるようにスムーズに結婚まで運ぶような時にも、運命を感じやすいでしょう。

6. 何も言わなくても伝わる時

「1人でいた方が楽」、そんな風に思う男性は多いです。これは、誰かといると無理に話をしないといけない気持ちになったり、機嫌よく見せないといけなかったりと、何かと気を使うからでしょう。

 だからこそ、何も言わなくても気持ちが伝わったり、察してくれたりする女性が現れた時、「良き理解者である」と男性は判断します。「阿吽の呼吸」を感じられる相手を、運命の人だと思うのかもしれません。

7. 肌や匂いがしっくりくる時

 触れ合った時の肌の感触や、ふわりと香る匂いがしっくりくる女性に対して、男性は好意を抱きやすいです。人はDNAレベルで無意識に相手の匂いを嗅ぎ分けていると言われていますが、本能的に相性が良い相手を見極めているのでしょう。

 さらに、体の相性までもが良かったら「この人とは離れられない」と、密かに運命を感じてしまう男性も多いです。

8. 落ち着きや癒しを感じる時

 好きな相手の前に立つと、ドキドキしたり緊張したりするのは男性も同じ。このドキドキは刺激でもあり、恋愛の醍醐味でもありますね。

 しかし、男性がずっと一緒にいたいと思う女性は、落ち着きや癒しを感じさせてくれる女性です。日々、仕事など外で戦う男性にとって、「いつ終わるかもしれない恋愛」ではなく、「明日も当たり前にある恋愛」を求めたくなるのは、当然のことなのかもしれません。

9. 離れられないと感じた時

 何か困難があって別れてしまったり、転勤などで2人の距離が遠ざかったりしても、なぜだか離れられない相手を運命だと感じるのは男女共通のこと。

 滅多にないようなタイミングで偶然再開したり、無理なく自然にヨリが戻ったりなど、そんな体験がいくつも続いたら「縁」を感じてしまうのも分かりますね。

10. 一緒にいる未来が見える時

 その女性と一緒にいる未来が見える時にも、男性は運命を感じます。「ビビビと感じた」と表現する女性もいますが、男性の場合には女性のように「インスピレーション」ではなく「現実的」に考えて、そう思うことが多いでしょう。

 これは、男性の脳が女性との未来を想像した時に、本能的にアリかナシかを判断しているから。未来を感じさせられるような女性像は男性によっても違いますが、それこそ相性であり、運命なのかもしれません。

「運命の女性」だと感じてもらうこともできる!

 いかがでしょうか?ロマンチックな女性と比べると、論理的な思考回路を持つ男性は、「運命」にも理由づけをしていることが多いように思います。

「この女性といると、自然体でいられるから将来を考えられる」とか、「この女性は子どもが好きだから、良い家庭を築けそう」とか、理由あっての運命だったりするのかもしれません。

 でも、逆に考えると、その男性にとって居心地の良さ、親近感、一緒にいるメリットを感じさせることができれば、「運命の女性」だと感じてもらえるチャンスが増えるということ。ぜひ、気になる男性との恋愛に、役立ててみてくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ