美女と野獣カップルはなぜ成立する? 真実の愛の探し方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-05 06:00
投稿日:2019-07-05 06:00
 美女と野獣カップルとは、ディズニーの名作『美女と野獣』になぞらえた「綺麗な女性 & 残念な容姿の男性(以下ブサメン)」の組み合わせのカップルのこと。実は、美女と野獣カップルは相思相愛の関係が続きやすく、そのままゴールインするケースも多いんだとか。
 一見不思議にも思えるこの現象について、考えてみたいと思います。

美女があえて「野獣」を選ぶメリット

美女ほど相手を見た目で判断しないのはなぜ?(写真:iStock)
美女ほど相手を見た目で判断しないのはなぜ? (写真:iStock)

「イケメンだから一目惚れした」など、顔きっかけで始まる恋愛は多いでしょう。でも、美女がブサメン(私はこの言葉があまり好みではありませんが…)をあえて選ぶのはなぜでしょうか?そこには、ちゃんとメリットがあるのです。

大切にしてもらえる

 世の中には、釣った魚に餌をやらない自分本位な男性もいます。でも、ブサメンは彼女に一直線! まさにメロメロ状態になってくれるため、とにかく優しく大切に扱ってもらえます。お付き合いをしている男性に尽くしてもらえるのは、女性冥利に尽きること。自分だけを愛してくれるという確証は、女性をさらに輝かせてくれます。

浮気の心配が少ない

 イケメンとお付き合いをしていると「他の女性にモテたらどうしよう」なんて、心配になってしまいがち。必ずしもブサメンが浮気をしないというわけではありませんが、少なくとも女性側から口説かれるリスクは小さいでしょう。恋愛中のストレスが少ないため、居心地が良く癒しを感じることができます。

美女と野獣カップルに学ぶ! 女性の心の在り方

彼と一緒だと自然体でいられるから(写真:iStock)
彼と一緒だと自然体でいられるから (写真:iStock)

 今回もっとも注目したいのが、野獣と付き合う女性の心の在り方について。外見重視ではない彼女たちには、見習うべきことがたくさんあると思うのです。

顔ではなく性格で判断できる

 美しい女性があえてブサメンを選ぶのは、男性を顔ではなく性格で判断しているからでしょう。何もしなくても男性が寄ってくるような美女は、当然ながら出会いの数も多いです。さまざまな経験をしていく中で、顔だけで中身がない男性、性悪な男性を見抜くスキルがついていきます。

 だからこそ、美しい女性は「見た目よりも心」を重視します。ブサメンだろうとイケメンだろうと、自分が「一緒にいて楽しい!幸せ!」と、心から思える人を選ぶことができるのです。

自分にはないものを持っていて尊敬できる

 デキるブサメンは自分の容姿をコンプレックスにすることなく、他のスペックを磨き上げていきます。きちんと働いて経済的に安定していたり、多少のことでは動じない心を持っていたり、ユーモアのある会話ができたり、と、持つスキルはさまざま。

 根本的に外見を気にしない女性は、自分にはないものを持っていて尊敬できる男性に真っ直ぐに惹かれます。どんな風にこのスキルを手に入れたのか、ブサメンのこれまでの人生に激しく興味を持ってしまい、気づけば女性側がぞっこんになることもあります。

一緒にいて疲れない

 綺麗な女性は、周りから「部屋が綺麗そう」「料理が上手そう」など、なにかと期待をされがち。でも、中には「とにかくダラダラ寝るのが好き」「時にはカップ麺で済ませる」など、気を抜いて過ごしたい女性もいるのです。

男性から過度な期待をされてお付き合いをすると、なかなか素を出せずに疲れてしまいますが、その点、自分を愛してくれるブサメン相手には「いきなり素を見せても嫌われない!」と、余裕を持つことができます。

 しかも、心がイケメンのブサメンは穏やかな性格をしている人が多いため、そんな女性の姿を見ても幻滅なんてせずに、大きな心で受け入れてくれます。気のおけない楽な相手と未来を一緒に過ごしたいと思うことは、ある意味、自然なことではないでしょうか。

本当に愛らしく見えている

 なぜいつもブサメン彼氏!? と聞きたくなるほど、ブサメン好きな美人の友達がいます。しかも、自信満々に「彼、かっこいいでしょ?」とか「顎のラインが素敵」など、どう見てもベタ惚れ。惚れたからかっこよく見える、のではなく、かっこ良いから惚れた、なんて言うことも。

 蓼食う虫も好き好きと言いますが、こればっかりは好みですから。計算なしでブサメンが本当に愛らしく見えているのであれば、それが1番素敵なことでしょう。

美女に学ぶ「スペックに囚われずに男性を選ぶ」こと

 本当に美しい女性は色眼鏡をかけず、自分の尺度の中で素敵な男性かそうでないかを判断します。要はこの視点を持つことができれば、容姿をはじめとしたスペックに囚われず、男性を選べるということ。今まで、「容姿」という一点だけで除外していた男性を見つめ直してみると、実は素敵なところを発見できるかもしれません。

 とはいえ、「すべてのブサメンの心が綺麗」と、思うのは間違いです! 中には、見た目も中身も野獣というどうしようも無いブサメンもいますから。そういった男性に引っかからないためにも、たくさんの経験の中で男性を見極める目を養いたいものですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ