美女と野獣カップルはなぜ成立する? 真実の愛の探し方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-05 06:00
投稿日:2019-07-05 06:00
 美女と野獣カップルとは、ディズニーの名作『美女と野獣』になぞらえた「綺麗な女性 & 残念な容姿の男性(以下ブサメン)」の組み合わせのカップルのこと。実は、美女と野獣カップルは相思相愛の関係が続きやすく、そのままゴールインするケースも多いんだとか。
 一見不思議にも思えるこの現象について、考えてみたいと思います。

美女があえて「野獣」を選ぶメリット

美女ほど相手を見た目で判断しないのはなぜ?(写真:iStock)
美女ほど相手を見た目で判断しないのはなぜ? (写真:iStock)

「イケメンだから一目惚れした」など、顔きっかけで始まる恋愛は多いでしょう。でも、美女がブサメン(私はこの言葉があまり好みではありませんが…)をあえて選ぶのはなぜでしょうか?そこには、ちゃんとメリットがあるのです。

大切にしてもらえる

 世の中には、釣った魚に餌をやらない自分本位な男性もいます。でも、ブサメンは彼女に一直線! まさにメロメロ状態になってくれるため、とにかく優しく大切に扱ってもらえます。お付き合いをしている男性に尽くしてもらえるのは、女性冥利に尽きること。自分だけを愛してくれるという確証は、女性をさらに輝かせてくれます。

浮気の心配が少ない

 イケメンとお付き合いをしていると「他の女性にモテたらどうしよう」なんて、心配になってしまいがち。必ずしもブサメンが浮気をしないというわけではありませんが、少なくとも女性側から口説かれるリスクは小さいでしょう。恋愛中のストレスが少ないため、居心地が良く癒しを感じることができます。

美女と野獣カップルに学ぶ! 女性の心の在り方

彼と一緒だと自然体でいられるから(写真:iStock)
彼と一緒だと自然体でいられるから (写真:iStock)

 今回もっとも注目したいのが、野獣と付き合う女性の心の在り方について。外見重視ではない彼女たちには、見習うべきことがたくさんあると思うのです。

顔ではなく性格で判断できる

 美しい女性があえてブサメンを選ぶのは、男性を顔ではなく性格で判断しているからでしょう。何もしなくても男性が寄ってくるような美女は、当然ながら出会いの数も多いです。さまざまな経験をしていく中で、顔だけで中身がない男性、性悪な男性を見抜くスキルがついていきます。

 だからこそ、美しい女性は「見た目よりも心」を重視します。ブサメンだろうとイケメンだろうと、自分が「一緒にいて楽しい!幸せ!」と、心から思える人を選ぶことができるのです。

自分にはないものを持っていて尊敬できる

 デキるブサメンは自分の容姿をコンプレックスにすることなく、他のスペックを磨き上げていきます。きちんと働いて経済的に安定していたり、多少のことでは動じない心を持っていたり、ユーモアのある会話ができたり、と、持つスキルはさまざま。

 根本的に外見を気にしない女性は、自分にはないものを持っていて尊敬できる男性に真っ直ぐに惹かれます。どんな風にこのスキルを手に入れたのか、ブサメンのこれまでの人生に激しく興味を持ってしまい、気づけば女性側がぞっこんになることもあります。

一緒にいて疲れない

 綺麗な女性は、周りから「部屋が綺麗そう」「料理が上手そう」など、なにかと期待をされがち。でも、中には「とにかくダラダラ寝るのが好き」「時にはカップ麺で済ませる」など、気を抜いて過ごしたい女性もいるのです。

男性から過度な期待をされてお付き合いをすると、なかなか素を出せずに疲れてしまいますが、その点、自分を愛してくれるブサメン相手には「いきなり素を見せても嫌われない!」と、余裕を持つことができます。

 しかも、心がイケメンのブサメンは穏やかな性格をしている人が多いため、そんな女性の姿を見ても幻滅なんてせずに、大きな心で受け入れてくれます。気のおけない楽な相手と未来を一緒に過ごしたいと思うことは、ある意味、自然なことではないでしょうか。

本当に愛らしく見えている

 なぜいつもブサメン彼氏!? と聞きたくなるほど、ブサメン好きな美人の友達がいます。しかも、自信満々に「彼、かっこいいでしょ?」とか「顎のラインが素敵」など、どう見てもベタ惚れ。惚れたからかっこよく見える、のではなく、かっこ良いから惚れた、なんて言うことも。

 蓼食う虫も好き好きと言いますが、こればっかりは好みですから。計算なしでブサメンが本当に愛らしく見えているのであれば、それが1番素敵なことでしょう。

美女に学ぶ「スペックに囚われずに男性を選ぶ」こと

 本当に美しい女性は色眼鏡をかけず、自分の尺度の中で素敵な男性かそうでないかを判断します。要はこの視点を持つことができれば、容姿をはじめとしたスペックに囚われず、男性を選べるということ。今まで、「容姿」という一点だけで除外していた男性を見つめ直してみると、実は素敵なところを発見できるかもしれません。

 とはいえ、「すべてのブサメンの心が綺麗」と、思うのは間違いです! 中には、見た目も中身も野獣というどうしようも無いブサメンもいますから。そういった男性に引っかからないためにも、たくさんの経験の中で男性を見極める目を養いたいものですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ